[CML 016447] 4/19(木) eシフト市民集会「原発をぜったい再稼働させてはいけない理由」のご案内

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 4月 17日 (火) 02:22:54 JST


紅林進です。

先ほど「eシフト」(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)などが、
4月18日(水)に開催します「再稼動問題イチから勉強会」のご案内を
させていただきましたが、「eシフト」では、その翌日4月19日(木)には
下記の市民集会を開催します。

原発をぜったい再稼働させないために、こちらにもぜひご参加ください。


 (以下、転送・転載・拡散大歓迎)
-------------------------------------------------------------
【4.19】eシフト市民集会: 原発をぜったい再稼働させてはいけない理由
 -「暫定安全基準」は大事故を繰り返さないための議論ではない。
 -「電力不足」にはさまざまなカラクリが!
http://e-shift.org/?p=1847
--------------------------------------------------------------

【スピーカー】
・川井康郎/プラント技術者の会
・松原弘直/環境エネルギー政策研究所(ISEP)
・石地優/プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会 (電話にて)

【日時】 4月19日(木)18:30~21:00
【場所】 東京しごとセンター 地下2階講堂
     (最寄:飯田橋駅、水道橋駅、九段下駅)
      http://www.tokyoshigoto.jp/shisetsu.php?page_id=150

【参加費】 1000円(ブックレット付き)

【コンセプト】
福島原発事故の原因究明も終わらず、「大事故を繰り返さない」ことを
前提としない「安全基準の確認」によって、定期点検で停止中の原発が
再稼働されようとしています。
いま、原発を絶対に再稼働させてはいけない理由を、ゲストスピーカー
とともに確認し、ひとりひとりができるアクションを呼びかけます。
知らなければ、原発は止められません。

【主催】 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
      http://e-shift.org/
【後援】 国際環境NGO FoE Japan、環境エネルギー政策研究所、
     プラント技術者の会
【協力】 合同出版

【問合せ】 eシフト事務局/tel.03-6907-7217
            e-mail:info at e-shift.org

※eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)とは
2011年3月11日の福島第一原発事故を契機に、
脱原発と自然エネルギーを中心とした持続可能なエネルギー政策を
実現させることを目的にした、全国の数十の市民団体と個人のネット
ワーク組織です。
1 「事故被害の最小化」と「責任所在の明確化」
2 「脱原発と持続可能なエネルギー政策に向けた政策提言づくり」と
 「その実現」
3 「市民への有益な情報発信」と「社会的ムーブメントの巻き起こし」
の3つの分野で活動を展開しています。


- - - - - - - - - - - - - - - - -
( 「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載)


CML メーリングリストの案内