[CML 016423] 【八王子】 原発なしでいこう!~地域から考えるエネルギーシフト~

ecrn-rhyme at green.ocn.ne.jp ecrn-rhyme at green.ocn.ne.jp
2012年 4月 15日 (日) 16:52:36 JST


 「子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座」
 の大屋です。

 福島第一原発の事故をうけ、八王子市民の有志が結成したグル
ープ「八王子市民講座」は、来る5月5日、飯田哲也さんをお招きし
て講演会を開催します。原発が再稼働しなくても大丈夫なのか、経
済への影響はどうなのか、自治体からのエネルギーシフトをどのよ
うに進めていくべきか、参加者とともに考えます。

 ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


 以下、転送歓迎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━連続企画・第6回━━
子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座
-----------------------------------------------

《第6回》
★☆ 原発なしでいこう!
          ~地域から考えるエネルギーシフト~ ☆★

 さあ、これからは原発なしでいこう!――でも、電力不足に
ならない?再生可能エネルギーは頼りになる?経済への影
響は?

 二度と事故を繰り返させないために原発のない日本をつくり、
持続可能なエネルギー社会をつくっていくという、待ったなしの
課題が直面する数々の疑問。豊富な調査に基づく根拠ある政
策提言を続ける飯田哲也さんを八王子にお迎えして、地域・自
治体からエネルギーシフトをどう進めていくか、一緒に考えませ
んか。


――――――――――――――――――――――――――
             * ご案内 * 

◆日時
 2012年5月5日(土・祝) 午後1時30分~
 (受付開始:午後1時)

◆会場
 北野市民センター・8Fホール
   住所:八王子市北野町545-3 きたのタウンビル8階
   電話:042-643-0440)
   地図 http://p.tl/DQ-j

◆お話
 飯田哲也さん (環境エネルギー政策研究所[ISEP]所長)

 ┏━━━━━━≪ 飯田哲也さんご紹介 ≫━━━━━━━┓

   1959年、山口県生まれ。京都大学工学部原子核工学科
   卒業。神戸製鋼、電力中央研究所勤務を経て、東京大学
   大学院先端科学技術センター博士課程単位取得満期退
   学。現在、市民風車やグリーン電力など日本の自然エネ
   ルギー市場におけるイノベータとして複数の環境NGOを
   主宰し、国内外で活躍している。主著に『北欧のエネルギ
   ーデモクラシー』、共著に『グリーン・ニューディール?環境
   投資は世界経済を救えるか』(NHK出版)など。

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆資料代
 500円(予約不要)
 中学生以下の方、障がいをお持ちの方とその介助者は無料

◆託児:予約制・無料(下記のお問い合わせにご連絡下さい)

----------
◎主催・お問い合わせ先
子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座
・電話 080-3386-5962
・FAX 020-4624-2381
・メール hachikou802 at yahoo.co.jp
・ウェブサイト http://843koza.info/
・ケータイサイト http://hachikou802.web.fc2.com/
・facebook http://www.facebook.com/843kozapage
・mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=5641951
・twitter http://twitter.com/#!/843tweet

◎協賛:週刊金曜日
----------

=====================================================
【過去の八王子市民講座】(Youtubeでも公開中!⇒http://p.tl/ajTf)
=====================================================
☆第1回講座/2011年5月5日
 ■放射能から子どもたちを守るために
  ~原発事故以降の私たちの生活・健康を考える~

 ・お話:崎山比早子さん
 (元放射線医学総合研究所主任研究官、現高木学校)
 ・コメント:山田真さん
 (小児科医、八王子中央診療所)

☆第2回講座/2011年6月4日
 ■八王子からはじめる、原発に頼らない社会
  ~田中優さんと考える~

 ・お話:田中優さん
 (NPO バンク「未来バンク事業組合」理事長)

☆第3回講座/2011年7月23日
 ■3・11以降を生きる~八王子の放射能と食の安全~

 ・ゲスト:香田 頼子さん
      (小金井市放射能測定器運営連絡協議会・会長)
       中嶋 直子さん
      (同・測定部長)

☆第4回講座/2011年10月15日
 ■福島の子どもたちを守りたい!
  ~山田真さんと考える―八王子からできること~

 ・お話:山田真さん


☆第5回講座/2012年3月10日
 ■福島の子どもたちのために、いま何ができるか?

 ・吉野裕之さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)


★★【私たちも八王子市民講座を応援します】==========

――★田中優さん
 (NPO バンク「未来バンク事業組合」理事長)

 福島原発震災は、電力会社をめぐる「改善できない構造
問題」を露呈させました。なぜ人々が自然エネルギーで発
電しても送電線につなげないのか? なぜ原子力が優先さ
れ、メディアもまたタブーのように触れられないのか?

 これを解決していくには、今、一人ひとりが動いていくしか
ありません。一人の百歩より百人の一歩、小さな力を集め
て解決していきましょう。

――★山田 真さん
 (八王子中央診療所所長、子どもたちを放射能から守
る全国小児科医ネットワーク代表)

 福島第一原発の事故は放射能による広範な環境汚染を
ひき起こしてしまいました。この環境の中でこれからを生き
ていかなければならない子どもたちの未来が心配です。こ
れ以上の被害を子どもたちに与えないために、私たちは原
子力に依存したエネルギー政策を見直さねばなりません。

 脱原発を目ざした行動を起こすためには、まず現状を正
しく認識する学習が必要ですから、この講座の意義は大き
いと思います。講座を期待し、応援しています。

――★崎山 比早子さん
 (元放射線医学総合研究所主任研究官、現高木学校)

 福島原発事故は3カ月たった今も収束の見通しすら立っ
ていません。一方、福島県から離れるとまるで原発事故が
現在進行中であることがウソのような社会の静けさです。

 地震はまたいつ起こるか予想もつかないにもかかわらず、
相変わらず他の原発は動いています。第二の原発事故が
起きれば日本は終わりです。子どもたち、自分たちの未来
を奪われてしまわないうちに、みんなで手を携えて一日も早
く原発から脱却しましょう。

=====================================================
●「八王子市民講座」ってなあに?
=====================================================

 東京電力の福島第一原子力発電所の事故によって、
水や野菜、魚などから放射性物質が検出されています。
学校給食で出される牛乳は、放射能に汚染されていな
いのか心配です。周りの親や先生方は、政府が大丈夫
だと言っているからと気にしていない人も多く、自分
だけが心配して孤立してしまっているように感じます。

 福島原発の収束作業は遅々として進んでいません。現
場では大量に被ばくをした人も出ていて健康が心配です。
こんな大事故があったにもかかわらず、政府は停止中の
原発を再稼働させようとしています。電気を使うために
は、このまま原発に頼らざるを得ないのでしょうか。

 今回の事故で私たちはさまざまな不安や疑問を抱いて
います。八王子では平和をめざす個人や団体が党派を超
えて八王子平和市民連絡会というネットワークをつくって
おり、その中の有志が昨年4月中旬に集まって、こうした
不安や疑問に少しでも応えられるように連続市民講座を企
画しました。第1回講座以降、講座を企画するための話し
合いに参加する人が増え、今では半数以上が新しく加わっ
た人になりました。

 私たちは、単に講座を開催するだけでなく、力を合わせて
少しでも現実を変えていきたいと考えています。いま八王子
では、市民講座でのつながりをきっかけにして「八王子子ど
もの未来を守る会」「八王子市民放射能測定室ハカルワカル
広場」「福島こども支援・八王子」といった様々な取り組み
が生まれてきています。講師に来てくださった田中優さんの
応援メッセージ「一人の百歩より百人の一歩、小さな力を集
めて解決していきましょう」をともに実現しませんか。


◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇八王子市民講座へのご意見・ご感想はこちら↓
  連続講座で今後取り上げてほしいテーマも募集中です◇◆
  hachikou802 at yahoo.co.jp (お気軽にどうぞ!)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎



CML メーリングリストの案内