[CML 016405] Fw: 福井県庁での抗議行動に約400名

藤井 悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2012年 4月 15日 (日) 00:15:04 JST


藤井悦子です。
美浜の会の島田さんによる、
本日の福井県庁前行動のご報告を転送します。
ご参加された皆さん、お疲れ様でした。
かなり強い抗議行動になったと思います。

今後、枝野経産相が来週以降、
京都や滋賀にも説明に来ると言っていますので、
京都府庁前・滋賀県庁前アクションをも
準備する必要があると思います。
嘉田知事や山田知事は再稼働反対の立場を貫いていますので、
私たちは彼らとともに、
強く再稼働反対のアピールと抗議を行っていきましょう。
今が正念場です。頑張りましょう!

////////////////////////////////////////////

皆さまへ  島田です。

今日の福井県庁での抗議行動に参加された皆さんお疲れ様でした。
グリーンピースの高田さん、皆さん、呼びかけ等ありがとうございました。
多くの団体、個人が参加され、福井、関西各地から約400名の参加となりました。

今日は福井では時代祭りが行われ、時代祭りの役者達が県庁から出発し、市内を練り歩きます。2時からの抗議行動直前にそれが終わり、今度は、抗議行動の人たちが県庁の堀の前を埋め尽くしました。「再稼働反対」「原発反対」等のコールが続きます。「えだNO」のグリーンピースの大きな横断幕が目立っていました。右翼の宣伝カーが来て「原発には反対だが・・日本経済が・・」とマイクでがなりたてる一幕もありました。

次に、堀の橋を渡り県庁の建物前に移動。県庁玄関は県の職員や警察が並んでいます。参加者は敷地の芝生に陣取り、福井の方達が県民の声を聞くよう、代表団を県庁内に入れるように長い交渉が続きました。その間も「再稼働反対」のコールが続きました。枝野大臣や西川知事にも聞こえたことでしょう。やっと3名の代表が中に入り、総務課長と面談。その後、報告を聞きました。津波対策だけで安全対策が本当にできているのか等々を訴えられ、対応した課長は、原発の担当部署に伝えると。

会談も終了した夕方6時頃には、県庁裏門で待機し、出てきた黒塗りの車を取り囲みましたが、ネットのニュースで見ると、これは県議会議員関係者の車だったようです。

約4時間の抗議行動でした。多くの参加者に福井県側も驚いたのではないでしょうか。再稼働反対の声が強いことを直接示す抗議行動になりました。

その後、ニュースなどを見ると、西川知事は、
(1)県の安全専門委員会で安全性を確認すること、大飯原発の視察も行うこと、(なんと月曜に開かれるとのこと。複数回開くようです)、

(2)関西圏に対して国が責任をもって理解を得るよう働きかけること
を求めたようです。枝野大臣は、週明けに滋賀と京都に連絡すると述べています。
おおい町長は、国に住民説明会を求め、原子力規制庁の早期発足を求めたようです。

これらについて、ハードルを高くしていくことが、今後の運動の課題です。すでにそれらに向けて取り組みが行われていますが、関西圏の理解、おおい町の住民説明会などに向けて、ゴーサインが出せないような状況をつくっていきましょう。

また、安全性問題については、県の安全専門委員会への働きかけとして、すでに公開質問書を出していますが、4閣僚の判断基準=「炉心溶融一歩手前の危険な状況に住民を追い込むこと」等を広く宣伝し、こんな危険なものを認めるのかという声を大きくしていく必要があります。

いよいよ、終盤戦が始まります。まだまだやることがたくさんあります。がんばりましょう!


<関連情報>
◆再稼働要請に「関西の理解必要」 福井知事、経産相に対応求める
福井新聞(2012年4月14日午後9時27分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/34167.html

◆国の再稼働要請に福島被災者は憤り 「原発事故はもはや別の国の話か」
福井新聞ONLINE 4月14日(土)19時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000304-fukui-l18 



CML メーリングリストの案内