[CML 016347] 宝塚市議会、日本軍「慰安婦」問題の意見書可決4周年支えあおう!講演と演劇のつどい

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 4月 12日 (木) 10:08:04 JST


前田 朗です。
4月12日

転送です。

********************************
宝塚市議会、日本軍「慰安婦」問題の意見書可決4周年
    支えあおう!講演と演劇のつどい

とき:4月14日(土)13時開場13時30分開会
 宝塚市立西公民館ホール(阪急小林駅から3分)にて 入場カンパ500円

  プ ロ グ ラ ム
 ”部良一議員の国会報告(来てくださるとのことなので急遽お願いしました) 
 ■庁孱直絮如 峇望へと羽ばたく蝶ー20年の歴史 ハルモニの平和」23分
   〃    「2011年12月14日 ソウル第1000回水曜デモの記録」10分
 し狆絮蕁崑臙呂詫匹譴討癲廖ΑΨ狠朕緲貌(宮城県仙台市の東北朝鮮初中級
学校卒業式でも上演)約30分
 ス岷蕁崚賈鳴鮮初中級学校を取材して」・・コマプレス 朴思柔(パクサユ)
さん 40分
(東日本大震災で大きな被害を受けた東北朝鮮初中級学校に取材し記録映画を制
作。山形国際映画祭で好評を博す)
   主催:日本軍「慰安婦」被害女性と共に歩む大阪・神戸・阪神連絡会 問
い合わせ:090-1480-8764

 2008年3月、宝塚市議会は
「日本軍『慰安婦』問題に対して政府に誠実な対応を求める意見書」
を全会一致で可決しました。
それから4年の歳月が過ぎました。
2009年には政権交代があり
2010年には立法解決を求めて120万署名がとりくまれました。
地方自治体の意見書も37の自治体で可決されています。
 この間にとても不思議なでき事が起こりました。
 .▲瓮螢の軍事基地を、なぜか日本政府は立ち退かせる事ができない。
 高校授業料無償化から、なぜか朝鮮高校をはずそうとする。
 どれほど危険かわかったのに、なぜか原子力発電所を再稼働させる。
 これらの不思議なできごとは、実は無関係ではありません。
そして、日本政府が日本軍「慰安婦」問題に対して、日本軍や政府の責任を決し
て認めず、
世界中からどんなに非難されようと解決しようとしない事とも深く結びついてい
ます。

世界各地で戦争が続き、原子力発電所が作られている世界の現実に起因している
のです。

 けれども今、日本軍「慰安婦」制度の被害女性のみなさんのねばり強い闘いは、
戦争を、差別を、原発を、なくそうと願う世界中の人々の支持を集めています。
 昨年12月14日、韓国の日本軍「慰安婦」被害女性の皆さんが1992年から
続けてきた日本大使館前での水曜デモが1000回を数えました。     
 過去の日本の侵略戦争を美化し、
日本の犯罪行為を反省する事を「反日」と決めつけて君が代日の丸を押しつける
人々は
追いつめられています。
そして、東北朝鮮学校の皆さんが周りの日本人を暖かく助けて下さったように、
私達は憎しみと差別を手段とする暴力支配に対して、愛と助け合いで立ち向かう
事ができます。
助け合い、支えあって生きる道を!
未来の人々のために!



CML メーリングリストの案内