[CML 016221] 転載:「4月15日伊方原発の再稼働に反対する中国・四国・九州市民の合同緊急集会のご案内」の「広瀬隆さんの問いかけに答えて」という部分の批判

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2012年 4月 6日 (金) 19:15:39 JST


伊方原発の再稼働に反対する運動自体には反対ではありません。というよりも当然なことだと思っています。伊方原発
の再稼働に反対するために中国・四国・九州の市民が手を取りあって共同・協同しようとすることにももちろん反対では
ありませんし、賛成です。これも当然なことだと思っています。

しかし、評論家の広瀬隆氏を「反原発の闘士」「脱原発の雄」のようにみなすかのような風潮は誤まっていると思います。
このような風潮は一日も早く終わらせるべきです。広瀬氏を真の脱原発主義者とみなすには彼はあまりにも荒唐無稽
な、かつ、大きな疑問符をつけなければならない言説を繰り返し続けているからです。広瀬氏を「反原発の闘士」「脱原
発の雄」のようにみなすことからはいい加減に卒業した方がよいと私は思っています。危険です。

広瀬氏のそのあまりにも誤りの多い言説を実証的に検証しているサイトとして次のようなものがあります。

注:以下、薮田徹さんのCML 016163のご投稿をベースにしてそれを具体化したものです。 

http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-April/015997.html

■広瀬隆 (東日本大震災)(Skeptic's Wiki 超常現象等に関する懐疑的な情報まとめサイト)
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%B9%AD%C0%A5%CE%B4%A1%A1%A1%CA%C5%EC%C6%FC%CB%DC%C2%E7%BF%CC%BA%D2%A1%CB

以下、その検証のいくつか。

●広瀬氏の主張の根拠のミスリーディングの指摘(山本隆三富士常葉大学教授)
●広瀬氏が「広瀬隆が警告 原発破局を阻止せよ! 食物連鎖で濃縮 放射能の危険な罠」(週刊朝日 2011年4月8日)
という記事で主張する「放射性物質が水鳥の卵で百万倍」のうそ
●広瀬氏が「破局は避けられるか――福島原発事故の真相」(週刊ダイヤモンド 
2011年3月16日)という記事で主張す
る「600℃でメルトダウン」という数字はNHKの誤訳をそのまま引用したもの(広瀬氏の「科学」的精神とは無縁な非科
学性)
●広瀬氏の「放射能には酵母菌の入った手作りの生味噌がよく効く」という説(実は娘の店の宣伝にすぎない根拠のな
い説)

また、ウィキペディアの『広瀬隆』の項目においても広瀬氏に対する次のような批判が紹介されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E7%80%AC%E9%9A%86

●広瀬隆「危険な話」の危険なウソ」(野口邦和日本大学専任講師/放射線化学・放射線防護学 『文化評論』1988年
7月)
●『つくられた恐怖 「危険な話」の誤り』(日本原子力文化振興財団)
●安井至氏(東京大学名誉教授)の広瀬氏の著書『二酸化炭素温暖化説の崩壊』(集英社新書 2010年)批判(「地球
の気候当面『寒冷化』」 日本経済新聞 2009年2月2日)。なお、同書で広瀬氏が言及しているクライメートゲート事
件については、英国議会による調査報告書(2010年3月)によれば気候研究ユニット(CRU)には捏造などの不正は
なかったとされ、調査結果を受け関係者は復職しています。
●朝日ニュースター「ニュースの深層」(2011年3月17日)での広瀬氏の発言に対する北村正晴氏(東北大学名誉教授)
の批判( http://getnews.jp/archives/105404 )

私も広瀬氏批判を次のような形で書いています。

■広く共感をえられる論理の構築とはなにか? ――広瀬隆氏の「福島 あんなところ」発言に見られる他者を思いやる
共感力が欠如した貧困なる思想としての論理について(弊ブログ 2011年11月6日)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-362.html

東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━Original Message Started━━━━━━━━━━━━
Subject: 4月15日伊方原発の再稼働に反対する中国・四国・九州市民の合同緊急集会のご案内
Date: 12/04/04 21:50

西日本各地を講演会で回ってこられた広瀬隆さんの問いかけに答えて、伊方原発の
周辺県の風下住民たちも声を挙げよう、集まろうという動きが始まりました。

原発さよなら四国ネットワークから送るチラシを転載しておきます。

---−−
日本で稼働中の原発は泊原発3号機だけ。5月には全原発が停止します。なのに…
伊方原発が再稼働への突破口にされる危険が迫っています!

【伊方原発の再稼働に反対する中国・四国・九州市民の合同緊急集会および
愛媛県への申し入れ】

東南海・南海地震で伊方原発がフクシマになる前に立ち上がろう!
伊方原発再稼働を止めるため各地からの知恵と力を持ち寄り討論しましょう!
松山で会いましょう

集 会:2012年4月15日(日) 13:30~17:00
場 所:愛媛県美術館講堂 愛媛県松山市堀之内 電話 089−932−0010
ゲ ス ト:藤田祐幸(ふじた・ゆうこう) 元慶応義塾大学法学部助教授(科学哲学)
小倉 正 原発さよなら四国ネットワーク 他

申し入れ:2012年4月16日(月) 10:00から愛媛県庁へ申し入れ
連絡先 :大野(080−5662−6207)、小坂(090−1348−0373)

交 流 会 : 2012年4月15日(日) 19:00~ 松山ユースホステル
(要事前申し込み)
宿 泊 : 松山ユースホステル(3200円朝食付きで20人可能) ほか
愛媛県松山市道後姫塚乙22−3 電話 089−933−6366
※交流会・宿泊のお申し込みは大野(080−5662−6207)まで

5月5日に北海道電力泊原発3号機が定期検査に入るため、5月6日以後全ての原発
が停止状態になります。
政府は「このまま全ての原発が停止すれば夏の電力需要をカバーできない」という
理由でしゃにむに大飯原発3,4号機か伊方原発3号機の再稼働をもくろんでいます。
しかし、大飯3,4号機の再稼働に対して京都府知事と滋賀県知事は難色を示してい
て、「両知事の理解がなければ再稼働は無理」と枝野経産大臣も3月30日の記者会見
で認めています。そうなれば最初の再稼働は周辺自治体で誰も反対していない伊方
3号機しかありません。
しかし、伊方は日本で唯一の内海に面した原発で、これから起こるといわれてい
る東海・東南海・南海地震により震度6以上の巨大地震に見舞われる可能性が大きい
のです。また日本で一番大きな活断層の中央構造線のすぐそばに建っています。
そのうえ伊方原発は日本で一番耐震設計のお粗末な原発です。日本で一番危険な原
発をコンピューターシミュレーションの1次ストレステストだけで再稼働させるな
ど、私たち周辺住民は決して許すことはできません。
原子力安全委員会の斑目委員長も「1次ストレステストだけでは安全性は不十分」と指 

摘しています。何よりも福島原発事故の原因も解明されていないのに再稼働などあり
得ない話です。
そんな私たちのような新たな周辺住民の不安の声を愛媛県知事に直接届けて、近隣
の県民や知事や市長の再稼働に反対する声をいかにして出すかなどの議論を行う初め
ての中国・四国・九州の市民による合同集会を開催するものです。
ぜひご参加願います。伊方原発再稼働は決して他人事ではありません。

脱原発大分ネットワーク事務局長 小坂正則
大分市田の浦12組
電話・FAX 097-532-3772 E-mail:nonukes at able.ocn.ne.jp

−−−−−末尾にpdf版も添付。

16日(月)の申し入れは、9時半に愛媛県庁本館2階、県民談話室に集合予定。
連絡先:大野(080−5662−6207)

愛媛県へのアクセスリンク
http://www.pref.ehime.jp/izanai/dateFiles/renraku/access_air.html
愛媛県美術館アクセス
http://www.ehime-art.jp/guide/access/
松山ユースホステルアクセス
http://www.matsuyama-yh.com/access.html

東京のたんぽぽ舎のご案内(小坂さんのオリジナル版に基づく)も紹介しておきます。
伊方原発が危ない!西日本からの緊急アピール
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=1036
━━━━━━━━━━━━Original Message The end━━━━━━━━━━━━ 



CML メーリングリストの案内