[CML 016191] どうすれば原発の安全性を確保できるのか、また、地元住民の合意は得られるのか。とのクローズアップ現代

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 4月 5日 (木) 18:50:36 JST


「どうすれば原発の安全性を確保できるのか、また、地元住民の合意は得られるのか。とのいう内容の今日のNHKクローズアップ現代」


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

4/3火曜日放送予定だった
大飯原発再稼働問題について
NHKクローズアップ現代の放送は
大荒れ天候報道のため延期になっていましたが、
今日4/5放送予定だそうです。

新聞のテレビ欄
見出しは
4/3のときと同じく、


どうする原発運転再開
本当に安全なのか

とありましたが



NHK番組ホームページは

「どうする原発 運転再開 不安は解消されるのか」

という題をつけています。



この題だと

運転再開
を前提として、
安全を考える

という印象をまず受けます。


不安を解消する一番の方法は、
再稼働させない、廃炉を行っていく
ことだと思うのですが


題や下記の番組紹介からは


廃炉という選択肢は

全く検討の対象外、頭にないように感じます。


http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=200&date=2012-04-05&ch=21&eid=20546
より


クローズアップ現代「どうする原発 運転再開 不安は解消されるのか」 


チャンネル:NHK総合
放送日:2012年 4月 5日(木)
放送時間:午後7:30〜午後7:58(28分)


運転再開の是非を巡って議論が続いている関西電力・大飯原発。
地元・福井県では不安の声が上がっている。
安全はどこまで確保されているのか、不安は解消されるのか。

【出演】大阪大学准教授…平川秀幸,【解説】NHK記者…大崎要一郎,【キャスター】国谷裕子


と紹介しています。


また、番組ホームページの予定欄

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/


によると


東京電力福島第一原発事故を受けて、
政府が原発の安全性を確かめるために導入した「ストレステスト」。
3月23日、原子力安全委員会が関西電力大飯原発3、4号機の結果について、事実上容認した。
今後、政府が地元の理解を得て、運転再開の判断をすることになる。

ところが
地元の福井県では、地域経済のために運転再開を求める声がある一方で、
「福島第一原発の事故の教訓がまだ生かされない」との不安の声が挙がっている。
実際、専門家から津波の評価法に問題が指摘されており、
事故の教訓を踏まえて保安院がまとめた30項目の対策のうち、

3項目しか対応が済んでいないのだ。

どうすれば原発の安全性を確保できるのか、
また、地元住民の合意は得られるのか。

海外の取り組みを参考にしながら、
問題解決の道を探る。

とのこと。


この紹介文では、
さらに、どうしたら原発を再稼働させられるのか、と
再稼働に肩入れしているように感じます。

政府が原発を再稼働させようとしているので
それに従い

それに沿った内容
それがスムーズに行えるよう
政府の意を汲んで、

結論へ結びつけるのであれば、

検証とは呼べず、


報道機関ではなく
政府の広報機関なのかと思ってしまいます。



まもなく放送予定です。


※もし、万が一、
きちんと廃炉という選択肢も検証し、
廃炉が最良という結論に放送が至ったならば、

おさがわせの文を書いたこと、すみません。


菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)




CML メーリングリストの案内