[CML 016171] 【原子力安全・保安院が】福島第1原発:作業員被ばく上限350ミリシーベルト要求

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 4月 5日 (木) 04:34:19 JST


福島第1原発:作業員被ばく上限350ミリシーベルト要求

毎日新聞 2012年04月05日 03時06分(最終更新 04月05日 03時47分)

昨年3月23日、福島第1原発1、2号機の中央制御室内で計器を確認中の作業員。ちょうどこのころ、作業員の被ばく線量をめぐり、原子力安全・保安院と厚生労働省の間で激しいやりとりが続いていた=原子力安全・保安院提供

 東京電力福島第1原発事故の収束作業で、厚生労働省が昨年3月14日に被ばく線量の上限を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトへ引き上げた直後、経済産業省原子力安全・保安院が東電などの要請を受け、上限を事実上350ミリシーベルトまで緩めるよう厚労省に求めていたことが、保安院の内部文書で分かった。保安院は福島での被ばく線量を通常時の規定と「別枠」で扱うよう要求。最終的に厚労省は認めなかったが、原発事故直後の混乱した政府内の攻防の実態が明らかになった。 

http://mainichi.jp/select/news/20120405k0000m040135000c.html
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内