[CML 016118] 【報告】第349目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 4月 3日 (火) 07:10:04 JST


青柳行信です。4月 3日。

本日★フクシマ〜フクオカ、核なき未来へ
   さよなら原発! 3・11 福岡集会
第6回実行委員会 <今後の会の運営・活動について>
日 時:4月3日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第349日目報告☆
 呼びかけ人(2011年4月20日座り込みから4月2日現在総数2131名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】4月2日1名。
           坂井真実子
        <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れ様です。
明日のお天気が心配です。
風が強いそうです。

食品についての放射能の安全基準が変わりました。
少しは厳しくなりましたが、どうやって 守っていくかが問題です。
低線量被曝についても もっと内容を知るべきです。

あんくるトム工房 
食品の安全基準     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1778

★ 秋本裕恵 さんから:
こんばんは。
お疲れ様です。やっと、桜の花も今か今かと思いながら蕾を見てましたが、
急にこの2〜3日で開き、春らしい陽気になりましたね。
ただ季節は変わって行くのは肌で匂い(?)で感じますが、
原発は未だ何も変わらず・・・どこまで何が進んでいるのか、
事故の真意もまだまだわからない事多し、
東電はじめ、国も国会議員も御用学者も信じられるとこ無しのまま、
季節だけが変わっていくような日々に思います。

★ 舩津康幸 さんから:
きょう、少しだけ、国会中継を見る時間がありました。
福島第一での原発事故初期の数日の経緯について、自民党の議員が質問していま 
した。
質問に、なんの迫力もなく、なんとなく、なれあっているように見えたのは、私 
だけでしょうか?
しかも、肝心の質問の根拠となる、
当時の福島第一の事務所の白板にあった記述を写した写真も質問提出時間まで間 
に合わせられなかったとかで、
質問された政府側はその内容に関する感想を求められても応えのしようがない、 
という光景でした。
日ごろ、国会中継を見る機会をつくっていないので、この光景に見慣れていなくて、
「私のほうが変?だったのかな」、と思ってしまいました。
先ず、原発の置かれている環境をなんとしても変えようという気迫はどちらにも、
まったく感じられない光景でした!

★ 吉田典子 さん:
日曜日、コンビニで、三時のおやつの菓子パンを買うか、毎日新聞を買うか、暫 
し迷った私。
新聞を選んでみたら『余録』に
「関西電力の筆頭株主である大阪市が大阪府と協議し、節電の夏を控えた株主総 
会で、
関電に脱原発を迫り、太陽光や風力など再生可能エネルギーによる発電所の大規 
模導入を提案するという。
同じく株を持つ神戸、京都の両市にも賛同を呼び掛ける」
という記述を見つけました。
もしかして、維新の会さん、頑張ってくれてるんでしょうか?
もう一つ突っ込んで検討して欲しいのは、原発と再生可能な自然エネルギーの中間、
コンバインドサイクル発電の可能性です。
これは、藤田裕幸著『もう原発にはだまされない』に紹介されていた発電方法。
『再生可能な自然エネルギー』には、誰しも良いイメージを持ちます。
でも、それが大規模発電所の建設となると、ソーラーパネル設置の為には、広大 
な面積が必要。
これは、自然環境の破壊に、つながらないんでしょうか?
『天災時は送電が停まるのでは?』とかも、考えてしまいます。
発電方法も、どれか一つに絞らず、リスクもメリットも分散させておいて貰える 
と、安心です。
それは兎も角、この余録の内容、4月1日の新聞に、載ってたんですよね。
………まさか?
ぬわぁんて★

★ 阿部恵(原発いりません)さんから:
311の福岡・須崎公園での集会では、スピーチを聞いてくださりありがとうござ 
いました。
私事ですが、先週で九州を離れ東北に戻ってきています。
身辺整理が終わったら、いずれ九州に移住できたらいいなぁと考えています。
本当ならお一人お一人にお会いして直接お礼をお伝えしたかったのですが、こち 
らでさせていただくことをお許しくださいね。

脱原発活動の中でつながりお世話になりました団体・お店です。
私たちを支えてくださいまして本当にありがとうございました。
<福岡>
九電前ひろばテント村、サウンドデモチーム、環境未来センター希望、たんぽぽ 
とりで、さよなら玄海原発久留米の会、八女ん会、筑紫野ミツバチの会、ふみん 
福岡、ボノワ、わくわく工房、とーとや、ナチュ村、むすび、おいで福岡プロ 
ジェクト、地球のめぐみ、バンビの木箱、ハウロ教会、福岡国際キリスト教会、 
ママは原発いりません
<佐賀>
九州の輪、BIG FAMILY、玄海原発プルサーマル裁判の会、佐賀ん会、たこ姫
<大分>
ぶんぶん、原っぱカフェ、九州・自然エネルギー推進ネットワーク、ありがと菜 
プロジェクト、サムライ菊の助氏
<宮崎>
流木民、うみがめのたまご、自然食レストランジール
<熊本>
水俣ほっとはうす、ガイアみなまた、アンナプルナ農園、菊池養生園、阿蘇 
フォークスクール
<鹿児島>
Earthly Company、星川淳氏

素晴らしい活動を続けてらっしゃいます皆さんとまだつながっていない方はぜひ 
これから出逢ってくださいね。
私も結んだ手を離さずにこれからも活動を続けていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

★ 崔 勝久 さんから:
下北「核」半島地域スタディ・ツアー趣旨書
http://www.oklos-che.com/2012/04/blog-post_01.html

原発基地のある地域の人々、韓国で原発廃炉に運動をしている人々、
国際連帯と地域間の交流を願っているひとに呼びかけます。
6月5−9日の、下北「核」半島地域スタディ・ツアーと函館集会
に参加しませんか。
費用は格安5万円、先着45名(日本からは25名)です!

★ 松元 さんから:
みなさまへ    
<広瀬隆さん、4号機プールの最悪シナリオについて語る>
きょう4月2日の「たね蒔きジャーナル」、小出先生はお休みですが広瀬隆さん 
が、4号機プールの甚大な危険性について訴えておりますのでお知らせいたします。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====以下、広瀬隆さんのお話=====

 永岡です、たね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと 
兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。今日は小出先生はお休みで 
(これからも週2回は小出先生出られます)、反原発運動家で作家の広瀬隆さん 
が電話出演されました。広瀬さんは80年代から反原発活動を続けておられ、デー 
タもお持ちと言うことです。平野さん、原発事故は何十、何百年かかるが、エネ 
ルギーは国の行方を左右すると言われました。

 原発のニュース、大飯再稼働について国会で取り上げられて、ストレステスト 
の1次評価が終わり、地元の理解+政治判断で再稼働で、社民党の福島氏が枝野 
氏に地元の範囲を問い、枝野氏は京都,滋賀知事の理解と答え、また枝野氏、安 
全性は確認されていない、再稼働は反対と枝野氏は言うのです。

野田総理も安全に配慮と言っており、平野さん、週末に京都、滋賀に説明したも 
のの納得せず、これは大きい、平野さん、枝野氏に判断する資格があるのか、事 
故の初期対応を誤り、その責任を取っていないのに経産大臣を務めているのは疑 
問と言われました。また、地元も政府は立地自治体を考え、そこには莫大な金が 
落ちて反対できないと国もタカをくくっているが、福島事故を見たら大変な範囲 
は大きく、地元を広くとらえよと言われました。

 大阪、兵庫は地元に入らなのです。関電の大飯再稼働の条件として、敦賀市長 
は原発のある自治体が地元と言っています。立地自治体が地元と言う判断です。 
大阪府・市は原発100km圏内の合意を求めています。

 兵庫の農協が、神戸産としていた米の中身が岩手産であったのです。岩手の米 
を8割混ぜて、産地標記を国内産にして、神戸育ちのオリジナル米として販売。 
JAは被災地の米を買い取ったものの、米が安くなり、この始末です。5kg入り 
50袋が販売済みなのです。

 安全委員会に、電機連合が合わせて2.5億円の寄付をしていたことが分かった 
のです。電力会社の寄付は6000万円で、原子力開発機構は、審査委員10人を出し 
て、寄付が審査を形骸化していることが懸念されるのです。原子力村の実態が見 
えて来て、再稼働を目指すのは原発利権、既得権に浸っていると平野さん言われ 
ました。節操のなさに唖然とされるのです。

 そして、広瀬さんのお話、ずっと以前から原発への警告を発して、メッセージ 
を発し始めたのは、もう古い話はいいと広瀬さん言われて、しかし広瀬さん技術 
者であり、エレクトロニクスの材料技術者をやり、工場技術者は全て知っていな 
いとダメで、体験的にものを見るのはエンジニアの必須なのです。原子力の専門 
家と話すと、全体を知らないと言い、どんなことも最初は分からない、だから考 
える、専門家である必要はないのです。

 放射能の問題もそうであるのです。このラジオ、リスナーが素人で質問をする 
ので成り立つのです。リスナーより、事故はどうなっているのか、収束させる方 
法はあるかについて、「完全にない」、燃料棒が瓦礫のように落下して地下にめ 
り込んでいる。東電が水をかけてもかかっているか分からない、中にめり込んだ 
ら水はかからない(外に出ていないとかからない)、瓦礫のような燃料棒を取り 
出せるかが事故収束で、それは出来ない、チャイナシンドローム(地下にめり込 
む)か、誰にもわかっていないのです。

 アメリカのガンダーセンさんと、広瀬さん対談されて、ガンダーセンさん、ア 
メリカの原子力の技術者で、事故の解析が一番できる人で、東電のビデオを見て 
何かが分かる人、滅多にいない人なのです。広瀬さん、講演会でガンダーセンさ 
んのお話を紹介し、広瀬さんが怖かったのが、2月にガンダーセンさんの出され 
た本(集英社新書、福島事故のの展望と真相)を読み震え上がった。

4号機が恐ろしく、4号機のこれから起こる怖いことは、人類の体験したことのな 
いもので、対策が取れず、日本列島が壊滅すると書かれており、これについてガ 
ンダーセンさんに聞くと、4号機は水素爆発して上に何もない、使用済みプール 
がむき出しになり、ここの水が抜けたら、燃料が大気中で燃え出して、ウランの 
酸化物、燃料を包むジルコニウムの筒が燃え出して、灼熱で、ジルコニウムが大 
気にむき出しになり、燃え出す、これは人類の体験したことのないことなのです。

 これは、4号機に火災が発生することなのです。核燃料が一緒に燃えて、何が 
起こるか、広瀬さん、4号機の建物が傾いて怖かった、そんなに新しいものでは 
なく、1978年運転開始し、これが水素爆発、いろいろな写真を見て震え上がる、 
ガンダーセンさんの言うことが起こり得るのは、地震が来たらであり、一番怖い 
のは地震で、補強も出来ず(プールの下にコンクリートの下で鋼鉄の柱を突っ込 
んだ程度)、現場に近い人の話では、しっかりした工事は出来ておらず、下が弱 
かったらすべてアウトなのです。

 プールの中に水があり、しかし大きな地震でプールが崩れて水がなくなったら 
核燃料が燃える、これにはいろいろなシナリオがあり、福島は余震で揺さぶら 
れ、関西の人はいいが(記事でしか見ない)、関東の人は怖い、また福島か、な 
のです。これが揺さぶられて、プールが金属疲労のようになっている(巨大なエ 
ネルギーでなくても潰れる)、どさっと崩れなくても、亀裂が入れば終わり。少 
なくとも、万一そういうことが起これば日本が終わる〜核燃料のとてつもない量 
があり、取り出した燃料は新しく、ガンダーセンさん、炉心数個分!の核燃料が 
あると言い、ここが壊れたら、現場に人はいられなくなり、水で冷却できなくな 
り、作業員が全員逃げないと死んでしまうことになり、1〜3、5,6号機も放棄し 
て逃げないといけない、福島第2も巻き込まれるかも知れない、最悪のシナリオ 
は次々の爆発なのです。

それを避けないといけない、恐れていてはいけない。ただ一つできるのは燃料棒 
の取り出しで、これも大変で、決死の作業が要り、今最悪(万一ではない)の事 
態、地震の断層(原発の目の前に二葉断層70kmあり、東電は細切れにしているも 
のの、一本な長大なもので、動くとマグニチュード7.9クラスになる、関東大震 
災と同程度、阪神・淡路の8倍!のエネルギーが放出される)が動く傍証があ 
り、東北大の中国の先生のお話で、二葉断層に水が染みて(地下水)、断層は亀 
裂、これに水が入るとすべりやすくなり、地震が起こりやすくなる。3・11の1か 
月後にいわき市で大きな余震があり(マグニチュード7)、その時に井戸沢断層 
が顔をだし、水が入ると動きやすいのは、新潟の地すべりと同じで、雪解け水が 
地下に入り崩落した、同じような原理が二葉断層で起こると言うのです。

 茨城でも東海第2原発があり、ここでも大地震の可能性があり、隠れていた 
(認めなかった)断層を認めざるを得なくなったのです。
 地震の恐れで、4号機(これだけではない)が一番危ないのです。
 これで時間になってしまいました。広瀬さんのお話をお届けいたしました。

★ 河内謙策 さんから:
   枝野 大阪 河北新報 週刊ポスト 浜岡原発 東海第二原発
 早ければ今週中にも福井入りと噂される枝野経産大臣が、再稼動の判断基準に 
つき、明言を避けた、というニュースが伝わってきています。これは、原発推進 
派が追いつめられつつあることの現われと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120330-00000073-ann-pol
  福井商工会議所の川田会頭は、滋賀・京都知事を批判し、国に対し「[暫定的 
な安全基準を]作文でもいいから出してくれ」と言っています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000062-san-l18
毎日新聞の世論調査では、大飯原発の再稼動に反対が62%に上っています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000000-mai-pol

大阪府・市が、原発から100キロ(!)圏内の自治体の同意を求めることを決め 
ました。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120402-OYO1T00170.htm?from=main2

『河北新報』が原発再稼動に反対する勇気ある社説を発表しました。
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/03/20120329s01.htm

『週刊現代』が現在発売中の4月14日号で、「『原発を動かせ!』
御用学者・御用マスコミの陰謀を暴く」という大特集を組んでいます。中身も私 
たちが90%賛成できる内容です。私は、週刊現代のエージェントではありません 
が、この号は絶対に「買い」だと思います。

 中部電力は、浜岡原発に対する世論の批判をかわすために、海抜18メートルの 
防波壁を工事中です。ところが、南海トラフ津波高が21メートルの予想になった 
ため、保安院が不十分として更に対策を指示するということになりました。これ 
は、笑い話として、世間に大きく広める必要があるでしょう。高さを更に何メー 
トルか追加すれば済むと考えるのは、またまた笑い話です。廃炉にするしかない 
のです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120401-00000011-mai-soci

 東海第二原発の廃炉を求めて、大集会が開かれました。関東全体の運動に発展 
させたいものです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000022-mailo-l08

●○●○○○●○●○●○

★本日、4月3日(火)14時〜
 九電交渉:「原発の安全対策について住民説明」公開質問状に対する回答要求。
     「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団
 場 所:九電本社内(集合13時50分九電本社前)
   <前回2月23日九電に対して公開質問状>
    http://no-genpatsu.main.jp/news/index.php/entry?page=2
 ☆どなたでも参加できますのでよろしくお願いします。☆

★残る一基、5月5日北海道電力泊3号機が定期検査。
  各地の再稼働阻止で全原発54基停止 祝!

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

★原発労働者・梅田隆亮さんの裁判提訴をご支援ください!!
『原発労災給付不支給処分取消請求事件』裁判提起2月17日。
   梅田さんの第一回口頭弁論期日の日程
    5月9日(水)午前11時〜福岡地方裁判所303号法廷
          〒810-8653福岡市中央区城内1-1(地下鉄赤坂駅から徒歩5分)
                    Tel.092-781-3141
                  地図: http://bit.ly/qSdpTo

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
                青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************




























----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内