[CML 016104] 【報告】第348目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 4月 2日 (月) 07:10:57 JST


青柳行信です。4月 2日。

★明日、4月3日(火)14時〜
 九電交渉:「原発の安全対策について住民説明」公開質問状に対する回答要求。
     「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団
 場 所:九電本社内(集合13時50分九電本社前)
   <前回2月23日九電に対して公開質問状>
    http://no-genpatsu.main.jp/news/index.php/entry?page=2
 ☆どなたでも参加できますのでよろしくお願いします。☆

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第348日目報告☆
 呼びかけ人(2011年4月20日座り込みから4月1日現在総数2132名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

       <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

★ 横田つとむ さんから:
青柳 さま
いいお天気でした。
先輩の お誘いで 聖福寺 恒例の お花見ー落語会に行ってきました。

あんくるトム工房
落語と 花見と お茶     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1777

舩津康幸 さんから:
今朝の西日本新聞は、朝新聞受けから手に取ったときに衝撃でしたね、
寝ている間になにが起きたんだろうと、カラー印刷を使ったインパクトのある紙面、
大見出しに「東海-四国に20メートル超津波」 「東海トラフみM9の可能性」 
内閣府の有識者検討会が31日に発表した南海トラフで起きる可能性のある巨大地 
震の規模の報告書を報じた記事。
太平洋岸にある原発はこの洗礼を受ければ、「福島」と同様の事故を起こすこと 
になるんですね。
同じく「あかはた日曜版」が試算した各原発から 50キロ以内に居住する人の人 
数のデータ
(50キロなんてものでは済まないのだが)を重ねるととんでもない事態が起こる 
ことが容易に創造できますね。
こうしたデータが次々と明らかになるのに、何が何でも原発を稼動させようとす 
る人たちは何様なんでしょうね。
いま、無防備な福島第一に通常の少し大きな地震と津波がくるだけで取り返しの 
つかない事態を迎えることが見えていて、
結果、日本だけでなく世界中が大恐慌に陥ることが見えているのに霞ヶ関では、
「消費税増税だけが課題になっている」のは、とんでもないことです。

★ 阿部恵@秋田 さんから:
 <阿部さんは、さよなら原発3.11福岡集会でお子さん3人でアピールして 
くださいました。>
こんにちは♪
秋田に来てから一週間、慣れない環境に四苦八苦しております。
スーパーでは東日本産ばかりで泣きそうになりながら買い物しています。
九州から持ってきた野菜を少しずつ食べて生活しています。
私は疲れ?ストレス?からか軟便が続きますが、子ども達はすこぶる元気です!
昨日の洪水の避難勧告は我が家からは遠かったので大丈夫でしたが、
2000人もの人達が避難したようで心配ですね。
秋田市内の方によれば、以上なくらいの長雨が続いているそうです。
そう言われれば、私たちがこちらに来てからも晴天は一日だけだったかも?
今日もチラチラ雪が降っていて、春の気配はまだ感じられません。

そんなこんなの秋田生活ですが、昨日は「ママの願いネットワーク」のお茶会に 
参加してきました!
やはり皆さん、瓦礫問題に頭を悩ませていました。
ビックリしたのは、岩手の人たちもかわいそうだから瓦礫を受け入れて燃やすの 
はダメだけど、
せめて埋め立てればいいと言ってました。
痛み分け?絆?燐県だとやはりそんなのもあるんだなぁと。
私は、埋め立てるって言ってもビニールシートを敷いてという方法ですよね?
そんなやり方で50年も100年も漏れずに持ちますか?
今だけのことだけではなくもっともっと先のことを考えて行動しなければいけな 
いのでは?と話してきました。
すべて目先のことだけを考えて決めているからおかしくなるんですよね。

自分たちだけのこと、身の回りのことだけじゃなくて、
もっと大きく広く長い目で考えていかなければならないのだと思います、何事も。
秋田では福島の子どもの保養の話なども聞いたり、九州では聞こえてこないこと 
もたくさんあります。
私が秋田に来たのは、今までもそうだったけど、九州と東北をつなげること!
こっちの声を届けていくこと、そのためなんだと感じてます。
ボチボチですが、しっかり届けていきますね!

私が秋田に来たことによって、皆さんも東北がより身近に感じているのではない 
でしょうか?
東北を気にしてくださってるのではないでしょうか?
この前の大きな地震の時も今回の洪水ででも、たくさんの方から大丈夫?の連絡 
をいただきました。
東北をより気にするようになったよとありがたい言葉ももらっています。
これからも私と東北とつながっていてくださいね。
それが他の団体とは違う、ママ原(ママは原発いりません)ならではのことだと 
思うから。
私も、九州にいる時にメンバーの誰かが東京に戻ると地震や原発のニュースを注 
意深くみていました。
遠いけど同じ想いでいることって大事ですよね。
これからもよろしくお願いします。

原発のことだけではなく、いろんなことを変えながらよりよい社会になるといい 
ですね。
環境問題、動物愛護、人権問題、いろんなことを考えていけば、
原発だっていらないんだって世の中に変わるんじゃないかな。
とにかく贅沢や豊かさだけを求めてはいけない。
手仕事など作る喜び、直したり物を大切にする気持ち、心の豊かさを持ち、
それを子ども達にも伝えていきたいです。
物も心も何もかも使い捨ての世の中になりませんように!
では、皆さん、また時間をみつけたらメールをします。
共に頑張りましょう。
読んでくださってありがとうございました。

★ 吉田典子 さんから:
345日目の配信に
『(真部会長が)昨年、テントに来て、冷やかし半分で「いつまでやるのかね」と 
言っていたことを思い出しました』
とあったのを読んで、私は真部さんには、意外の感を持ちました。
冷やかしだろうが何だろうが、真部さんは自分から進んで、こちらに話しかけて 
みようという気を、起こした訳です。
これが、最初から無視し切っていて、全くこちらを相手にせず、という態度だっ 
たなら、取り付く島もありません。
でも、こういう人だったなら…。
こちらの対応次第では、少しずつでも会話が成立する関係は、作れたかもしれな 
いのです。
利害や主義の対立があっても、相手の中に個人としての見所を見つけたなら、
その主張も行動も全く見るとこなしと、言い切ってしまう訳には、いきません。
どんな組織でも、全くの単細胞では、トップにはなれないのです。
真部さんも、トップらしい度量と眼力で、こちらに何かを見ようとしていたのか 
も、しれませんね。

★ 〓永由華(弁護士法人奔流) さんから:
青柳さま
4/1に、原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団の近藤弁護士と共に、
大分県玖珠郡九重町にある九州電力・八丁原地熱発電所見学ツアーに行ってきま 
した。
企画運営は、田村たかあきさん及び応援団の方々です。

地熱発電は、脱原発のために注目されている自然エネルギーの中でも、CO2を増 
やさず、
風力や太陽光と異なり天候に左右されず、比較的安定したエネルギー供給を見込める
真のクリーンエネルギーです。
八丁原の発電量は2基で11万キロワット、国内最大の地熱発電所だそうです。
それでも、発電量は原発の約10分の1と少ないものの、4人家族1万5000 
軒分の電気を供
給できるそうです。
地熱貯留槽という地下3000メートル・300度ある地中の層に通した蒸気井 
(井戸)から上っ
てくる蒸気でタービンを回して電気を作る仕組みだそうです。その際に出た熱水を冷
却水で冷却するのです。
この轟音を響かせて回るタービンを直接目の前で見学し,ナイアガラの瀧状態で 
放出さ
れている冷却水の近くへ行き、しぶきを浴びました。少し硫黄臭のする白い蒸気がも
うもうと上がり、温泉地だな〜という感じでした。
原発見学ツアーとは大違いだと、経験者はみなおっしゃっていました。
原発だったら、冷却水を浴びる、なんて危険なことですよね。

地熱発電は、設置場所が大きな温泉地帯(ほとんどが国立公園)に限られるた 
め、開発
には法律の規制があって難しいそうですが、その規制さえなければ、まだまだ開発も
できるのだそうです。
開発費用は、地中奥深くの調査や掘削が必要なので、140億円くらいかかった 
そうです
が、開発後のコストはあまりかからず、半永久的に発電できるのだそうです。

ツアー参加者には、原発なくそう!九州玄海訴訟の原告です…と話しかけて下さ 
る方も
多く、嬉しかったです。
今日の見学ツアーを近藤弁護士が、裁判所に提出する書面に活かすとおっしゃってい
ました。
原発がなくても、電気は足りるということがよく分かりました。

★ 小野進一(潮流詩派の会) さんから:
「原発知っちょる会」
東京から避難して来た
某大学の講師の放射能の勉強会に行って来た。
この会は福岡県の筑豊で20年ほど前から原子力発電所は廃炉にすべきだと訴えて 
いた。
当時は多い時でも20人前後だと記憶するが 参加者はフクシマ原発人災事故を誘 
発した
3.11、東日本大震災後の勉強会には40人を越える参加者で 部屋に入れない方は 
帰らず、
廊下で聴講されていた20年前には無かったことだ。

乳児を抱えたママさんと男は年配の70近い方が目だった。
お孫さんが気がかりか、20代→40代の男 やはり企業戦士はすくない。

サウンドデモには青年がいる。
2012,3,11の脱原発集会やツイッターデモ@福岡でも際立ったのは、
東北、関東地方より「放射能」から逃れて来た「ママ達は原発いりません!」
の ママさん達の「緊迫感」だ。
赤ちゃんを背負ったデモは生々しい。
それがフクシマから離れた九州のこの会場の筑豊のママさんにもある。

学校での「平和授業」や「命」の教育は「フクシマ」の「ママ達は原発いりませ 
ん!」に
学べる。
   デモ ニ ソウリダイジン ドモハ  イッショニ アルケ

皮肉にも筑豊は石炭から石油へエネルギー革命で淘汰された。
この筑豊にもママ達は逃れて来た。
半世紀前に、「小説家」野間宏は筑豊炭田の母親を「日本の母親の屈辱」と言つ 
たが。

★ ゆういち さんから:
お疲れ様です。
先日の補足です。。
ゴミの分別とか言いましたが、、、
現在の福岡市はあまりに適当に感じるのです。
退避してきて、暫くはそれがとても気になってゴミをすてるたびにイライラして 
ました。
今は、近所に資源屋(ゴミ屋?)も見つけ、小さな紙も分別して、自分で持ち込ん 
でいます。
リサイクルにはお金が釣り合わないとか、色々聞くと、金より命!とか、
言ってる反核の言葉も薄っぺらでインチキな物に感じてしまいます。
(そりゃ僕もいつも必ずしも完璧ではないですが、継続で皆がしたら?多分、核 
と同じか、それ以上のゴミが問題になるでしょうね)

僕は色んな角度からみているので、デモとかでも矛盾と言うか、
色々感じながらも、協調?と言うか、連帯?と言うか、の為?にも我慢していた 
ことが多いです。
それは、自分の価値観や気持ちと言う単純なものではなく、そういうように見え 
ても、
全く違い、反核の活動と同じ根にある、未来や命の為なのです。。

東区には民間で、個人でも持ち込めて、ポイントもくれる、夜中でも持ち込める 
業者が、
臨海ゴミステーション?の近くにもあります。
探せば、アチコチニあるはずです。
数年前、東京の首にされた会社では提案してゴミ削減に成功させ、
ISOまでに至った事もありますが、最初は、自分でやってみせ、当番にしたりで 
した。。
最初は、その会社では今の福岡市と同じで、買った袋になんでもかんでも燃える 
ゴミ、
燃えないゴミ、そうじゃないものも入れて捨ててました。。
そこの社長とは、その後、解雇を巡って一人で戦いましたが、最終的には、金を 
投げつけられ、これでいいんだろ!
と、言われました。。
渋谷の大地主の一族でした。。
やってる人も居ると思うのですが、、、

核の問題よりも、市民の力で変えやすい、市民の責任が大きい問題だと思うんです。
生ゴミもコンポストを行政でやらせてもいと思います。韓国はそうだと聞きまし 
たが??
誰かが、人口が違うと言ったのですが、逆に、多い日本は余計にヤバイのではな 
いでしょうか??
会社やお店をやってたり、管理している人は特に、そういう意識を高めて見ては 
どうでしょうか?
自分で分別して持ち込めば、経費削減に事業ゴミならさらにはなると思います。
地域に小さなリサイクルステーションがある場所も有るらしいですが、数も少な 
いし、
遠かったりすると、めんどくさくて、混ぜちゃう人が多いと思うんです。。

瓦礫の問題で、福岡市のゴミ埋め立て状況を知って、我に帰って伝えようと思い 
ました。
5年でゴミ一杯らしいですね。福岡市。
しかも!博多湾に水は垂れ流し??
ダイオキシンとか環境ホルモンとかは本当に大丈夫でしょうか?
最近、シングルイシューなんて言葉が流行り言葉のように聞こえてきますが、、、
ビックイシューって雑誌でも買ってもう何度も色々とよく考えて頂きたいと思い 
ました。。
読んで頂きありがとうございます。
キチンとやっている方はスミマセン。でも、さらに一歩前にはイケナイでしょうか?
長々と失礼しました。

★ 太田光征 さんから:
核事故後の健康障害と心理的ストレス・放射線恐怖症
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/261521408.html

核事故後の健康障害が心理的ストレスや放射線恐怖症によるものだという主張が 
ありますが、これに対する簡潔明瞭な反論が『チェルノブイリ大惨事が人々と環 
境に及ぼした影響』(ニューヨーク科学アカデミー、2009年)の322ページに記 
されています。
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

汚染されたチェルノブイリの地域で大惨事から23年後に公衆の健康(特に子ども 
の)が悪化しているのは、心理的ストレスや放射線恐怖症、移住が原因ではな 
い。そのほとんどの原因はもっぱらチェルノブイリ事故による放射能にある。 
1986年の最初の大きな衝撃に積み重なっているのが、低線量・低線量率の放射線 
被ばくである。

放射能に対する関心は薄れる一方であるのに、大惨事の後も罹患率が上昇を続け 
ていることから、心理的因子(放射線恐怖症)は決定的な原因ではあり得ない。 
野ネズミや燕、カエル、松の木は、変異率の上昇を含め、同様の健康障害を示し 
ているが、これらの放射線恐怖症がいかほどのレベルだというのか?
しかし、放射線で病気になった方々にとって社会経済的因子が切実であることに 
疑問の余地はない。

★ 河内謙策 さんから:
     原発運転再開に関する抗議・要請メールの宛先
 原発の運転再開は絶対に阻止しなければなりません。
 私(河内)が繰り返し述べているように、日本の民衆運動は、権力に対し抗議 
した経験は多数ありますが、権力に対して自己の要求を貫徹し勝利した経験は少 
ないのです。そこから、「いつか勝利するだろう」とか「前より一歩前進を積み 
重ねていけばなんとかなるだろう」という、誤った楽観主義が生まれ、「要求を 
実現するには、どうしたらよいか」とか「勝利するには、どのような行動が必要 
か」とかいう形で問題を突き詰めて考えない「伝統」が生まれているのです。
 私たちは、そのような誤まった「伝統」を克服しなければならないと思いま 
す。権力が「4月決戦」に打って出てきているのですから、それを直視し、勝利 
するにはどうしたらよいかを討論し、私たちの知恵と力を総結集しなければなら 
ないと思います。
 以下に、脱原発を願う人が手軽にできる、メールによる大飯原発・伊方原発の 
運転再開抗議・要請行動を展開するために必要と思われるメールアドレスを記載 
させていただきます(メールによる抗議・要請の宛先が以下に限られるという趣 
旨ではありません)。

[抗議の宛先]
▽野田佳彦総理大臣 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
▽枝野幸男経産大臣
https://wwws.meti.go.jp/honsho/comment_form/comments_send.htm
[要請の宛先]
▽西川一誠福井県知事
https://info.pref.fukui.lg.jp/kenmin/otayori/otayori.html
▽福井県議会議員(以下のサイトの議員の氏名をクリックすれば、メールアドレ 
スをもっている議員はそのメールアドレスをサイトに表示しています。
http://info.pref.fukui.jp/gikai/member/
▽時岡忍おおい町町長
https://www.town.ohi.fukui.jp/sypher/www/contact/input.jsp
▽おおい町議会議員のメールアドレスが一覧になっているサイトは、まだ見つけ 
ていません。今のところ、以下のサイトの一番下に書かれている議会事務局気付 
で各議員の名前を書いてFAXするか、郵便するしか方法がないようです(この 
メールを見た方で、町議会議員のメールアドレスが一覧になっているサイトを御 
存知のかたは、河内までお教えください)。
http://www.town.ohi.fukui.jp/sypher/www/assembly/info/detail.jsp?id=2272
▽中村時広愛媛県知事
https://www.pref.ehime.jp/governor/governor_teigen2.html
▽愛媛県議会議員のメールアドレスが一覧になっているサイトは、まだ見つけて 
いません。今のところ、以下のサイトの一番下に書かれている県議会気付で各議 
員の名前を書いてFAXするか、郵便するしか方法がないようです。
http://www.pref.ehime.jp/gikai/giin/giin_meibo.html
▽山下和彦伊方町長
ikata at town.ikata.ehime.jp
▽伊方町議会議員のメールアドレスが一覧になっているサイトは、まだ見つけて 
いません。今のところ、以下のサイトの一番下に書かれている伊方町役場気付で 
各議員の名前を書いてFAXするか、郵便するしか方法がないようです。
http://www.town.ikata.ehime.jp/gikai/giin.html

●○●○○○●○●○●○

★残る一基、5月5日北海道電力泊3号機が定期検査。
  各地の再稼働阻止で全原発54基停止 祝!

★「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)
ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

★原発労働者・梅田隆亮さんの裁判提訴をご支援ください!!
『原発労災給付不支給処分取消請求事件』裁判提起2月17日。
   梅田さんの第一回口頭弁論期日の日程
    5月9日(水)午前11時〜福岡地方裁判所303号法廷
         〒810-8653福岡市中央区城内1-1(地下鉄赤坂駅から徒歩5分)
                   Tel.092-781-3141
                 地図: http://bit.ly/qSdpTo

★《九州・沖縄・韓国に住む市民による さよなら原発ネットワーク》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
               青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************




----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内