[CML 012891] 大阪都構想粉砕!11・12労働者集会

吉田 宗弘 mnhryoshi at yahoo.co.jp
2011年 10月 31日 (月) 23:31:59 JST


反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。

下記の集会・デモを行いますので、多くの参加を呼びかけます。

■大阪都構想粉砕!橋下・大阪維新の会のファシズム的独裁を許さない
11・12労働者集会

 ◇講演「大阪都構想と職員基本条例のねらいはなにか」
  講師 澤井 勝さん(奈良女子大学名誉教授)
 ◇日時 11月12日(土)午後1時30分  
 ◇場所 大阪市立阿倍野区民センター 集会室1
   地下鉄谷町線「阿倍野」下車6番出口西へ1分
   阪堺電鉄上町線「阿倍野」下車 西へ2分
   【地図】 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html
 ◇参加費 500円
 ◇主催 反戦実(イラクへの戦争を許すな!有事法制反対!第二次朝鮮戦争策動反対!実行委員会)(構成:アジア共同行動(AWC)・大阪、労働者共闘)
   連絡先 筺Ε侫.奪ス 06-6304-8431
  ◆集会後デモ

《以下、呼びかけ文》

労働者・市民・学生のみなさん

 橋下大阪府知事は10月31日に辞職し、11月27日の 大阪市 長選挙(11月13日告示)に打って出ることを公表しました。市長・知事選(11月10日告示)のダブル選挙で 大阪市 の解体と大阪全体の独裁支配をもくろむものです。

 橋下・大阪維新の会は、今年4月の統一選挙で大阪府議会の過半数を制し、 大阪市 ・ 堺市 でも議会第1党となりました。この勢力をもって、6月府議会で「君が代起立条例」を強行成立させ、9月府議会に「教育基本条例案」「公務員基本条例案」を突きつけています。一連の府条例は教育の権力支配を狙うものであり、教育・自治体労働者に対して知事権力への屈服を迫るものです。服従しない者は処分をもって排除するという教育・自治体労働運動の破壊を目的とするものにほかなりません。

 橋下・大阪維新の会は、今回のダブル選挙において2条例案と「大阪都構想」を争点にすえて、わたしたち労働者民衆に橋下独裁の白紙委任を迫っています。「大阪都構想」の意図が、「 大阪市
 が持っている権限、力、お金をむしりとる」「権力を全部ひきはがして新しい権力機構をつくる。これが都構想の意義だ」「今の日本の政治で一番重要なのは独裁」(6/30「読売」)と橋下自身が叫んでいるように、独裁にあることは明らかです。そして08年発足した橋下府政は、公的施設の統廃合、福祉・教育分野の補助金・助成金の削減などによって住民サービスを大幅に低下させる一方で、大阪府庁の大阪南港WTCへの移転を画策し独占資本を優遇しています。WTCの周辺には住友商事や伊藤忠商事などの大企業の売れ残りの空き地があり、府庁が移転すれば需要が高まるのは当然です。橋下独裁は大阪の閉塞感を破るというようなものではなく、関西財界―独占資本家階級・支配層の意を汲んだものでしかあ
りません。

 圧倒的に立ち遅れたとはいえ、大阪でも橋下2条例案に反対する闘いが始まっています。その主な内容は「ダブル選挙を闘おう」ですが、橋下・大阪維新の会のファシズム政治を選挙だけで変えることなどできません。それはナチスの台頭を許した戦前ドイツの教訓に明らかです。労働者人民の行動する自治こそつくりださなければなりません。

 橋下・大阪維新の会のダブル選挙を弾劾し、「大阪都構想」粉砕、橋下2条例案粉砕の闘いを、教育・自治体労働者と連帯してつくりだそう。11・12、11・21の連続的な闘争で闘おう。多くのみなさんに参加を呼びかけます。

2011年10月29日

-----------------------------------------------
 ■大阪都構想粉砕!教育・職員基本条例反対!11・21労働者集会・デモ
 ◇日時/11月21日(月)午後6時30分 
    デモ出発7時40分
 ◇場所/中之島公園・女性像前広場
 11月12日につづき、連続的な取り組みとして21日にも集会・デモを行います。
 多くのみなさんの結集を呼びかけます。


CML メーリングリストの案内