[CML 012799] 【拡散希望】11/19(土)日本初の社会変革型の市民ファンド≪ソーシャル・ジャスティス基金≫の設立イベントを開催!

takashi uchiyama uchiyamana at gmail.com
2011年 10月 26日 (水) 13:16:29 JST


市民のMLのみなさま

内山@阿蘇に移住 です。

自分も関わっている活動で、
アドボカシ―支援のためのファンドを立ち上げます。
(アドボカシー:仕組みや意識を変える社会活動。政策提言、啓発、など)
http://ht.ly/5y0bb
認定NPOになったので、税制上の優遇も活かします。
(最大で寄付額の5割を納税額から差しひけます。今年6月に改正NPO法が成立し、来年4月から施行)
http://www.npoweb.jp/topics/news/law/
http://ht.ly/790Sm

ここのところ3回ほどワールドカフェ的なアドボカシ―カフェを開催してきました。
今回はシンポジウム形式となりますが、市民参画型の活動を志向しています。

アメリカの代表的社会変革財団で1億4800万ドルの助成を手掛ける
タイズ財団CEO メリッサ・ブラッドリーさんもお呼びできました。

希有な機会ですので、ぜひお早めにお申し込みください。

このメールごとの転載・転送大歓迎です。どうぞよろしくお願いいたします。


【以下、広報文になります】
*************************************** 転 送 大 歓 迎
【イベント】 11/19(土) 東京
  日本初の社会変革型の市民ファンド
  ≪ソーシャル・ジャスティス基金≫ の設立イベントを開催!
  http://socialjustice.jp/p/archives/576

●●●ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)設立フォーラム●●●

みんなをより良くするプロジェクト、はじめます。

● 日 時: 11月19日(土) 13:30〜17:00
● 場 所: 芝浦工業大学 芝浦キャンパス801教室
  山手・京浜東北線「田町駅」3分、都営地下鉄「三田駅」5分
  http://www.shibaura-it.ac.jp/about/pdf/access_shibaura.pdf

 日本初の社会変革型市民ファンド「ソーシャル・ジャスティス基金」
 (SJF)を2011年11月19日に設立します。

 3.11以降、私たちは改めて知ることとなりました。
 「この国の仕組みは、市民のためにできていなかったのではないか?」
 「ソーシャル・ジャスティス基金」は、 将来への不安が拡大し、しかし
 希望ある未来を創る方法がいまだ見出されていない時代の、市民自身
 による解決となる目指しています。

 私たちは、
 ー匆颪了伝箸澆鯤僂┐觴匆馗鶲瞳燭涼賃里悗了餠眥鷆
 ∪罵ザメリットを活かした資産再分配の新しい仕組みつくり
 Lね茲鬚箸發冒呂辰討いための社会対話と市民意見の場つくり
 の3つの事業を行います。

 設立を記念して、「ソーシャル・ジャスティス基金設立フォーラム」
を開催いたします。フォーラムに参加して、自分たちの手で未来を創って
いくその第一歩としてみませんか。

★お申込みはこちらから。
 http://socialjustice.jp/201111.html
 *混雑が予想されます。お早目にお申し込み下さい。
 *イベント後には懇親会を予定しています。

●プログラム
◆13:30 社会を変える「ソーシャル・ジャスティス基金」
 上村英明
  SJF運営委員長。1982年にNGO「市民外交センター」を設立、
 アイヌ民族や琉球・沖縄人の人権問題を中心に、アジアの先住民族
 問題に取り組む。また、国連の人権会議への参加をはじめ、国連改革
 や生物多様性条約COP10などへの市民社会としての貢献等、広い
 視野から人権と平和の活動、市民の国際交流を実践している

◆13:50 第1部 基調講演「アメリカにおける社会変革と市民ファンド」
 メリッサ・ブラッドリー
  タイズ財団CEO。以前は経済的に有益かつ持続的な人材、ビジネス、
 コミュニティをつくりだすための、人的・金融・社会資本を活用する
 New Capitalistを設立し、マネージングディレクターを務める。
 アメリカで唯一、刑事司法における権利回復を専門とする代理人組織
 Reentry Strategies Instituteの創始者。また、The Entrepreneurial
 Development InstituteならびにPositive Impactの設立者でもある。

*タイズ財団とは・・・
 アメリカの代表的社会変革財団。2010年には1億4800万ドルの助成
 を行う。一般的な公益的NPO助成ではなく、positive social change
 という明確な目的を持って助成を行っていることが特徴。
 http://www.tides.org/
 http://machi-pot.org/modules/socialjustice/index.php?content_id=6

◆15:30 第2部 パネルディスカッション
 「ソーシャル・ジャスティス基金 とこれからの市民社会の可能性」
  松原明(シーズ・市民活動を支える制度をつくる会)
  藤井良広(上智大学大学院教授)
  メリッサ・ブラッドリー(タイズ財団CEO)
  黒田かをり(CSOネットワーク、SJF)
  上村英明(恵泉女学園大学教授、市民外交センター代表、SJF)

藤井良広
  上智大学大学院地球環境学研究科教授。環境金融論、CSR経営論、
 EU環境論。日本経済新聞社に入社後、1988年から91年まで欧州総局
 ロンドン駐在記者、経済部編集委員として、主に金融問題を担当。
 英オックスフォード大客員研究員を経て、2006年4月より現職。中央
 環境審議会臨時委員など兼任。環境金融情報サイト「Finance Green
 Watch」を主宰。

松原明
  NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会副代表理事。
 1994年にシーズを結成、1998年NPO法、2001年の認定NPO法人
 制度制定に関して主導的な役割を果たす。その後、地方自治体とNPO
 との協働の仕組みづくり、NPOに関するマネジメントや知識の普及啓発
 の活動を行ってきた。2011年度には、長年の課題だったNPO法人制度
 の改正と新寄付税制が実現した。

黒田かをり
  一般財団法人CSOネットワーク常務理事・事務局。2004年4月より
 国際協力・開発分野での市民社会組織のグローバルなネットワークを
 進めるCSOネットワークの共同事業責任者。2010年4月より事業提携
 により(特活)アジア・ファンデーションのジャパン・ディレクターも兼任。
 2007年よりISO26000(社会的責任規格)策定の日本のNGOエキスパート
 を務める。

●定  員: 150名
●参加費 : 1,500円

●主  催: 認定NPOまちぽっと(特定非営利活動法人まちぽっと)
●後  援: 生活クラブ生活協同組合、中央ろうきん社会貢献基金
●協  賛: 日本NPOセンター、シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
        NPO会計税務専門家ネットワーク、全国市民ファンド推進連絡会

★SJFからのメッセージ
http://socialjustice.jp/p/

★お申込みはこちらから
http://socialjustice.jp/201111.html
 混雑が予想されます。お早目にお申し込みください。
 イベント後に懇親会を予定しています(詳細は今後お知らせいたします)。

★詳細&最新情報
http://socialjustice.jp/p/archives/576

★チラシはコチラ
http://socialjustice.jp/pdf/111018_SJF_A4_last.pdf

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Social Justice Fund   ソーシャル・ジャスティス基金
http://socialjustice.jp

〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル5F
TEL:  03-5941-7948       FAX:03-3200-9250
Email:  info at socialjustice.jp
Twitter : http://twitter.com/#!/socialjusticef
Twilog:  http://twilog.org/socialjusticef
Facebook: www.facebook.com/socialjusticefundjp

*************************************** 転 送 大 歓 迎


CML メーリングリストの案内