[CML 012758] 【緊急要請】与那国町長へ 自衛隊誘致の中止を求めて下さい!

加賀谷いそみ qzf01055 at nifty.ne.jp
2011年 10月 24日 (月) 14:41:15 JST


(転送・転載歓迎!)
===============
【緊急要請】与那国町長へ
自衛隊誘致の中止を求めて下さい!
===============

<与那国町長へ自衛隊誘致の中止を求める要請文の送付>

書 式:独自に作成するか、または雛形※1を利用してください。
送り先:外間守吉 与那国町長
    〒907-1801 沖縄県八重山郡与那国町字与那国129番地 与那国町役場
時 期:11月まで。できれば10月中に送ってください。
通 知:町長へ送ったことを把握するために、同じ要請文を一坪へ次の方法で送
    って下さい。
メール:hankachアットマークjca.apc.org または FAX:047−364-9632
   (アットマークを@に書き換えて利用して下さい)

今、沖縄では辺野古、高江への基地建設を許さない闘いとあわせて、自衛隊基地
の強化を許さない闘いも大きな焦点となっています。

防衛省は昨年12月に閣議決定した「防衛計画大綱」に基づき、「中期防衛力整備
計画」で与那国島に陸上自衛隊の沿岸監視部隊の配備をしようとしています。去
る9月30日の2012年度予算の概算要求では自衛隊基地の用地取得費15億円を計上
し、配備に向けて急速に動きだしています※2。

一方、与那国島への自衛隊の配備に反対する「与那国改革会議」が配備反対の署
名活動を展開したことで、2008年9月の自衛隊誘致の署名514名を上回る556名の
反対書名が集まり、大きな広がりをつくり出しています。また、新聞の世論調査
でも与那国町民の73.8%が自衛隊の配備に反対しています。去る9月20日には、
町長と議会に対し556名の反対書名を提出し、「自衛隊誘致決議の撤回と自衛隊
誘致活動の中止」を求めました。しかし、町長と町議会が町民の声を踏みにじり、
要請は否決されました。

与那国島に自衛隊が配備されれば、台湾や中国との緊張が高まり、この間、進め
てきた台湾との経済交流、観光客の誘致などを通した与那国島の自立と活性化の
道が台なしになります。国境の島に必要なのは軍隊ではなく、アジアに開かれた
入口として中国、台湾と築いてきた友好関係の歴史を土台にした平和外交です。
政府は、中国脅威論を口実にして、さらなる沖縄への自衛隊基地強化をし、米国
と一体となって沖縄を軍事要塞の島にして中国封じ込めの最前線にしようとして
います。そのためのとっかかりが与那国島への自衛隊沿岸監視部隊の配備の目論
見です。

今、与那国は、10月中にも自衛隊の用地設定について防衛省の説明会が強行され
ようとする緊迫した情況のただ中に置かれています。

与那国町議会での決議文案※3に賛同いただき、与那国町長へ自衛隊誘致の中止
を求める要請文を急いで送付していただきますようよろしくお願いします。

※1与那国町長への要請文の雛形
http://www.jca.apc.org/HHK/2011/yonaguni%20request_2.pdf

※2与那国への自衛隊配備をめぐる動きと住民らのブログの紹介
http://www.jca.apc.org/HHK/2011/yonaguniself-defense1.pdf

※3与那国町議会での決議案
http://www.jca.apc.org/HHK/2011/yonaguniresolution1.pdf

★与那国改革会議への支援活動カンパもお願いします
郵便振替00150-8-120796沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
通信欄に「与那国支援カンパ」と必ず書いて下さい。
以上の配布用チラシ(B4両面)をダウンロードできます。
http://www.jca.apc.org/HHK/2011/yonaguni%20tirasi_3.pdf

***************
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/
電話090−3910−4140
*************** 


CML メーリングリストの案内