[CML 012753] 本日 10/24 (月)緊急市民集会「 3.11 がもたらした震廃棄物問題〜放射性物質で汚染されたがれきと下水汚泥をどうするか?」のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 10月 24日 (月) 03:53:43 JST


                                  紅林進です。
   
  度々の投稿失礼いたします。
   
  本日10月24日(月)に総評会館で開催されます
  緊急市民集会「3.11 がもたらした震廃棄物問題」
  のご案内を転載させていただきます。
   
  要申込みのようです。
  詳細・申込み
http://www.foejapan.org/waste/event/111024.html


(以下転載)
  
緊急市民集会 3.11がもたらした震廃棄物問題
〜放射性物質で汚染されたがれきと下水汚泥をどうするか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3月11日の東日本大震災と津波で発生した東北3県のがれきは
  2300万トン以上、日本全体の一般廃棄物発生量の半年分に相当し、
  福島原発の事故により、周辺地域のがれきは、放射性物質で汚染
  されているおそれがあります。
国は、岩手、宮城のがれきについては、全国の自治体での広域処理
  を進める方針で、10月から各地の自治体での受け入れが開始されます。
  しかし、住民からはその安全性について不安の声が上がっています。

被災地から離れた関東各地でも、下水処理施設の汚泥から高濃度
  の放射性セシウムが検出されており、各地の自治体の仮保管場所
  は限界に近づいています。

環境汚染と健康被害のリスクを拡大しないようにしながら、東北の
  1日も早い復興に向けて貢献するにはどうしたらよいのでしょう。
  市民の視点で考え、話し合いましょう。

【日時】10月24日(月)14:00〜16:30
【会場】総評会館 201会議室
        http://www.sohyokaikan.or.jp/access/index.html
【プログラム】
1)震災廃棄物の処理について/環境省 (調整中)
2)放射性物質に汚染されたおそれのある廃棄物の受け入れ自治体から  
    /大沢 ゆたか さん(立川市議会議員)
3)放射性物質で汚染された下水汚泥問題
    / 井部 正之 さん(ジャーナリスト)   
4)その他地域からの報告 
5)質疑・ディスカッション

【参加費】1,000円   
【主催】FoE Japan
【協力】ごみ・環境ビジョン21

詳細・申込み
http://www.foejapan.org/waste/event/111024.html


◆連絡先:国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
     廃棄物政策担当 瀬口
     E-mail: tsukaisutezero at foejapan.org
     Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219













 


CML メーリングリストの案内