[CML 012743] まもなくN響アワー 音に込められた真意 ショスタコーヴィチの“革命”

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 10月 23日 (日) 20:53:39 JST


転送転載歓迎


京都の菊池です。

まもなく放送の
N響アワーが
ショスタコーヴィッチ
を取り上げるとの事。興味深いです。

番組案内を貼り付けます。




N響アワー − 音に込められた真意 ショスタコーヴィチの“革命” −

チャンネル:Eテレ3
放送日:2011年10月23日(日)
放送時間:午後9:00〜午後9:57(57分)

番組HP: http://www.nhk.or.jp/nkyouhour/

アシュケナージ指揮・ショスタコーヴィチの交響曲第5番全曲。
ゲストはソ連時代を知るジャーナリスト小林和男氏。
ショスタコーヴィチが音に込めた思いに迫る。


旧ソ連出身の指揮者であり、ピアニストであるウラディーミル・アシュケナージ。
国の英雄となりながら、出国への道を選んだアシュケナージが、ソ連の体制に翻弄された作曲家・ショスタコーヴィチの大曲に挑む。
ショスタコーヴィチ存命中から、たびたびモスクワに赴任した元NHKモスクワ支局長・小林和男をゲストに迎え、
音楽家たちが曲に込めたメッセージに迫る。


【司会】西村朗, 黒崎めぐみ, 
【演奏】指揮…ウラディーミル・アシュケナージ, 管弦楽…NHK交響楽団, 
【出演】小林和男


「交響曲 第5番 ニ短調 作品47」
(指揮)ウラディーミル・アシュケナージ、(管弦楽)NHK交響楽団




番組ホームページより

音に込められた真意 
 ショスタコーヴィチの「革命」 

 1926年にわずか19歳で作曲した「交響曲第1番」が初演され、ソビエト楽壇のみならず世界の注目を集めたドミトリー・ショスタコーヴィチ。
以来ソ連体制と向き合いながら独自の作風を確立し、生涯に15の交響曲を残した。

 番組ではソビエト、ロシア情勢に詳しいジャーナリストの小林和男氏をスタジオに招き
「革命」の呼び名で親しまれているショスタコーヴィチの代表作、交響曲第5番を特集。N響桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージの指揮でお届けします。 

交響曲 第5番 ニ短調 作品47     ( ショスタコーヴィチ作曲 ) 
管弦楽 : NHK交響楽団 
指 揮 : ウラディーミル・アシュケナージ 

[ 収録: 2011年6月8日, サントリーホール ]


とのこと。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内