[CML 012733] イラク最新番組『失業者の怒り―バグダッド街頭インタビュー』

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 10月 22日 (土) 23:48:51 JST


 こんにちは。
イラク平和テレビ局inJapanから
最新番組のご案内です。

2月、マリキ政府の治安部隊に襲撃され、機材を奪われた
SANAテレビですが、多くの方々の支援により、復活しました。
弾圧はまだまだ厳しいですが、民主主義革命最中にあるイラク
市民の生活と闘いを伝えるSANAテレビをぜひご覧ください。
そして運営を支えるためにも視聴登録をぜひお願いいたします。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
最新番組
『失業者の怒り―バグダッド街頭インタビュー』 
(制作:イラク・サナテレビ:2011年10月22日) 
 
2011年8月、サナテレビはバグダッドの街頭で失業者にインタビュー 
を行いました。 
占領後8年半たって、イラクの失業率は60%にも及んでいます。 
ところがマリキ政権はまともな雇用対策をすることもありません。 
労働省に行ってもコネのある者しか就職はできません。 
社会保険もまともに支払われません。 
そのような労働者達の苦しみと怒りを伝えます。 
 
○サンプル映像配信中・・・http://peacetv.jp/sample_video.html 
 
 イラク平和テレビ局inJapanのHP http://peacetv.jp/

●11/19・20イラクから、民主化運動のリーダー サミール・アデイルさん来日!

報道されない、イラクの民主主義革命の最新報告。

アメリカの「正義の戦争」は何をもたらしたのか・・
250万のイラク人犠牲者と生活破壊・・・。それは占領国アメリカの若者たち
の貧困と失業も作り出した。そして今、同時に市民が声をあげ、立ち上がっ
ている。

中東からはじまった民主化革命は全世界に広がっている。
アメリカ、日本をはじめとするグローバル資本主義がはじめたイラク・アフ
ガン戦争政策は、イラク市民そして世界の戦争と貧困をなくそうという市民
の声により終わりを告げつつある。

すべてを破壊されたイラクで、希望をかちとり、貧困と戦争、失業と暴力を
なくすための”非暴力の闘い”を徹底して実践しているサミールさんの話を
ぜひ聞きに来てください。

 ★11/19、20
「イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集
会」

ブログhttp://blog.livedoor.jp/sanatv_youth/

 



CML メーリングリストの案内