[CML 012687] IK原発重要情報(47)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2011年 10月 20日 (木) 12:40:45 JST


       IK原発重要情報(47)[2011年10月20日]

 私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先 〒112-0012  東京都文京区大塚5丁目6番15-401号 保田・河内法律事務所(電話03-5978-3784、FAX03-5978-3706)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――――
  野田首相 冷温停止 福井 九電 北電 伊方原発 など

 野田首相が、10月17日、原発の新規建設について「建設が相当進んでいるなど、工事の進ちょく状況がそれぞれ違うので、地域の意見も踏まえながら個別に判断していきたい」と述べました。これは重大発言です。どこの原発のことを指すのか不明ですが、新聞では、島根原発3号機のことをさすと言われています。しかし、日本原電の敦賀発電所3号機、4号機も指しているように見えます。西川福井県知事の言い方とそっくりなのが気になります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111017/t10013317171000.html
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/30841.html

 政府と東電が、年内に「冷温停止状態」を達成すると言い出しました。おそらく、原子炉1号機~3号機が100度以下になったというのは事実でしょうし、関係者の相当の努力もあったと思いますが、年内に「冷温停止状態」が達成されるかどうかについては疑問があると言わざるを得ません。
 私たちが疑問に思う第1は、圧力容器・格納容器がメルトスルーしており、しかもその状態が分からないというのでは、圧力容器内の燃料の取出しが作業日程に上ってくる本来の冷温停止と言えないのではないかと思うのです。第2は、原子炉からの放射性物質の拡散が止まず、その量が事故時に比べて「約400万分の一」といわれていますが、東電の発表した資料でも「これまでに既に放出された放射性物質の影響を除く」とされていることです。第3に、原子炉の状態について情報公開が十分でなく、原発に批判的な学者の参加による検証がなされていないことです。
 以下に、毎日新聞と東京新聞に掲載されている批判的見解をも引用させていただきます。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20111017k0000e010047000c.html
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11101703-j.html
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20111018k0000m040074000c.html
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5153150.html

 福井県西川知事が、細野原発担当相に安全対策等を要望しました。先にも書きましたが、西川知事の動きは非常に微妙なものがあります。私は、警戒を怠るな、西川知事の動きが明らかになってから運転再開反対運動を盛り上げようという考えでは遅すぎる、ということを強調したいのです。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111019/trd11101917270011-n1.htm

 九州電力の「やらせメール」問題で、第三者委員会の委員長をつとめた郷原弁護士が、佐賀県議会で、古川知事が「辞任避けられませんね」と発言したことを明らかにしました。古川知事は否定しましたが、古川知事は明らかに追い込まれています。また、九電は、枝野経産相からも批判されて、こちらの方も追い込まれています。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20101001-862625/news/20111017-OYS1T00696.htm
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20101001-862625/news/20111018-OYS1T00172.htm
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20101001-862625/news/20111018-OYS1T00170.htm

 伊方原発の運転再開問題につき、愛媛県知事が「国の覚悟」等を求めました。四国電力が、県知事の言うとおり、戸別訪問を再開していることは、きわめて危険な動きではないでしょうか。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpowercorrespondence/31004.html
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20111013/news20111013444.html

 うれしいNEWSです。国民の批判が高まる中で、北海道電力と北陸電力がプルサーマル導入計画の事実上の凍結を発表しました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/325786.html
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20111019101.htm

 さらにうれしいNEWSです。静岡県焼津市長が、浜岡原発は「永久停止をすべきだ」と表明しました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011101802000183.html

 最後に、「脱原発の国民投票をめざす会」のサイトに、国会請願署名の9月末・第4次集約の結果がupされたことをお知らせいたします。署名も1万名を超えましたし、市民の意見の広場では市民の率直な意見が表明されています。ぜひ一度ご覧になってください。
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

――――――――――――――――――――――――――――
                         以上










   



















 













                      

  
    

  
  






















                



 

  














     




 
 




















   

 


 

 




 
 












  




 











 













 
    
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 





 











 













 
    
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
     












   

 


 

 




 
 












  




 











 













 
    
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 





 











 













 
    
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 



CML メーリングリストの案内