[CML 012569] ■マラライ・ジョヤ沖縄講演にご参加を!

西岡 信之 okinobu at tb4.so-net.ne.jp
2011年 10月 14日 (金) 20:31:16 JST


沖縄の西岡です。10月14日

皆さま(重複ご容赦)

9・11同時多発テロからまる10年。アフガニスタン国際戦犯民衆法廷 
(ICTA)沖縄公聴会(2003年7月13日)から8年になります。

オバマ米国大統領がノーベル平和賞を受賞した時あのノーム・チョムスキー
はこのように言いました。

  「ノーベル平和賞委員会は真に価値ある選択として、アフガニスタンの
  人権活動家マラライ・ジョヤにこそ平和賞を与えるべきだ。」

そのマラライ・ジョヤ(Malalai Joya)さんが来日しました。10月18日(火)夜
沖縄講演会を開催します。こぞってご参加下さい。

「占領下に生きる―アフガニスタンの平和と民主主義を求めて」
    マラライ・ジョヤ沖縄講演実行委員会」
事務局:西岡信之
okinobu at tb4.so-net.ne.jp

(以下転送・転載歓迎)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アフガニスタン元国会議員・女性人権活動家 
マラライ・ジョヤが語る

占領下に生きる―アフガニスタンの平和と民主主義を求めて
        10/18マラライ・ジョヤ沖縄講演会
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■日時:2011年10月18日(火)18:30~開場 19:00開会~

    17:00~プレ企画、マラライさんのドキュメント映画上映

■場所:教育福祉会館 3階ホール
      ゆいレール「古島」駅下車 徒歩2分
      結婚式場マリエール・オークパイン隣
      興南高校グランド隣

■講師:マラライ・ジョヤさん(元アフガニスタン国会議員)

■演題:「占領下に生きる―アフガニスタンの平和と民主主義を求めて」

■参加費:1000円 

■主催団体:マラライ・ジョヤ沖縄講演実行委員会 代表 狩俣信子 

■呼びかけ人:安里英子、石川元平、大田昌秀、海勢頭豊、石原昌家、
        山内徳信、金城実、新垣仁美、比嘉勝子、西岡信之(他)

■連絡先:事務局090-3970-8772(西岡)
        
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2011年マラライ・ジョヤ(Malalai Joya)来日スピーキングツアー
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<招請主催団体>

RAWAと連帯する会 http://rawajp.org/

<呼びかけ人>

岡真理(京都大学大学院教授)
奥本京子(大阪女学院大学教授)
川崎けい子(映像ディレクター)
西谷文和(ジャーナリスト)
前田朗(東京造形大学教授)
他

<来日講演日程>

10/16(日)広島市まちづくり市民交流プラザ(5F研修室A~B)
10/18(火)沖縄 教育福祉会館(那覇)3F大ホール
10/19(水)沖縄国際大学平和学授業(授業のため非公開)
10/21(金)大阪女学院大学
10/22(土)同志社大学 今出川校舎博遠館
10/23(日)大阪 吹田さんくすホール
10/25(火)院内集会 参議院議員会館
10/26(水)明治大学リバティータワー
10/27(木)名古屋学院大学 白鳥学舎
10/28(金)大阪大学 豊中キャンパススチューデントコモンンズ
10/29(土)京都大学 吉田南キャンパス人間・環境学研究棟

<マラライ・ジョヤさんプロフィール>

アフガニスタンの人権活動家。1978年アフガニスタン西部のファラー州
で生まれる。4歳の時に家族と共にイラン、パキスタンに難民として避難。
RAWAの学校で学ぶ。

10代後半、難民キャンプの識字教室で難民女性たちを教える。1989年
帰国し、タリバン政権下で禁じられていた女性たちのために地下教育に携
わる。

2003年、制憲会議で軍閥政治家を戦争犯罪者として糾弾し、BBCニュー
スが「もっとも勇気あるアフガン女性」と評したことで一躍有名に。2005年第1
回総選挙で最年少国会議員に当選。

しかし、軍閥政治家を戦争犯罪者として裁くよう要求し続け、議員資格
を剥奪される。暗殺の危険にさらされながらも、アフガニスタンの自由と真の
民主主義を求め、とりわけ世界でワースト1といわれる女性の人権のために、
占領・軍閥・原理主義という3つの敵と闘っている。

光州人権賞をはじめ、様々な人権・平和賞を受賞。2011年、ガーディアン
紙の「世界トップ女性活動家100人」に選ばれる。





CML メーリングリストの案内