[CML 012565] ボードマン『放射線の衝撃』

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 10月 14日 (金) 16:30:47 JST


前田 朗です。

10月14日

日本で唯一の(はずの)授業「非国民」で、井上ひさしを取り上げています。
これまでは菅野すが、金子文子、長谷川テル、啄木、多喜二などを取り上げてき
ましたが、今回は井上ひさしです。本人があちこちのエッセイ で「非国民」と
称しています。ちなみに先々週は紀伊国屋サザンシアターで「キネマの天地」を
観てきました。

何しろ「ひょっこりひょうたん島」の時が8歳でした。大学時代は「ブンとフ
ン」「モッキンポット師」、大学院時代は「吉里吉里人」、そして以後も評伝シ
リーズ、東京裁判シリーズなど、ずっと井上ひさしに笑わされ てきた「被害
者」です(笑)。

授業では、井上ひさしの年譜を簡単に振り返り、続いて「ひょっこりひょうた
ん島」第1回をDVDで見てもらいました。学生は、「なんでひょうたん島が流
れるようになったのかがわかってよかった」、とのことです。 最後に、モーニ
ング娘。の「ひょっこりひょうたん島」をCDで流しました。「こんなのまで
持ってるんですか?」。

ボードマン『放射線の衝 撃』をブログにアップしました

http://maeda-akira.blogspot.com/2011/10/blog-post_14.html



CML メーリングリストの案内