[CML 012553] 【報告】第177日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 10月 14日 (金) 07:01:30 JST


青柳行信です。10月14日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第177日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから10月13日現在総数1664名)
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月13日10名)   
     平塚新吾 金子まゆみ 太田良和  井上洋子 大谷史子
      酒井嘉子  富永桂子  西嶋友子  浜本礼子  未確認1名

  《「一万人集会」に行こう!
     そう言われて、私のこころは喜びはずんだ!!》
   ★呼びかけ・賛同者を募集しています。★
 ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com 

 <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れ様です。
粘り強い運動で 九電の社長、会長に早くお辞めいただきたいものです。
第3者委員会の 調査を尊重して、さっさと辞めるべきだと思うのですが、
しぶといですね。彼らはーー。

あんくるトム工房  
 放射能測定  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1527

ひろば 上條 さんから:
<テント報告>
北九州市から来られた石尾さんが今週もマイクアピール。
若い女性が「げんぱついらない」の大きな寄せ書きをじっくり眺めていました。
若い男性が寄せ書きを歩き見て「げんぱついらない」と呟いていました。
目立っています。
男性が政府公認の線量計(約10万円)を持ってきて、九電前のγ(ガンマ)線線
量を計りました。
地面で計測すると0.315μSv/h、腰の高さで測ると0.18μSv/hでした。高い。

たまたま立ち寄った若い男性は、家を立てることになったそうですが、
オール電化をやめて、ガスにすることにしたそうです。
この方は賛同人になってくれました。

メキシコ人が署名をしてくれました。
14日にできる一万人集会のカラーチラシについての問い合わせがありました。
皆様が一万人集会を成功させるために頑張っていることをうれしく思います。

徳島達朗  さんから:
お早うございます。
年金者組合県本部執行委員会で「さよなら原発!一万人集会」の
呼びかけ賛同団体になるよう提案し承認されましたが、
本部からの連絡では、きょう分担金振り込んだとのことです。
成功のためにがんばりましょう。

宮崎の青木 さんから:
みなさまへ
これはぜひ聞いておいてください。宝蔵さんのメールを転送します。
     <洗っても洗っても、どうしても落ちない放射能>
  神戸大学大学院教授、山内知也氏(放射性エネルギー応用科学の専門家)
 が、市民団体の依頼で、8月下旬、福島市の東に位置する渡利地区、小倉寺
 地区、南向台地区で放射能調査を行いました。この3つの地区は、福島第一
 原発から約59キロ〜60キロの距離に位置します。

 調査の結果、渡利、小倉寺地区の5ヵ所で採取された土壌のセシウムを調べ
 たところ、5ヵ所中4か所で、チェルノブイリの特別規制ゾーンや移住の義務
 ゾーンに相当しするという驚くべき結果があきらかになりました。

 この地域は6月にも調査をおこなっていますが、その時よりも放射能濃度が
 大きく上がっていたそうです。これは周囲を山林で囲まれた地形から、雨に
 より放射能が移動したと考えられるそうです。

 もちろんこの地区の住民は何も知らされず、子どもたちはふだん通り学校に
 通っているそうですが、通学路や遊び場の場所でもチェルノブイリの特別規
 制ゾーンに相当する土壌汚染が確認されたという事、こんな中での緊急時避
 難準備区域の解除、そして除染と言っているのですが山内氏は、除染はでき
 ないと断定しています。

 屋根がわらなど、高圧洗浄機で洗っても7割程度は汚染が残ってどうしても
 放射能は落ちないそうです。

 一見表面は平らに見える屋根がわらも、原子レベルの目で見るとそこはでこ
 ぼこ、穴だらけの世界、セシウムなどの放射性核種は原子ですから、その穴
 だらけの世界に入り込み水で洗ったぐらいでは落ちないのです。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【内部被ばく問題】セシウムの毒性について
http://blogs.yahoo.co.jp/ailyn100/173815.html
■子どもを放射能から守る会おきなわ■のサイトより抜粋

前田 朗 さんから:
原子力安全・廃絶研究会編『Q&Aで一 気にわかる脱原発の教科書』(洋泉
社、2011年)

http://www.yosensha.co.jp/book/b93895.html

<原発は安くてクリーンは大ウソ! 脱原発、こうすれば実現できる?>
(なぜか?になっている)

*<日本のエネルギー政策が根底から覆ろうとしている。**
**福島第一原発事故をきっかけに、原子力推進の現行計画のロードマップは頓挫
した。**
**ストレステスト導入で、定期検査で停止している原発の運転再開の見通しも
立ってい ない。**
**日本の電力供給・電気料金はどうなっていくのか、どうするべきなのか。**
**ポスト3・11のエネル ギー政策を徹底検証する!>*

45のQ&Aと5人の専門家へのインタヴューで構成されています。Q&Aの
筆者は、李策さんというフリーライター。なぜか生年が「1072年」。ジョー
クではなく誤植でしょうが。インタヴュー構成は、高橋繁行さ んというルポラ
イターと山崎徹さんというノンフィクションライター。ともに1954年生ま
れ。この3人による著作です。図版が見やすく て、読みやすい本です「教科
書」と銘打っているだけあって、工夫しています。これ1冊でかなりのことがわ
かります。もっとも、引用文献・ 出典の表示がほとんどないのが残念。

**********************************

目次

第1章 なぜ原発をやめたほうがいいのか

スペ シャルインタビュー
小出裕 章(京都大学原子炉実験所助教)
「原発 神話」のウソ
「反原 発」の旗手が語る、福島原発事故の隠された真相と“原発神話”のウソ!

Q1―1/そもそも原発とは何か?
Q1―2/いま福島で何が起きているか?
Q1―3/福島の事故は収束に向かうのか?
Q1―4 よく福島と比較されるチェルノブイリ原発事故 とは?
Q1―5/「放射能」「放射性物質」「放射線」とはどう いうものか?
Q1―6/被曝するとどうなるか?
Q1―7 なぜ原発をつくり続けたのか? 拭岾貿確船汽ぅル」とその破綻 
Q1―8 なぜ原発をつくり続けたのか?◆秦躋膰恐訴式
Q1―9 東日本大震災の後、どうして浜岡原発だけ名指 しで止められたの?
Q1―10/原発が狠録夢躙叡和哭瓩両紊砲△襪辰橡榲?

第2章  原発をめぐるこれだけのウソ

スペ シャルインタビュー
大島堅 一(立命館大学国際関係学部教授)
「原発 安価神話」のカラクリ
発電費 用、バックエンド費用、立地費用――「安い」とされてきた原発のコスト
を実績値で徹底 検証!

Q2―1/「原発は安い」は本当か?
Q2―2/原発は環境にやさしいか?
Q2―3/原発は最適なベース電力か?
Q2―4/ウランはあと何年もつのか?
Q2―5/電源三法交付金って何?
Q2―6/プルサーマルの何が問題?
Q2―7/原子力開発は核武装のためなのか?
Q2―8/日本にはどれくらいの「核のゴミ」があるの か?
Q2―9/高レベル廃棄物をどうするか?
Q2―10/原発埋蔵金って何?

第3章原発停止で「企業が海外に逃げる」は本当なのか

スペ シャルインタビュー
茂木源 人(東京大学大学院准教授)
脱原発 は日本経済にどれくらいの影響を及ぼすのか?
原発を 太陽光発電で代替!シミュレーションでエネルギー戦略の影響を徹底検証!

Q3―1/原発を止めると電力が足りなくなる?
Q3―2/電気料金が上がると「企業が海外に逃げる」は 本当なのか?
Q3―3/原発を止めると本当に電気料金は上がるのか?
Q3―4/東京電力から電気を買うのをやめると電気代が 減るってホント?
Q3―5/電力自由化とは?
Q3―6/原子力は市場が自由化されても生き残れるの か?
Q3―7/東日本の50Hzと西日本の60Hzで電力の融通ができないのはなぜ?
Q3―8/東電の賠償スキームで電気料金は上がるのか?
Q3―9/電力不足で日本経済はどんなダメージを受けて いる?
Q3―10/そもそも電力使用制限令は必要だったのか?

第4章自然エネルギーによる原発代替は可能なのか

スペ シャルインタビュー
倉阪秀 史(千葉大学法経学部総合政策学科教授)
徹底解 説!「再生可能エネルギー原子力発電代替プラン」
原発が 担ってきた発電量を再生可能エネルギーでまかなうことは可能なのか? 
どのよ うな設備をどの程度設置すればいいのか?

Q4―1/日本に再生可能エネルギーはどれくらい導入で きる?
Q4―2/地熱発電はどんな仕組み?
Q4―3/洋上風力発電の可能性は?
Q4―4/小水力発電の可能性は?
Q4―5/メガソーラーの実力は?
Q4―6/世界の再生エネルギー投資はどれくらい?
Q4―7/電力が不安定な自然エネルギーは普及しない?
Q4―8/バイオマスエネルギーって何?

第5章  さらば原子力発電

スペ シャルインタビュー
飯田哲 也(環境エネルギー政策研究所所長)
いま 「エネルギーシフト」が必要なこれだけの理由
いま変 われなかったら、もう永遠に変われない。
あと10年で「自然エネルギーを20%導入、電力消費を20%削減」せよ!

Q5―1/高効率で注目されている「コジェネ」とは?
Q5―2/欧州で注目のHVDCとは?
Q5―3/全量買取制度とは
Q5―4/EUで再生可能エネルギー導入が成功している 理由は?
Q5―5/スマートグリッドとは?
Q5―6/省エネ・節電はこれからも必要?
Q5―7/地域から始まるエネルギーシフトとは?
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮下和裕(福岡県自治体問題研究所)さんから:
第31回福岡県自治体フォーラムのご案内です。 
どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ!

つくろう 学ぼう 住民が主体の地方自治
主催:社団法人 福岡県自治体問題研究所 E-mail: jiti at ked.biglobe.ne.jp

第31回 福岡県自治体フォーラム実行委員会
 福岡市博多区博多駅前1-19-3〒812-0011 TEL・FAX 092-472-4675

 大地震・大津波・原発事故という巨大複合災害を契機に、
あぶりだされてきた現実の数々を直視し、そのなかから教訓をくみとることを通
して、
人間復興への転換期の課題に応える企画、自治体フォーラムです。ぜひご参加く
ださい。

<基調テーマ>

『東日本大震災の投げかけた問題と自治体の役割

  ・・・被災者・市民・自治体・日本・世界・・・』

日 程:10月30日(日) 9時半受付 開会10時、 閉会16時
会 場:西南学院大学(右上欄参照)
参加費1,000円資料代(ただし学生、障がい者は300円、介添者無料)

全体会 記念講演 『原発になお地域の未来を託せるか』
吉岡 斉(ひとし)・九州大学副学長(専攻・科学史)
 福島原発事故の政府の事故調査・検証委員もされています

『東日本大震災の投げかけた問題と自治体の役割・・・
      被災者・市民・自治体・日本・世界・・・』
 蔦川 正義・佐賀大学名誉教授(経済学)

〈講師紹介〉 吉岡 斉 先生(九州大学副学長、科学史家)1953年富山県生まれ。
東京大学理学部物理学科卒、同大学院理学研究科科学史修士課程修了、1983年同
博士課程中退、
和歌山大学経済学部講師、同助教授を経て九州大学教養学部助教授、同比較社会
文化研究院教授。
1995年毎日出版文化賞、2000年エネルギーフォーラム賞特別賞受賞。
産業技術と倫理の関係について研究、科学社会学を構想されている。
現在、政府の福島原発事故調査・検証委員会の委員としても御活躍中
吉岡 斉 (よしおかひとし)著書、「テクノトピアをこえて」(科学技術立国批判
社会評論社 1982)「原子力の社会史 その日本的展開」(朝日選書 1999)、
「原発と日本の未来-原子力は温暖化対策の切り札か」(岩波ブックレット、
2011)など多数

分科会(13時から16時まで・西南学院大学2号館5Fと6F)
※各分科会で講師のお話、参加者からのレポート、討論、交流をおこないます。

‘門講座・・原発問題の過去、現在、未来
  講 師:豊島耕一・佐賀大学理工学部教授(応用物理学)
  講座が中心、原発問題の社会学的なふくらみを持たせたい
∩躪腑轡鵐櫂献Ε燹ΓPPと私たちの暮らし
   問題提起・樋口泰範・農学博士(元うきは市教育長)
   コーディネーター・平川一郎・元九州東海大学教授
 報告
 。圍丕个箸修料世ぁ僻口泰範)、∋笋燭舛凌べ物はどうなるの(新婦人・下
田多美子)、
 0緡邸κ欷韻呂匹Δ覆襪里(保険医協会・岡本茂樹)、
 で戚韻硲複舛旅佑方・取り組み(JA県中央会・小早川英明)、現場からの
発言(農民連)

E貽本複合大災害と憲法
   助言者・石村善治・福岡大学名誉教授(憲法)
 報告
 /契権誕生と改憲への動向(原口政敏・元西日本短大教授)、
 憲法から見た原発問題(椛島敏雅・弁護士)、
 2縄をはじめとする基地強化の動向(酒見辰正・県平和委事務局長)
 ぞ中一貫教育と地方自治
  問題提起・平野榮一・教育アナリスト
  県内各地からのレポートを予定
 ァ崟任伴匆駟歉磴琉貘硫革」を考える
  講師・相野谷安孝・中央社保協事務局長
  報告 『子ども・子育て支援』(福祉保育労組)、『生活保護見直し』(全
生連)、
   『消費税増税の動きと営業等への影響』(福商連)
 Α崔楼莠膰改革」下、どうなっているのか福岡県政・・・麻生県政16年間の
残した問題とこれから
  助言者・宮下和裕・自治体問題研究所事務局長
  報告・『地域主権改革』の動向、3倍になった県の借金、情報公開と県議会
改革、国・県・市町村関係、
  福祉政策、県土整備、原発をはじめとする防災、産業・中小企業政策をめ
ぐっての報告と討論
  *終了後、講師を囲んで楽しい懇親会を実施、3,000円、於・「じゃがい
も」(西新3-12-7)

白垣詔男(「九条の会福岡県連絡会」事務局員)さんから:
青柳行信さま。
毎日、メールを頂き、ありがとうございます。
これまで、何度も何か返信しなければいけないと思い、気ぜわしさに取り紛れて、
そのままにしていました。
 11月3日(木・祝)は福岡市東区馬出の福岡県教育会館で
「幻のドキュメンタリー映画」と言われている(そうです)
「あしたが消える―どうして原発?」という55分の作品を午前11時からと午後3
時からの2回上映します。
この映画は、福島第一原発をめぐって22年前に描かれた作品です。
映画上映の合間、午後1時30分からは山口大学教授の纐纈(こうけつ)厚さんが
「東日本大震災と九条の行方」と題して話します。
ご興味のある方は「文化の日」(実は日本国憲法公布の日)に、「反原発映画」
と講演の集いにおいでください。
参加費は1000円(大学生以下500円)です。
初めてのメールで長々と、それも後半は「集会宣伝」になって恐縮しています。

永尾佳代(原発止めたい女たちの会)さんから:
こんにちわ。
爽やかな秋を迎えておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?
原発事故から7箇月が経過しましたが、まだ、先行全く不透明です。
野田首相は、原発の再稼働を急ぎ、TPP交渉も、急ごうとしており、
心配な事が、次々のこの頃ですね。
さて、そんな折ですが、脱原発の動きを失速させないためにも、
12月2日、熊本に、若者に人気の田中優さんをお呼びすることになりました。
つきましては、広く協賛団体、個人を募集いたしておりますので、
添付のチラシを読んでいただき、ぜひ、ご協力いただきますよう、お願い致します。

ご案内が、2回目の方もおられるかと思いますが、時間と詳細が少し変わりまし
たので
ご覧ください。
時間は午後7時開演となりました。
協賛するにあたり一口の半分のハーフも設け、ハードルが低くなりましたので
ぜひ、ご検討ください。
また、委託に関しては枚数の制限はございません。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
http://stopgennpatsu.cocolog-nifty.com/blog/

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○ 
下記の集いに 皆様 ご参加 是非 よろしくお願いします。
 <Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。>
 ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

    九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる
      『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』
      11月13日(日) 福岡市舞鶴公園

         九州 沖縄 韓国
       いのち、むすぶ、さよなら原発
     私たちの声と行動で ゆるぎない平和を築こう 

        みんなつながっている  
         信頼 絆 希望
       大地 水 空 生きとし生けるもの 
 ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

   ★呼びかけ・賛同者を募集しています。 
    目標の5万名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、
  『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』を実現し、
 ★原発とめよう!の輪をひろげていきまょう。
     http://www.goodbye-nukes.com 

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(日曜・休日も全日開設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
   青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


CML メーリングリストの案内