[CML 012544] シリーズ 脱原発・脱軍事化を考える第2回・第3回のご案内

yamamoto mihagidaiti at mud.biglobe.ne.jp
2011年 10月 14日 (金) 00:26:43 JST


みなさまへ

不戦へのネットワーク@山本です。
既報ですが、期日が近づいてきましたので再送します。
ぜひ、ご参加ください。



▼△▲▽シリーズ 脱原発・脱軍事化を考える▼△▼△
  核エネルギーに依存しない社会を作るために 


 3.11、東日本大震災と福島第1原発事故。ヒロシマ・ナガサキに続いて、3度目の核による被害は、
もはや人類と核エネルギーは共存できないということを改めて示しました。「核の有効性」をいい、ア
メリカによる「核の傘」の下で軍事化を進めてきた現状の変革もまた、問われなければならないと考え、
今回のシリーズを企画します。在日米軍の「トモダチ作戦」の本質、平和利用としてすすめられてきた
核の問題と安保、そして反核と脱原発の運動をつなげ核のない世界を作るために何をすべきか考えます


第2回 核と安保体制

●時:10月16日(日) 午後1時半〜4時半
●所:名古屋市女性会館
  (地下鉄名城線東別院下車 1番出口東へ徒歩3分)
●講師:愛敬浩二さん  (名古屋大学大学院法学研究科教授)
プロフィール:1966年生まれ。早稲田大学大学院法学研究科修了。2004年より現職。
憲法学・憲法思想史専攻。著書「改憲問題」ちくま新書など多数




第3回 非核の未来を作るために

●時:11月20日(日)午後1時半〜4時半
●所:名古屋市女性会館
  (地下鉄名城線東別院下車 1番出口東へ徒歩3分)
●講師:湯浅一郎さん (NPO法人ピースデポ代表)
プロフィール:「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」運営委員、環瀬戸内海会議顧問、 


ピースリンク広島・呉・岩国会員、芸南火電阻止連絡協議会。専門は海洋物理学、沿岸海洋環境学。
著書に「平和都市ヒロシマを問う」「地球環境をこわす石炭火電」「科学の進歩とは何か」。

●参加費:各回800円

●主催:不戦へのネットワーク

不戦へのネットワーク
http://www.jca.apc.org/~husen/index.htm
山本 みはぎ
080−3627−5767 


--
I am using the free version of SPAMfighter.
We are a community of 7 million users fighting spam.
SPAMfighter has removed 49858 of my spam emails to date.
Get the free SPAMfighter here: http://www.spamfighter.com/len

The Professional version does not have this message




CML メーリングリストの案内