[CML 012537] 【明日/ドイツ緑の党連邦議会議員ベーベル・ヘーンさん講演会@京都精華大学】「脱原発と緑のアジェンダ」を語る

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 10月 13日 (木) 12:37:56 JST


イベント紹介サイト
http://d.hatena.ne.jp/hansenkyodo_kyoto/20111011/1318339164



ドイツ緑の党/ベーベルさん講演会


ドイツ「緑の党」副党首ベーベル・ヘーンさんが京都精華大学にて講演をしてくださることになりました!


またとない機会なので、是非ともお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

一般来聴歓迎・入場無料です。



緑の党副党首のベーベル・ヘーンさん

(http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7b/B%C3%A4rbel_H%C3%B6hn_2010.jpg)



==============================


■ ドイツ「90連合/緑の党」副党首ベーベル・ヘーンさん

 「脱原発と緑のアジェンダ」を語る


■ 日時:2011年10月14日(金)18時開始

■ 場所:京都精華大学 対峰館T-109

(交通アクセス)

http://www.kyoto-seika.ac.jp/access/index.php

(キャンパスマップ)

http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/map/taihou.php#/taihou/


■ 講演について 

福島第一原発の引き起こした大規模な放射能汚染を受け

ドイツ連邦議会で、国内17基の原発すべてを2022年までに停止する脱原発法が成立

メルケル政権もこれまでのエネルギー・原子力政策を大きく転換し

ドイツは1970年代から緑の党が主張しつづけた政策の実現に向かう


<90連合/緑の党>会派の副代表ベーベル・ヘーンさんが来日

東日本大震災・原発事故被災地と若狭湾原発現地を訪問し各地で講演する

若者との対話を強く希望するヘーンさん

京都精華大学の在学生はじめ参加する方々へ、原発に依存しない社会の現実的可能性

「脱原発と緑のアジェンダ」を語ります


■ベーベル・ヘーンさんプロフィール

幼児の健康を心配する普通の主婦としてデモなどに参加したのがきっかけで、オーベルハウゼン市の市会議員、ノルト
ライン=ヴェストファーレン州環境大臣などを経て、2005年からドイツ連邦議会議員。現在、連邦議会で「緑グループ」の
副リーダーとして、環境・エネルギー・消費者保護・農業・動物福祉・建設交通などの政策を担当している。二人のお孫さ
んがいる。



 		 	   		  


CML メーリングリストの案内