[CML 012519] 反原発運動全国連絡会編・末田一秀・武本和幸『福島・柏崎刈羽の原発震災』

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 10月 12日 (水) 17:44:14 JST


前田 朗です。

10月12日

今日はなぜか気分が キューバで、キューバの超ベテラン・バンドを引っ張り出
しました。1940年代から活躍していたキューバ・サウンドのニコ・サキート
やフ ロレンシオ・サンタナらのカルテットLos Guaracheros de Oriente ( The
Guaracha Players of Oriente )。ギ ター、マラカス、カウベルなど。1950
年代にヴェネズエラで活躍し、途中トリオになってアメリカに移って活躍しまし
た。グアラチャは、 東部キューバのバラード主体の音楽で、フランスやスペイ
ンの影響を受けたとか、とてもハーモニーが重要です。Patria Querida(My Dear
Homeland)は、もとは、キューバ革命後の、マイアミ亡命キューバ人の間では
やった望郷の歌のようです。

反原発運動全国連絡会 編・末田一秀・武本和幸『福 島・柏崎刈羽の原発震災』
をブログにアップしました。

http://maeda-akira.blogspot.com/2011/10/blog-post_12.html



CML メーリングリストの案内