[CML 012508] 10/29 (土)国際連帯税シンポジウム2011開催のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 10月 12日 (水) 01:09:53 JST


                   紅林進です。
   
  下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。
   
   
  (以下転載) 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        「国際連帯税」東京シンポジウム2011
    〜G20サミットに向けて、痛みの共有から国際連帯へ〜
─────────────────────────────────────────────
■日 時:10月29日(土)13時〜17時30分(12時30分開場)
■会 場:東洋大学6号館3階6302教室
   (都営地下鉄三田線「白山」駅A3出口より徒歩5分)
  キャンパスマップhttp://www.toyo.ac.jp/campus/hakusan_j.html
■主 催:国際連帯税フォーラム
■参加費:1000円(資料代含む)、ただし学生は無料
■参加申込み・問合せ先:国際連帯税を推進する市民の会(アシスト) http://www.acist.jp/
 お名前、ご所属、メールアドレスを明記して、下記までにお送り下さい。
 E メール: acist.japan at gmail.com  FAX: 03-3834-2406

過去60年間で最悪の飢饉に直面している東アフリカの食料危機(その危機
の原因の一つが気候異変である)や先進国でも進行する経済格差拡大。これら
の地球規模の課題に対処するには、ひとつにグローバル公共財のための資金
創出であり、もうひとつに強欲なマネー経済の規制と所得の再分配です。

こうした世界の動きの中で注目されているのが国際連帯税であり金融取引税
です。

「国際連帯税」とは、全く未整備な課税分野、国境を越える経済活動に課税
して、地球規模課題解決のための資金調達を図ろうというものです。本シンポ
ジウムでまず国際連帯税を必要とする背景、そして国際連帯税のメカニズム
を探ります。

また11月にはフランス(カンヌ)でG20 首脳会議が開かれます。そこで主要
メンバーである日本国首相は、先の大震災への、最貧国を含む世界各国から
の支援に応えるためにも、どのような「地球規模課題のための支援策(資金調
達)」を打ち出すべきか、問われてきます。

本シンポジウムでは、G20サミットに向けて日本国首相へその支援策について
の提言を行っていきます。

貧困、環境悪化、震災など様々な痛みを共有しつつ、国際連帯へ。
皆さまのご参加を心より、お待ちしております。

●プログラム
◎国際連帯税創設を求める議員連盟からのあいさつ(要請中)
◎外務省からのあいさつ
<第一部>
◎キーノートスピーチ(1)
・山本敏晴(NPO法人「宇宙船地球号」事務局長)
 「途上国の貧困や地球温暖化による被害に日本も関係していることを知り、
できることを考える」
◎キーノートスピーチ(2)
・峰崎直樹(内閣官房参与・元財務副大臣)
 「議員連盟設立から政府税制調査会まで〜国際連帯税実現に向けた私たち
の課題」
<第二部>
◎会場参加者を交えてのパネルデスカッション
*テーマ「なぜいま国際連帯税なのか、私たち市民は何ができるか」
・モデレーター(専門家グループ):
上村雄彦(横浜市立大学学術院国際総合科学群准教授)
・国際協力/アドボカシーNGOから 
山田太雲(オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー)
・国際協力/アドボカシーNGOから◆
 海老原 淳(日本リザルツ コミュニケーション・ディレクター)
・環境NGOから:
小野寺ゆうり(国際環境NGO FoE Japan 顧問)
・労働組合から:
佐藤克彦(国際公務労連加盟組合日本協議会(PSI-JC))
◎日本政府への提言、シンポジウム宣言採択

*********************************************
国際連帯税を推進する市民の会(アシスト)
 〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3F
 Tel: 03-3831-4993  Fax: 03-3834-2406
 http://www.acist.jp/





 


CML メーリングリストの案内