[CML 012504] 10月16日、第1回平塚・近現代史講座「明治維新・領土問題の根源」のお知らせ

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2011年 10月 11日 (火) 23:00:17 JST


皆様
こんばんは。犯罪都教委&1.5悪都議と断固、闘う増田です! これはBCCでお知らせしています。重複、長文、ご容赦を。
 ピースフォーラム湘南の主催で、件名講座を以下のように行います。平塚近辺で御都合のつく方は、どうぞ、ご参加ください。


●日時: 10月16日(日)13:30〜16:30
●会場: ひらつか市民活動センターAB会議室(平塚駅南口JAビル神奈川2階  地図 http://www.scn-net.ne.jp/~hira-sc/map.htm)
●参加費:500円
●内容
 1853年、ぺリ−艦隊が浦賀にやってきて、日本は開国することになり、尊王攘夷運動を経て倒幕、明治新政府の樹立となります。江戸幕府に代わった明治政府は「近代国家」として「国境」を画定していきますが、「北方領土」「竹島」「尖閣諸島」は本当に『日本固有の領土』と言えるのでしょうか? 『征韓論』は、なぜ、明治政府の中枢部で論争になったのでしょうか?  
 そして、横浜市及び神奈川県立の平塚中高一貫校の約20000人の中学生が来春から使う育鵬社の教科書に、それは、どのように記述してあるのでしょうか? さまざまな資料を見ながら考え合っていきます。


●その他
 本講座は3回シリーズです。
11月13日(日)第2回「韓国併合と『坂の上の雲』(1)日清戦争の真実
12月11日(日)第3回「韓国併合と『坂の上の雲』(2)日露戦争の真実 		 	   		  


CML メーリングリストの案内