[CML 012451] 【10/16 福井】福井市 初上映会『君はなぜ戦争に行った?−イラク戦争帰還兵の沖縄ー』

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 10月 9日 (日) 08:49:34 JST


こんにちは。イラク平和テレビ局inJapan 川島です。 
 
『君はなぜ戦争に行った?−イラク戦争帰還兵の沖縄ー』、同時上映『イラク 
と日本・放射能被害と闘う』福井県初上映会のご案内です。 
 
全国1万人上映運動へのご参加、宣伝のご協力をぜひお願いいたします。 

明日10/10 大阪市西区でも上映会あります。

※詳しくは 上映会ホームページをご覧下さい。 http://peacetv.jp/kimiwanaze.html 
 

*********転送歓迎***************** 
 
【日時】10/16(日) 14:00 
 
【会場】 福井市地域交流プラザ研修室602 
     ★AOSSA(アオッサ)ビル内 
    (JR「福井駅」東口から徒歩1 分) 
      http://www4.fctv.ne.jp/~kouryu/tizu.html 
 
【上映作品 】 
 
    『君はなぜ戦争に行った?−イラク戦争帰還兵の沖縄−』49分 
              (制作:イラク平和テレビ局 in Japan) 
 
    同時上映 
    『イラクと日本・放射能被害と闘う』20分 
              (制作:イラク平和テレビ局 in Japan) 
 
【参加費】大人:前売 800円/当日 1000円、 
     65歳以上・学生・障がい者 500円(前売・当日共通) 
 
 
【映画の紹介】  
 
●『君はなぜ戦争に行った?−イラク戦争帰還兵の沖縄−』 
 
2010年夏、IVAW(イラク反戦帰還兵の会)の元米軍海兵隊員ブライア 
ン・キャスラー(26 歳)が来日した。 
 
自らの戦争体験と入隊経過を語る。そして、かつて配属されていた沖縄を訪 
れる。 
 
「17歳の時、母が癌と診断され多額の医療費で貧困状態となりました。1 
8歳の年、母は他界しその1 ヶ月後、海兵隊に入ったのです。大学に行くた 
めに軍隊に入るしかありませんでした。」 
 
貧困から軍隊へ。 
 
沖縄戦の戦跡、普天間基地、美しい名護・辺野古の海を訪れ、沖縄の若者た 
ちと交流するブライアン。 
 
戦争と基地、若者の貧困問題は、アメリカも日本も同じ…。戦争と貧困のな 
い世界の希望がみえる。 
 
 
●『イラクと日本・放射能被害と闘う』 
 
米軍の占領が9年続いているイラク、いまだに電気も水も通っていない。 
 
イラク政府の腐敗と市民への弾圧、そしてウラニウム兵器や戦争で無管理状 
態になったタムーズ元原子力発電所からの放射能被害などイラク市民は苦し 
い生活を強いられてきた。 
 
「米軍の撤退、安全と自由、水と電気」を求め市民は今年、2月25日の1 
0万人デモを皮切りに連日デモを行っている。 
 
今年4月に来日したイラク市民メディアSANAテレビのバグダッド支局長サーレ 
フ氏から、原発・放射能被害と闘う日本の人々へのメッセージ。 
 
※詳しくは 上映会ホームページ http://peacetv.jp/kimiwanaze.html 
 
【主催】イラク平和テレビ局inJapan 
    ホームページ http://peacetv.jp/ 
 
【ご予約・お問い合わせ】(090)8162−3004(川島) 
             E−mail:info at peacetv.jp 
 
 
 




CML メーリングリストの案内