[CML 012443] ■「小沢記者会見」報道のウソを暴く―TBSキャスターの掟破り・田中龍作氏(フリージャーナリスト)

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 10月 8日 (土) 23:50:42 JST


nakataです。重複おゆるしください 
メールをいつもありがとうございます。

<下記転送歓迎>
■「小沢記者会見」報道のウソを暴く―TBSキャスターの掟破り

田中龍作氏(フリージャーナリスト)の投稿記事のご紹介です。
当日(6日夕) 記者会見に参加して、直接見聞きされた貴重な内容です。

(抜粋。。。。記者質問は => ==== 会見場の雰囲気から察して、流れはフリーやネットに来ていた。
★そこに「TBS・News23」松原耕二キャスターが、紛れ込んで挙手したところ当たった。
▼松原キャスターは社名も氏名も名乗らずに質問を始めた。▼フリーやネット記者を装ったのである。=====)

実際の、TVや新聞など、いわゆるマスメデイアの報道記事と比較して、
当日の記者会見の場では、そこでは何が実際起きていたのかを、、、、、

以下の投稿記事を参考にして、お考えになっていただけるとありがたいです。
***************************************************
http://tanakaryusaku.jp/  田中龍作ジャーナル

■「小沢記者会見」報道のウソを暴く―TBSキャスターの掟破り

2011年10月8日 12:32      田中龍作 

***自らのルール違反を指摘されて憮然とするTBSの松原キャスター(中央)。悔し紛れに「ひどい記者会見だ」と言い放った。

   =6日夕、衆院第2会館。写真:筆者撮影=


陸山会事件の初公判後(6日夕)、小沢一郎・元民主党代表が開いた記者会見をめぐる報道は、▼各紙・各局とも批判一色だった。それをとやかく言うつもりはない。批判は自由だからだ。▼だが、事実をねじ曲げて自らを正当化するのは★戦中の大本営発表と同じではないだろうか。

 ★記者会見の現場に臨んでいない読者(国民)が、騙される記述がある。▼それは「テレビ局記者が4億円の融資署名を聞いたことに小沢氏が答えなかった」とするくだりだ。

 ▼朝・毎・読は翌7日の朝刊で次のように報道している――

 ▼「テレビ局の記者の質問は答えを得られず」(朝日)、▼「別の記者が質問する順番だとして質問者をたしなめた」(毎日)、▼「民放記者の質問を制止」(読売)

 ★こうなった背景はものの見事にネグレクトされている。実情を明かそう。▼テレビ朝日記者と共同通信記者の質問が終わったところで、▼司会役の岡島一正議員が「では次は、フリーの方も含めて」と指定した。▼記者クラブ限定ではなくフリーにも質問の機会を与えるためだ。▼会見場の雰囲気から察して、流れはフリーやネットに来ていた。

 ★そこに「TBS・News23」松原耕二キャスターが、紛れ込んで挙手したところ当たった。▼松原キャスターは社名も氏名も名乗らずに質問を始めた。▼フリーやネット記者を装ったのである。姑息と言わざるを得ない。

 ▼松原氏の正面の席に座っていた筆者は言った。★「社名と氏名を名乗って下さい」と。▼松原氏は渋々名乗った。

 そこで初めて▼小沢陣営が『ルール違反』と気づき、松原氏の質問を制止したのである。

 ▼記者会見に出席するマスコミ記者の人数は、フリーやネット記者の数十倍に上る。▼松原キャスターのような手法がまかり通ったら、フリーやネット記者が質問する機会は著しく減少するのだ。

 ▼「質問する記者は社名と氏名を名乗る」。記者会見における最低限のエチケットである。★鉢呂経産相辞任会見でヤクザまがいの暴言を吐いた某通信社の記者も、社名と氏名を名乗らなかった。

  【談合防止のためにもプレスセンターを】

 ★あまりにもレベルが低い記者会見は、民主主義を危うくする。官庁、大企業と記者クラブの間で談合が成立し、国民には真実が隠されてしまうからだ。▼経産省、東電、記者クラブが事実を隠ぺいし続けてきた原子力発電所の実態が何よりの例である。

 ★フリーやネット記者を入れるのは、透明性を担保する第一歩である。先ず記者クラブに質問させて、次にフリーやネットという指名方法も止める必要がある。▼テレビ中継の時間枠の中で自社の編集方針に沿った質問と回答を放送するために、長らくこの方式が取られてきた。

▼ だがこれこそ、国民の知る権利に背くものではないだろうか。テレビ局の興味と国民の興味は違うことの方が多いのだから。情報操作の危険性も生まれる。

 ▼日本の記者会見は、役所か大企業の本社などで行われる。抱き込まれにのこのこ行くようなものだ。これでは真実が隠されてしまって当然だ。

 ★役所や大企業からの独立性を保つためには、記者会見を別の場所で開く必要がある。FCCJ(日本外国特派員協会)のようなプレスセンターを設けるのだ。

 ▼主催権はフリーもネットも含めたジャーナリスト側にある。こうすれば少なくとも役所や大企業による世論操作が入り込む余地は格段に減る。

 ▼ここでいうプレスセンターとは、電力会社の東京支社を入居させているような「日本プレスセンター(日本新聞協会加盟社とその関係者のみ記者会見に参加可)」ではない。
 
 ▼知る権利はあくまでも主権者たる国民にある。記者クラブと役所、大企業による談合質問が続く限り、国民は判断材料さえ与えられないことになる。

*********************************************************************************


CML メーリングリストの案内