[CML 012407] Re: 原発、やめる?続ける?全国投票

金野奉晴 tk0612 at plum.plala.or.jp
2011年 10月 7日 (金) 07:20:27 JST


萩谷様

どなたでも参加できます。
また、どなたでも、どの地域でも主催できます。
開催場所と日時を事務局まで連絡し、集票結果を
報告すれば良いだけのことです。

丸いシールはホームセンター、文具店などで売っていますし、
ベニヤ板か段ボールなどで投票ボードは作れます。
配布するチラシは事務局のHPからダウンロードして、適宜印刷
します。180×60の横断幕も事務局で用意していますが、
これは1200円。かかった費用は集まった仲間で割り勘です。

道行く人に投票を呼びかけたり、質問に答えたりするので
多少の日本語が必要ですが、国籍は不問で、問われるのは
意識のみです。

原発の問題は世界の問題でもありますので、むしろ世界中の
国籍の人々が参加して是非を問うというスタイルは「有り」だと
思います。萩谷さんも事務局のHPをご覧になり、実施場所の
近くに住むお知り合いの外国人の方に参加を勧めてみて頂け
ませんか?

なお、国民投票という事ではないことは言うまでもございません。
全国投票という文言には「実施場所」という意味合いのみ含まれ
「全国民」という意味合いは含まれていません。(*^_^*)

金野

----- Original Message ----- 
From: "hagitani ryo" 
<liangroo at yahoo.co.jp>
To: "市民のML" 
<cml at list.jca.apc.org>
Sent: Thursday, October 06, 
2011 9:13 PM
Subject: [CML 012399] Re: 原発、やめる?続ける?全国投票


> 全国投票には、韓国人、中国人、フィリピン、タイ、ベトナム、フランス、アメ
> リカなどから日本に来ているひとも参加できるのでしょうか?
> 全国投票は国民投票ではありませんね? (^^)
>                      萩谷(在ガーナ)
>
>
> (11/10/06 13:07), 金野奉晴 
> wrote:
>> 皆さん、こんにちは。
>> 街頭投票やまなし@金野と申します。
>>
>> 「全国投票の会」http://genpt.exblog.jp/
>> の呼びかけに応じて「原発、やめる?続ける?」
>> 街頭シール投票を山梨でも実施します。
>> (今日現在、全国28カ所がエントリー。もっと増やしたい!)
>>
>> 原発廃止に拍車をかけたいという思いを胸に秘めて、中立の立場で
>> 下記の通り街頭に立ち、道行く人に声を掛けて意思表示していただく
>> シール投票を行いますので、ご都合のよろしい方はご協力下さい。
>> お願いいたします。m(_ _)m
>>
>> 11月5日(土)  午前10時     忍野村(忍野八海)
>>            午後2時30分  甲府市(岡島百貨店西側)
>>    6日(日)  午前10時     韮崎市(JR韮崎駅前)
>>            午後1時30分  北杜市(JR小淵沢駅前)
>> それぞれの場所での投票時間は、集票総数、参加者の体調、天候など諸々を勘
>> 案して
>> 臨機応変にその場で相談して決めたいと思います。
>>
>> 役割分担 
>> .棔璽匹鮗鵑砲けて投票を受け付ける係
>> 投票の趣旨などを掲載したチラシを道行く人に配布係
>> シールを道行く人に渡すシール係
>>
>> ご参加頂ける方はご連絡下さい。 
>> 
>> 配車、集合場所・時間などをおってご連絡します。
>> 近いところは現地集合になります。
>>
>> 以下にHP掲載の呼びかけ文を転載しますので、ご一読下さい。
>> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
>> 
>>
>>
>> 原発 やめる?続ける?全国投票 
>> 
>> 呼びかけ文
>>  福島原発事故は日本のかけがえのない大地と海を大量の放射能で汚染し、
>> 周辺住民はもとより、近隣各県の住民の生活、健康に深刻な被害を及ぼしてい
>> ます。
>> 原子力安全保安院は福島原発事故で放出された放射能(セシュウム137)
>> の量は広島原爆168個分と発表しましたが、事故から6ヶ月経ったいまも事
>> 故収束の
>> 目途は立たず、放射能放出は今後、長期にわたって続きます。ドイツは福島の
>> 事故を
>> 教訓にして2022年までにすべての原発を停止させることを決めました。イ
>> タリアも
>> 国民投票で原発廃止を決めました。しかし事故を起こした当の日本はまだ原発
>> を続けよ
>> うとしています。このことを国民がどのように考えているかを市民の手で確か
>> めるために、
>> 私たちは原発 やめる?続ける?全国投票を行うことにしました。
>>  投票は、原発は やめるべき、続けるべき、わからないの3つの部分に区分
>> けされた
>> (一枚の)投票ボードを街頭に設置し、通りかかる市民に丸いシールをボード
>> に貼って
>> もらうことによって自らの意思を表示してもらいます。この方法は最も気軽に
>> 投票して
>> もらうことができ、効率的、かつ公正に市民の意思を確認できる方法です。
>>  全国投票の実施期間は2011年10月15日(土)〜11月6日(日)で
>> す。
>> この期間の都合のいい日を選んで実施してください。
>>  全国の投票結果は、総理大臣、経済産業大臣をはじめ、すべての国会議員、
>> 原子力安全委員会、原子力安全保安院、そしてすべての電力会社に届けます。
>> 投票の詳細は下記のホームページをご覧ください。
>>           http://genpt.exblog.jp/
>>  全国投票が成功するかどうかは、全国でどれだけ多くの地域でこれに取り組
>> んで
>> いただけるか、そしてどれだけ多くの投票を集約できるかにかかっています。
>> 原発に関心をお持ちの全国の個人、団体のみなさんの全国投票へのご参加を呼
>> びかけます。
>> 2011年9月15日         事務局 野田隆三郎(岡山大学名誉
>> 教授)
>>
>> 呼びかけ人(9月15日現在) 
>> 
>>
>>  浅井 基文    広島市立大学広島平和研究所前所長
>>  池住 義憲    立教大学大学院教授、元自衛隊イラク派兵差止訴訟の会
>> 代表 
>>  池田香代子    翻訳家
>>  伊藤 成彦    中央大学名誉教授
>>  上原 公子    国立市前市長
>>
>>  岡本 三夫    広島修道大学名誉教授
>>  斎藤 貴男    ジャーナリスト
>>  崎山比早子    高木学校 
>> 
>>  高山 俊吉    弁護士
>>  寺尾 光身    名古屋工業大学名誉教授
>>  豊島 耕一    佐賀大学理学部教授
>>  西谷 文和    ジャーナリスト
>>  福田 雅章    一橋大学大学院法学研究科名誉教授、DCI日本支部代表
>>  毛利 正道    弁護士
>>  山口 正紀    ジャーナリスト
>>  矢山 有作    元衆議院議員
>>
>>
>> ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
>> 
>>
>>
>> 以上転載終わり
>>
>> 」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」 
>> 
>>
>>
>> 〒408-0003
>> 山梨県北杜市高根町東井出1802-1
>> 金野奉晴(コンノトモハル)
>> 0551-46-2359
>> 携帯080-5499-0612
>> メール k0612 at plum.plala.or.jp
>> ブログ http://utaoya.exblog.jp/
>> 」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」 
>> 
>>
>>
>>
>>
>
>
> 




CML メーリングリストの案内