[CML 012385] ■「陸山会事件」判決 記者生命をかけても私が言いたいこと(魚住 昭 /2011 年 10 月 4 日)

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 10月 6日 (木) 01:46:30 JST


nakataです。重複おゆるしください。
連続メールですみません!


■「陸山会事件」判決 記者生命をかけても私が言いたいこと。
ジャーナリスト魚住 昭 氏の下記投稿記事を目にしました。

ご紹介いたします。

「記者生命をかけても私が言いたいこと」
すごいな、、、この魚住氏のことばが身体の中で響いています。

丁寧に取材されてきた、魚住氏の投稿文をお読みください

今、日本の中で非難を恐れず、たった一人でも、
自分の信念を人生をかけて堂々と主張発言出来る人間は、
しかし本当に少なくなりましたよね。

ため息が出るくらい社会の質と層が劣化・悪化して、無責任な、
世渡り上手で、薄っぺらな優等生人間ばかりが見事に増えましたね。

日本の学校教育とマスメデイア総がかりの、
いわゆる国民の・意識・価値観・モラルの注入は、気づかないマインドコントロール。

国家官僚に立案され、机の上で練り上げられた、ことばとしては「企業に期待される人間像」
中曽根たちの中教審路線の日本の教育の成果と、、、これはやはり言えるのでしょうね(笑)

<下記転送・拡散歓迎>
***************************************************
http://uonome.jp/category/editors/uozumi-editors
(魚住 昭  責任総編集ウェブマガジン)

■「陸山会事件」判決 記者生命をかけても私が言いたいこと
http://uonome.jp/read/1990
2011 年 10 月 4 日 魚住 昭 


 ▼石川知裕著『悪党―小沢一郎に仕えて』(朝日新聞出版刊)が売れている。発売
直後で9刷5万部だからベストセラーだ。
 誰も知らなかった小沢一郎の実像が絶妙の距離感で描かれているから売れるのも
当然だろう。▼数多の小沢本(大抵はヨイショ本か、暴露本だ)が皆駄作に思えてし
まうほど良質な作品だ。
 
 ▼石川さんは陸山会事件で政治資金規正法違反の罪に問われている。この原稿が読
者の目に触れるころには東京地裁の判決が言い渡されているだろう。(筆者注・こ
の原稿は判決数日前に書きました)
 
 ▼判決内容がどうあれ、私は陸山会事件の取材者として伝えておきたい事実があ
る。▼この事件は「小沢潰し」のため仕組まれたものだ。▼断罪されるべきは検察の不
当で低劣な捜査だ。
 
 ▼私 がそう言い切る理由は以下の通りだ。▼もともと陸山会事件の本丸は水谷建設
のヤミ献金だった。▼04年10月、岩手・胆沢ダム下請け工事受注の謝礼として水
谷建設が小沢側に5千万円を渡したという疑惑である。
 
 ▼特捜部の調べに水谷建設の元社長は「六本木の全日空ホテルのロビーで石川秘書
(当時)に5千万円入りの紙袋を渡した」と供述した。▼これが事実なら悪質犯罪
だ。小沢本人も逮捕できると特捜部は色めき立った。
 
 ▼だが、このヤミ献金容疑は証拠が希薄すぎた。▼まず、元社長の供述を裏付ける現
金授受の目撃者がいなかった。▼当日、元社長を全日空ホテルに運んだという水谷建
設の運転手の供述も曖昧だった。▼さらには石川さんが受け取ったはずの5千万円の
行方も特定できなかった。
 
 ▼1 8年前のゼネコン汚職で特捜部は自民党の梶山静六・元幹事長を逮捕しよう
としたことがある。ゼネコン幹部が「1千万円を渡した」と供述したからだ。▼だが
強制捜査は直前になって中止された。▼ゼネコン幹部がそのカネを自分の懐に入れて
いたことが判明したためだ。▼この例でわかるように業者の供述を裏付ける証拠もな
しに現職代議士の石川さんを逮捕できなかった。
 
 となると残る手段は別件逮捕しかない。▼そこで浮上したのが不動産購入をめぐる
政治資金収支報告書の“虚偽記載”だ。ヤミ献金に比べるとカスみたいな「形式
犯」だが、購入時期のズレや、小沢氏個人からの借入金の不記載といった外形的事
実の立証は容易だった。▼これを入り口に石川さんらを逮捕し、ヤミ献金受領を自白
させて小沢氏の 逮捕に漕ぎ着ける―それが特捜部の描いたシナリオだった。
 
 ▼しかし石川さんは昨年1月15日に逮捕されてからヤミ献金受け取りを否認し続
けた。
 
 彼の獄中日記には「アリバイを証明して断固戦う」(1月20日)▼「副部長から
水谷についても立証できると言われた。本当にとんでもないことだ。▼検察は事件を
作るといわれているが、本当だ」(1月27日)「▼副部長は小沢事務所が何千万円
もゼネコンからもらったと思い込んでいる。何を言っても無理だ」(2月1日)と
▼調べの模様が克明に記されている。
 
 ▼結局石川さんの「自白」を得られず、特捜部は本丸のヤミ献金立件と小沢氏の起
訴を断念せざるを得なかった。戦後検察史でも例のない大失態だった。
 
 ▼そのうえ裁判では水谷建設が胆沢ダムの下請けでメリットのあるスポンサー(幹
事社)をとるのに失敗していて、▼小沢事務所に謝礼を払う理由がなかったことが分
かった。▼水谷建設の元会長も「裏金を渡すとき必ず『見届人』を同席させて相手方
への現金交付を確認させるのがウチのルールだが、▼それをしていないのが解せな
い」と元社長の私的流用を示唆した。
 
 ▼私の記者生命をかけて言うが、石川さんは嘘をついていない。▼5千万円のヤミ献
金は検察が作り上げた幻だ。▼たとえ判決が有罪でも石川さんには政治家を続けてほ
しい。▼泥にまみれても不条理と闘い続ければ、共感の輪は大きく広がっていく。▼真
実より強いものはないということがきっと証明されるはずだ。(了)
 
(筆者注・これは週刊現代「ジャーナリストの目」の再録です)

********************************************************************
 


CML メーリングリストの案内