[CML 012383] 「デモと広場の自由」のための共同声明に関して(3) ――雨宮処凛さんの「『デモと広場の自由』のための共同声明・記者会見。の巻」のご紹介

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2011年 10月 6日 (木) 00:54:49 JST


私のいまの政治的な閉塞状況―「表現の自由(注:もちろんデモという表現手段も含みます)という基本的
な権利そのものを『公共の福祉』への敵対的なこととみなし、こうした権利に露骨に介入する」(小倉利丸
「日本のデモに表現の自由はない」2011年9月13日)治安国家的状況―を打破するという意味での最大の
関心事は、東京・高円寺でリサイクルショップを経営する松本哉さんや作家の雨宮処凛さんらが参加する
「原発やめろデモ」会議が「デモと広場の自由」のための共同声明発表と相前後して日弁連にその救済を
求めた反原発デモ参加逮捕者の人権救済の申し立てを同日弁連がどれほどの情熱と熱意をこめて捌き
うるか。別の言葉で言えば、万国に認められているデモという表現手段を不当逮捕という国家的暴力で抑
圧しようとする警察権力の横暴と日弁連がいかに対峙しうるか、ということです。

そういう意味で先に発信したメールのパート3(注:パート2は下記をご参照ください)として『マガジン9』の
2011年10月5日号に掲載されている雨宮処凛さんの「『デモと広場の自由』のための共同声明・記者会
見。の巻」のエッセー的論攷をご紹介させていただこうと思います。面白くもあります。

注:「デモと広場の自由」のための共同声明に関して(2)――今回の警察のデモ参加者の不当逮捕は「特
定の考え方のグループに対する弾圧」にすぎないのか?(弊ブログ 2011年10月5日付)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-346.html

………………………………………………………………………………
「『デモと広場の自由』のための共同声明・記者会見。の巻」(雨宮処凛 『マガジン9』 2011年10月5日)
http://www.magazine9.jp/karin/111005/

 9月29日、私は有楽町の「日本外国特派員協会」にいた。「『デモと広場の自由』のための共同声明」の
記者会見をするためだ。

 この日の記者会見に出席したのは評論家の柄谷行人氏、慶応大学教授の小熊英二氏、一橋大教授の
鵜飼哲氏、そして私。

 なんとも豪華なメンバーがこうして一堂に会した理由は、9月11日の「原発やめろデモ!!!!!」で12人が逮
捕されるという異常事態に抗議してのものだ。この日の大量逮捕については第203回で書いた通りだが、
「そんなメチャクチャな逮捕を許さない」と、こうして「大物知識人」(私を除く)たちが動きだしたのである。

 ということで、会見に先駆けて26日にはサイトに柄谷氏、鵜飼氏、小熊氏が起草した「『デモと広場の自
由』のための共同声明」がアップされた。全文はこちらでご覧頂けるのでぜひ読んでみてほしい。

 この共同声明で特に私が好きなのは、今回の原発事故を受け「全国各地にデモが澎湃(ほうはい)と起
こってきたことは、日本社会の混乱ではなく、成熟度を示すものです」という点だ。その通りで、今まで、デ
モをすることが「特殊なこと」だと思われていたこと自体がおかしいのだ。この連載でも何度も触れてきた
が、「デモをする権利」は当たり前だけど誰にでもある。前回、イタリアのアンジェロさんがデモを主催した
ことからも明らかなように、外国人だって申請できる。デモが始まる72時間前までに出発地の最寄りの警
察署に申請すればいいだけだ。それだけで、私たちは「意思表示」ができるのだ。憲法21条で保障され
た、民主主義の基本的権利である。

 しかし、そんなことをこの国のどれだけの人が知っているだろうか? 少なくとも私自身、これほど気軽に
できるものだとはメーデーなどで自分自身がデモの実行委員となるまで知らなかった。イラク反戦デモ以前
は、デモと言えば「特殊な人たちの特殊な手段」だとすら、思っていた。どんなに素晴らしい権利でも、知ら
れていなければ存在しないことと同じだ。声明には、「民衆の意思表示の手段であるデモの権利を擁護しま
す」という一文もある。デモの権利は、その国の民主主義の度数を図るものだと思う。独裁政権下では、デ
モをしただけで射殺されることだってあるだろう。それを思えば、この権利は手放してはいけないものだし、
「脱原発デモ潰し」にしか見えない大量逮捕など、決して許してはいけないことだと思うのだ。

 さて、そんなことから「『デモと広場の自由』のための共同声明」が出され、私自身も呼びかけ人の一人と
なり、この日の会見に参加したわけである。会見場に行くと、既に記者席は満席で様々な国のメディア人で
埋め尽くされ、何台ものカメラが会見の様子を中継。そんな中、最初に発言した柄谷氏は、日本でデモが
なくなった/少なくなってきたのは80年代以降のことであり、それ以前はさかんに行われていたことに触れ、
言った。

 「日本でデモが少なくなってきたことと、これほど地震が多い国に54基も原発が作られたことには深い関
係があります。それは、原発に反対するという意思表示ができなくなってきたということです」

 その背景にあることとして柄谷氏が挙げたのは、労働組合の弱体化や社会党の消滅、そして90年代に
新自由主義体制が確立したことなど。そのことと、原発が大量に作られ続けてきたことにはやはり大きな関
係があることを指摘し、こう続けたのだった。

 「地震のあと、外国人は日本人の冷静さを賞賛しました。しかし、同時に不可解でもあったはずです。どう
して日本人は抗議しないのか、怒らないのか。しかし、3・11の原発震災以降、デモが始まりました。私は
単に原発に反対するだけでなく、個々人がその意志をデモで表現することが重要だと思います。その意味
でようやく日本人が意思表示を始めたのだと思います。日本でやっとデモが始まったことに希望を見いだし
ています。そのきっかけを作ったのは素人の乱の若い人たちです。彼らは新しいデモの形式を作り出した。
私は彼らに感謝しています」

 隣でその言葉を聞きながら、なんだか顔がニヤけるのを抑えることができなかった。だって、なんかすご
く頭のいい人に「デモをやってる」ってことだけで大掛かりに褒められてるみたいなものではないか! もう
この5年くらい散々デモをやってきたが、けなされたり馬鹿にされたり、果ては近しい人にまで「好きだよね
ー」と呆れられた経験はあっても褒められたことなど一度もない。それがなんと、柄谷行人氏という、おそら
く私には難解すぎて読めない本を書く知識人にものすごく「評価」されているのである。デモやってるってこ
とだけで。

 会見が終わったあと、「いやー、なんか自分がやたらデモばっかしてることがすごい偉いような気がして
きましたよー」と柄谷氏に告げると、「偉いよ!」と言われ、またしても気分が良くなったのだった。これから
は、私がデモに行きまくってることを馬鹿にされたら、「そんな私の存在こそがこの国の民主主義の成熟度
を表すものなのだ」と反論しよう。しかも、デモにはダイエット効果もある。3・11以降、私は12回のデモに
参加したが、炎天下の中歩き続け、躍り続けるデモなどに行きまくったおかげでなんの苦もなく5キロの減
量に成功。デモは美容と健康にも効果抜群なのである。「楽しみながら痩せる デモダイエット☆」なんて本
を出したら売れるだろうか。柄谷さん、帯コメントとか書いてくれないかなー。

 ということで、改めて「デモ」の大切さを実感したのだが、「自分の頭で考えて行動する」って、人として最
低限果たさなければならないことではないだろうか? 逆に私はそうしていなかった頃の自分の方が、よ
ほど異常という気がするのだ。そしてそんな「人任せ」の作法を多くの人がとっていたからこそ、地震大国
に世界中の1割以上の原発が集中するというあり得ない状況が放置されていた。貧困問題だって同じだ。
「誰かがなんとかしてくれる」。そんなうっすらとした無責任な思いを多くの人が持っていればいるほど、ど
んな悲劇も放置される。どんな不条理もまかり通る。

 また、私は基本的に人間不信なので、政府とかほとんどの政治家とかをまったく信じてないし信じるつも
りもない。だからこそおかしいことには「おかしい」と声を上げ続けたいし、それこそがこの社会に生きる一
員としての最低限の「自己責任」だと思うのだ。

 そう、自己責任って、他人を責めて追いつめる言葉ではなく、この社会に生きる大人として、自分がどれ
ほど責任を果たしているか、自らに問う言葉ではないのだろうか。「大人」というと経済的自立ばかりが強
調され、また「より多くの利益を生み出す人間」ばかりがもてはやされる世の中だが、私の中での大人の
定義はそんなものではない。私の中での大人定義は、自らの頭で考え、おかしいと思うことにはちゃんと
おかしいと声を上げ、行動する存在だ。そうして近い未来や遠い未来に理想を描き、そのために変えよう
という意志を持ち、実際に変えていくために動く存在。この定義は、「経済的に自立してる」くらいよりよっ
ぽどハードルが高いだろう。しかし、そういう大人が増えれば、確実にこの国は変わっていくと思うのだ。
そして私はまだまだ及ばないものの、そんな大人になりたいと思い続けてきた。

 さて、この日の会見で述べた通り、「原発やめろデモ」会議では、今回の大量逮捕について、日弁連に
人権救済の申し立てをした。おかしいことにおかしい、と声を上げている人は、実はたくさんいるのである。
「原発やめろデモ」には今までのべ7万人近くが参加しているわけだし、この日記者会見に登場した知識
人たちも今回の逮捕を「おかしい」と思い、それを伝えるために声明を出し、わざわざ海外メディアの前で
記者会見まで開いた。もちろん、そんな行動は1円にもならない。そして私は、そんな人たちがとてもカッ
コいいと思うのだ。

 私には、「こんなふうになりたいな」と思う魅力的な「大人」がたくさんいる。それはとても、幸せなことだと
思うのだ。
………………………………………………………………………………


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/



CML メーリングリストの案内