[CML 012375] ■〔フクシマ・毎日新聞・記者コラム〕 「民主主義の波」 滝野隆治(社会部)

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 10月 5日 (水) 16:31:28 JST


nakataです。重複おゆるしください 
メールいつもありがとうございます。


 <下記歓迎転送>
  
= 机の上の空 大沼安史の個人新聞=
■〔フクシマ・毎日新聞・記者コラム〕 「民主主義の波」 滝野隆治(社会部)

ブログから記事のご紹介です。
9・19東京・明治公園で開かれた「さようなら原発」集会。
毎日の紙面一杯に大きくヘリからの空中写真には、息をのむすごい迫力と、
▼伝えようとする記者気の持ちが伝わり感動しました。
すごい!人々が立ち上がっている!!と。

▼ところが朝日は、当日小さな記事でしか、当日の様子を伝えませんでした。

その扱い方には、読者にはほんとうの今起きている国民の動きを伝えようとしない。
国民の目をそらす、メデイアのスピンの手法を使い、知られてはまずい。
▼やはり隠そうとする意図が伺われました。

、、もちろん、読売、日経も当日集会記事はなく、まったく無視でした。

▼地方紙ですが、東京新聞は、企業広告を経団連・電通などからどんどん減らされて、
新聞社経営の基盤へのゆさぶりを受けながらも、するどい紙面づくりをし、現在なにクソと頑張ってます。

▼みなさん、応援して今、他紙購読であるなら切り替えて、応援をおねがいしたいと思います。

▼長年、国家権力側の共犯者であるんだと一人一人が、今こそ自覚し、マスメデイアに対しては、
買わない・視聴しないの不買運動を使い、権力に対して国民は抵抗しましょう。

大沼安史さんの記事にも、同じ思いのことばが、文章の最後にありましたので、ここに貼り付けさせていただきます。

★☆ 首都圏は東京新聞、全国紙は毎日新聞を購読しよう! NHKの受信契約は解除しよう!☆★

*********************************************************** 

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/10/post-dc2c.html#more
机の上の空 大沼安史の個人新聞
2011-10-05
■〔フクシマ・毎日新聞・記者コラム〕 「民主主義の波」 滝野隆治(社会部)

滝野さん、ガンバレ!
 → http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20111005k0000m070165000c.html
---------------------------------
 ▼先月19日に東京・明治公園で開かれた「さようなら原発」集会にはどうしても身を置いておきたかった。▼大江健三郎さんらが呼び掛けたこの集会の成否が、今後の原発のあり方に影響を与えると考えていた。▼60年、70年安保のデモの熱情を知らぬ者として、「民主主義の現場」を見ておこうと。

 ステージ正面、労組の旗がはためくエリアにいたから分からなかったが、会場に入りきれないほどの参加者がいたと同僚記者から聞いた。▼赤ちゃんを抱いたお母さんや若者の個人参加が目立ったという。6万人(主催者発表)の熱気と圧迫感。「聞こえないよー」の声が遠くから聞こえる。デモ開始を待ちきれない一団が太鼓をたたき始める。そういえば、アイドルグループが「ダ、ダ、ダッ、脱原発!」と歌っていた。▼深刻なテーマを軽やかな雰囲気にするのもこの時代のスタイルであろう。

 ▼真夏を思わせる日差しで熱くなったアスファルトに座り、スピーチに聴き入った。一番心にしみたのは、福島から参加した武藤類子さん(58)の話だ。▼まるで詩のように、続く言葉。「逃げる/逃げない、食べる/食べない、洗濯物を外に干す/干さない、子供にマスクをさせる/させない……」。▼そうなのだ、福島の人たちは暮らしの中で日々、重い決断をしているのだ、いまも。「何かにもの申す/黙る……」

 ▼原発から45キロ離れた福島県田村市で喫茶店を営んできた。周囲のキイチゴ、ドングリを使ったメニューを出せず、▼店は再開できないでいる。▼武藤さんはステージの上から波を見た。88年、チェルノブイリ原発事故2年後の東京デモに参加したときより、何倍も大きな人の波、波。黙ってはいられない。▼「あの時もすごかったけど、何年かたつと忘れられてしまった。今度こそ忘れないでほしいのです」
---------------------------------------- 

★☆ 首都圏は東京新聞、全国紙は毎日新聞を購読しよう! NHKの受信契約は解除しよう!☆★

**************************************************************




CML メーリングリストの案内