[CML 012371] ドイツ放射線防護協会・会長の S. プフルークバイル博士の講演資料

Ryuji Urata harappa at oct-net.ne.jp
2011年 10月 5日 (水) 08:09:36 JST


大分県ゆふいんの浦田龍次です。

2011年10月2日、
ドイツの放射線防護協会会長のセバスチャン・プフルークバイル博士と、
独日平和フォーラム会長のオイゲン・アイヒホルン教授をお招きして、
「伝えられないチェルノブイリ、フクシマ、ドイツの放射能汚染の現実」
と題した講演会を湯布院で開催しました。

講演を終えた翌朝、お二人をJR由布院駅に車でお送りした際、
帰る間際に、S.プフルークバイル博士から、
「ホームページで公開してほしい」と言われ、
講演のパワーポイントの内容を含む資料をデータでいただきました。

そのデータを、以下の風の原っぱHPに掲載しましたので、お知らせします。

http://www.jca.apc.org/~uratchan/harappa/


資料は以下の2つです。

)!セバスチャン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)の
 今回の講演用パワーポイント資料

)"あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値
 フードウォッチ・レポート、
 トーマス・デルゼー、S・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会)編
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部との共同作成 2011年


-- 



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
浦田龍次 Ryuji Urata〔e-mail〕harappa at oct-net.ne.jp

     特定非営利活動法人 ムラづくりNPO 風の原っぱ
     tel&fax 0977-85-5003
     http://www.jca.apc.org/~uratchan/harappa/

     「食」でつながり「食」で支え合う「原っぱカフェ」
     http://www.jca.apc.org/~uratchan/harappacafe

     ブログ 風の原っぱ&原っぱカフェ
     http://harappacafe.blog134.fc2.com/


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


CML メーリングリストの案内