[CML 012369] 提言:〈3・11〉以後の〈私たち〉と〈パレスチナ〉――ヨルダンへの原発輸出の動きから問われるもの

IMAI Yasuko i-yasuko at muf.biglobe.ne.jp
2011年 10月 5日 (水) 01:28:45 JST


皆さま、

イマイジンと申します。

ミーダーン〈パレスチナ・平和のための広場〉では、以下の「提言」を作成しまし
た。ぜひお読みください。また、転送・転載もよろしくお願いいたします。


【転送・転載歓迎】
======================================================================
                        ミーダーン〈パレスチナ・平和のための広場〉

                       提言:〈3・11〉以後の〈私たち〉と〈パレスチナ〉
                       ――ヨルダンへの原発輸出の動きから問われるもの
----------------------------------------------------------------------

○はじめに
 3月11日のあの巨大な地震と津波、そしてそれに続く福島第一原子力発電所での事
故から、半年あまりが過ぎました。天災によるとてつもない被害だけでなく、四つの
原子炉で水素爆発や炉心溶融といった事態が生じ、原発周辺地域一帯では将来長期間
にわたり、住民の帰宅やコミュニティの再建が絶望的となっています。避難を強いら
れた人たちがいる一方で、避難したくても出来ない人たちや、迷いや葛藤のなかに投
げ出されたままの状態の人たちもいます。被害の有無や程度の差は明らかですが、光
景としては見えない被害の深刻さや、語られることのないさまざまな思いの大きさ
は、単純に比較できるものではありません。
 福島第一原発の周辺地域の状況に関して、パレスチナに関わってきた人たちのなか
からは、ナクバ当時のパレスチナ人の状況や、現在なお続くパレスチナ人の難民状況
が否応なく重なり合って見えるといった指摘がなされてきました。また、広範な自主
避難地域でコミュニティが分断されていることについても、難民キャンプを含めたパ
レスチナの分断状況に重なって見えるといった声があります。多くの人たちがそれぞ
れのやり方で〈被災地〉とつながろうとしたり、あるいはまさに〈被災者〉として生
きながら、〈日本のなかのパレスチナ〉を自分の問題として考えようとして来まし
た。これまでパレスチナをはじめとする中東地域の動きに注目してきた私たちミー
ダーン〈パレスチナ・平和のための広場〉としても、〈3・11〉以後の日本社会のな
かで〈パレスチナ〉と関わり続けることの意味を積極的に考え、提起していきたいと
思います。

○ヨルダンとの原子力協定の現状
 8月26日、衆議院外務委員会で採決される方針だったヨルダンとの原子力協定の承
認が、参考人の強い反対意見によって見送られました。これは昨年9月にすでに署名
され、福島原発事故後の今年3月31日、参議院本会議で可決されていたものです。同
協定は、原子力の「平和的目的に限った利用」における協力における法的枠組みを定
めたもので、IAEA(国際原子力機関)による審査等の枠組みのもとで行われること、
原子力安全関連条約に基づく措置が取られること、核物質の第三国移転の規制および
ヨルダンにおける核物質の濃縮・再処理の禁止、などがそこには含まれています。
 ヨルダンの原発受注は、三菱重工とフランスのアレバ社の企業連合、ロシアのアト
ムストロイエクスポート社、カナダのAECLの三者が入札し、11月までに選定されると
いう予定で進んでいるため、政府は早期の承認を目指していました。衆議院での今回
の通過は免れたものの、閉会中審査(継続審査)の扱いが可決されたので、今後の野
田現政権の姿勢をなお注視する必要があります。
 日本の原発政策が今後どのような方向をとるにせよ、福島第一原子力発電所の事故
への対応が進まず事故原因の調査も終えていない段階で、日本の原発技術を国外に売
り込もうとすることは、いずれの国に対してであれ、道義上許されるものではありま
せん。また、仮に事故のリスクを問わないとしても、最終処分手段をもたない「核の
ゴミ」を大量に生み出し続け、解決手段のない大きなツケを次世代に先送りする国を
世界中にさらに増やしてゆこうとすることは、いかなる理由によっても正当化できる
ものではありません。
 野田政権は、菅政権の「脱原発」路線を修正し、定期検査中の原発の再稼働を目指
しているようですが、少なくとも国内での今後の新規建設については、もはや相当困
難であるはずです。したがって、原発技術を何とか維持しようとする原発産業界の目
は、今後ますます海外に向かうことでしょう。しかし、日本国内で仮に原発が一基も
稼働していない日が来たとしても、日本の企業が原発技術を維持し、それを海外に売
り込むのであれば、真の「脱原発」とは言えません。もはや日本国内だけの視点で
「脱原発」を考えていてはならないと思います。
 現在日本企業が原発輸出を目指す相手国は、ヨルダン以外にベトナム・インドネシ
ア・インド・トルコ・サウジアラビアなど多数あり、先の国会で原子力協定締結承認
が目指されていたのは、対ヨルダンのほか、対ロシア・韓国・ベトナムのものでし
た。私たちミーダーン〈パレスチナ・平和のための広場〉としてはとりわけヨルダン
に対する原発輸出の動きに対し注意と警戒を呼びかけるものですが、それぞれの地域
に対するいずれの動きに対しても重大な注意が払われるべきだということは、言うま
でもありません。

○ヨルダンにおける原発建設の問題
 ヨルダンにおける原子力発電所の建設予定地アル=マジダルは、首都アンマンから
北東に40キロ程度しか離れていない内陸部にあります。仮に100キロで円周を取れ
ば、シリア南部だけでなく、パレスチナのヨルダン川西岸地区は、ほぼ全域が収まり
ます。ヨルダン国内とはいえ、この圏内に暮らすパレスチナ人の総数は、ヨルダン国
籍取得者も含め、600万人ほどにもなるはずです。福島第一原発レベルの事故が起き
た場合、ヨルダン国内よりもはるかに人口が密集するパレスチナ側に対しても甚大な
被害をもたらすことを、ヨルダン政府はどのように考えているのでしょうか。
 1947年の国連パレスチナ分割決議以降、1948年のイスラエル建国、さらに1967年の
六月戦争をピークとしながら、この地のパレスチナ人たちは現在に至るまで追放と難
民化の状況を生きています。福島原発周辺地域の人々が、豊かな生活文化を築いてき
た土地から、自らの意思とはまったく無関係に追われるという〈難民状況〉を強いら
れているなか、日本企業がまさにそうした事態の元凶である原発をパレスチナ難民の
暮らす地域に建設するなどという計画はそれ自体、〈難民状況〉を生きるパレスチナ
人や、福島原発周辺地域の人々に対する信じがたい冒涜です。
 ヨルダンに対する原発輸出の問題について、8月24日の衆議院外務委員会参考人質
疑のなかで田辺有輝氏(「環境・持続社会」研究センター理事)は、首都アンマンと
工業地帯ザルカーに近いことによる「甚大な事故影響」のほか、立地上の問題として
は冷却水確保が困難なこと、およびシリア・アフリカ断層上に位置するヨルダンの地
震リスクを挙げました。他方で服部拓也氏(日本原子力産業協会理事長)は原発輸出
推進の立場から、ヨルダンが日本の耐震設計に関心を示していることを指摘し、澤昭
裕氏(国際環境経済研究所所長)も同じく推進の立場から、仮に日本がヨルダンに原
発を供給しなくとも他国が供給することになるので、高い安全基準をもつ日本の原発
によって世界の安全に寄与した方が良い、と述べています。また澤氏は、ヨルダンで
の原発建設のリスクに対する指摘を受けてなお「途上国が原発を進めるなか、日本が
安全な方法での推進策を提示しなければ、途上国は選択肢を失う」「安全対策は各国
が自分で行うべきこと」だと述べています。日本国内の原発に対し、これだけの欠陥
や問題が指摘されているなかで、あたかも相手国の安全に貢献することを目的として
いるかのような原発輸出推進の主張の疑わしさには、十分に注意する必要がありま
す。

○「平和利用」の実態
 もちろん日本による原発輸出が止まればそれで済む問題ではなく、原発技術をもつ
それぞれの国の住民が、自国の原発輸出を止める努力をすることと同時に、新規導入
国になろうとするヨルダンのような国において、その住民が原発の危険性と問題性を
認識し、政府に働きかけてゆくことが必要です。ヨルダンにおいては、グリーンピー
スなど従来からの環境団体だけでなく、中東諸国における民主化革命の流れに刺激を
受けてか、反原発に焦点を絞った新しい動きが出てきていることが注目されます。同
時に、ジャーナリストなどを含めた民間の知識人層から、「核エネルギーの平和的利
用」を求める機運が出てきていることにも注目する必要があります。隣国イスラエル
がNPT(核不拡散条約)に加盟しないまま核開発を進めてきたなかで、ヨルダンのよ
うな親米の資源小国が、NPTの枠内で堂々と「平和的利用」を求めることは、ある意
味で当然です。ヨルダンにおける原発建設の問題において本来まず問われなければな
らないのは、建設上のリスクなどではなく、イスラエルの核開発と占領政策とに対し
て、ともに見て見ぬふりをしながら黙認してきた国際社会の欺瞞性であり、「被爆
国」日本の一貫しない姿勢です。
 これは福島の原発事故以前から存在してきた問題です。中東への原発輸出推進政策
も、とりわけ民主党・菅政権で目立って推進され始めたことをふまえれば、私たちは
もっと早くからこの問題に注目し、発信すべきでした。日本国内における原発の問題
と同様、「知っていた」にもかかわらず、忙しさのなか手が回らないことを言い訳
に、問題を深く知りそれについて発信しようとしてこなかったことを、私たちは恥ず
かしく感じています。
そのことをふまえ、なおかつ「今さら」何かを言うことに意味があるとすれば、一つ
には、〈3・11〉以降日本の中でようやく広く知られるようになった原発労働の問題
があるでしょう。原発は事故のリスクや「核のゴミ」の問題を抱えるだけではなく構
造的に被曝労働を不可避としており、野宿労働者を含めた底辺の労働者の犠牲の上に
成り立つ差別的なシステムであるということが、以前に比べずっと広く認知されるよ
うになりました。ヨルダンで原発が建設されたとき、その被曝労働の担い手は誰にな
るのでしょうか。国外から外国人労働者が集められるにせよ、キャンプ出身のパレス
チナ難民が原発に入るにせよ、彼らの被曝や健康被害の実態は、日本でそうだったの
と同様、一般に広く知られることもないままに葬り去られてしまうことでしょう。
 また、見落としてはならないのは、原発の主要な核燃料であるウランの採掘がヨル
ダン国内で行われることによって、深刻な環境破壊が予想されることです。資源の少
ないヨルダンで世界の全ウラン量の2パーセントほどに相当するウランが発見され、
2008年には、アレバ社とのあいだで採掘にかんする合意が取り交わされています。ウ
ランそれ自体も半減期45億年(ウラン238の場合)というとてつもないものですが、
採掘によってウランを含んだ大量の鉱滓や残土が生まれ、世界中のウラン鉱山周辺部
でドラム缶に詰められたまま、放置されています(ヨルダンで建設が計画されている
100万キロワット級の原発一基が一年間稼働すると、ウラン鉱滓・残土を含む放射性
物質は、ドラム缶700万本分と試算されます)。

○情報の発信と共有、意見交換を
 こうした問題は、ヨルダンはじめ中東各国では、まだまだほとんど知られていない
と思われます。福島原発の事故そのものは中東地域でも報じられましたが、これだけ
では「地震による事故の経験をふまえた、より安全な原発技術の供給」という推進派
の主張を封じることは出来ません。危険や被害の状況をセンセーショナルに伝えるだ
けではなく、環境破壊と被曝問題、原発の建設にともなう国家の情報一元管理、テロ
対策を含めた監視強化、反対する人々への弾圧やコミュニティの分断等々を含め、原
発が社会全体のありようを変えてしまう存在であることを伝えることが不可欠であ
り、そのさいには日本社会の経験が深刻に捉えかえされねばならないでしょう。ま
た、その上で避けて通れないのは、「核保有国」による核の独占を認めた核不拡散体
制の矛盾と、表面的な「非核」とひきかえに核の「平和利用」を進めてきた日本のあ
り方を自らの問題として問うという根本的な議論です。「原発がなくても電力は足り
る」という主張は正論ですが、エネルギー・フトの観点からだけでは、原発輸出を止
めるどころか、国内の原発さえも止めることは出来ないのではないでしょうか。電力
が足りようが余ろうが、支配層が潜在的な核武装能力を手放そうとしない限り、原発
は動き続けるでしょう。
 私たちは真の意味で日本が核と決別してゆく道筋こそが、原発輸出の停止を含めた
日本の脱原発を実現する道筋であると考えます。またそれがイスラエルを含めた中東
の非核化、そして核管理体制の地平を打破する真の核廃絶の道筋と重なるよう願うこ
とを表明し、これをもってとりあえずの提言とします。
 私たちの問題意識を多くの人たちと共有し、意見交換してゆきたいと思います。本
提言を読まれた方々からのご意見、不十分な点や事実誤認に対する指摘および批判を
歓迎します。どうぞ忌憚のない応答をお寄せ頂けるよう、お願い申し上げます。

【連絡先】
ミーダーン〈パレスチナ・平和のための広場〉
midan.filastine at gmail.com
http://midan.exblog.jp/

----------------------------------------------------------------------




CML メーリングリストの案内