[CML 012368] サルでも解るTPP

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 10月 5日 (水) 01:12:20 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 菅直人前首相が突然加盟を表明し、現在の野田首相が加盟に前向きという
 
  TPP
 (Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)
 「環太平洋戦略的経済連携協定」
 
と言うのがあります。

 「毎日」・「朝日」新聞など大手マスコミは日本のTPP早期加盟を盛んに主
張しています。TPP加盟によって日本経済は袋小路状態から脱却できると魔法
の杖のように書き立てています。
 
 しかし、TPP加盟によってもたらされるのは「農民と労働者の地獄、大企業
と金持ちの楽園」、そして日本がアメリカの経済的植民地になることです。
 
 「TPPは農業だけの問題ではないか」と多くの人々が思っています。
 
 しかし、TPPは農業だけでなく、労働や医療などあらゆる分野に規制緩和と
自由競争を強いる貿易協定です。
 
 例えば、当たり前に見かける「遺伝子組み換え作物でない」食品表示がTPP
加盟によって禁止されます。
 「職場の過半数以上の労働者で組織しなければ労働組合の結成は認めない」と
労働基準方が改正され、少数労働組合の存在が否定されます。
 原発建設が推進されます。

 TPPの恐ろしさを大変わかりやすく説明しているHPがあります。
 
 ツイッターで知りました。
 
 「サルでもわかるTPP」
 http://luna-organic.org/tpp/tpp-1-1.html
 
 かわいいサルとネコが、一見複雑なTPPをわかりやすく説明します。
 これはおすすめです。
 
 坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内