[CML 012352] 佐久間忠夫さん・斎藤亘弘さん『青春70歳ACT』出版を記念して(第 17 回 CS 神奈川懇話会)のご案内

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 10月 4日 (火) 02:08:07 JST


紅林進です。
   
  先ほど私の関わっています政治の変革をめざす市民連帯(略称:市民連帯、   CS)の神奈川のグループが開催しますCS神奈川懇話会のご案内の中で、
  12月9日(金)に開催します第17回CS神奈川懇話会のご案内が抜けて
  おりましたので、改めてご案内させていただきます。
  


  <第17回CS神奈川懇話会>
『青春70歳ACT』出版を記念して

話題提供:斎藤亘弘さん(東京大空襲訴訟原告・東京大空襲犠牲者遺族会)
話題提供:佐久間忠夫さん(元鉄建公団訴訟原告・国鉄労働組合OB)
日  程:2011年12月9日(金曜日)  
時  間:午後6時30分開始(6時開場)
場  所:中原市民館2F第1会議室(JR南武線・横須賀線
        または東急東横線武蔵小杉駅より徒歩約7分)
所 在 地:川崎市中原区新丸子東3―1100―12パークシティ武蔵小杉
      ミッドスカイタワー1・2階(電話044−433−7773)
参 加 費:500円(懇親会費別) / カンパ歓迎
主  催:政治の変革をめざす市民連帯・神奈川
連 絡 先:070−6641−7850(佐藤)

◆CS神奈川懇話会で以前お話して頂いた斎藤亘弘さん・佐久間忠夫
  さんが、『青春70歳ACT――若者へのメッセージ』(ロゴス)を出版し
  ました。敗戦からフクシマまで、平和運動や労働運動の中で生き抜いて
  きたお二人は、何を私たちに訴えかけているのでしょうか。あるいは、
  現在も闘い続けるお二人の活動は、何を私たちに示唆しているので
  しょうか。そこで今回の懇話会では、斎藤さんと佐久間さんを再度
  お招きし、この著書について紹介して頂きます。是非、お気軽にご参加
  ください☆

   
   
   
  紅林進です。
   
  私の関わっています政治の変革をめざす市民連帯(略称:市民連帯、 
  CS)では、東京、神奈川、千葉、埼玉・群馬の各地で、さまざまなテーマ
  のCS懇話会を開催していますが、新たに開催が決まりました第16回
  CS神奈川懇話会のご案内をさせていただきます。
   
   
  (以下、転送・転載大歓迎)
   
  <第16回CS神奈川懇話会>
  
テーマ:「沖縄・八重山の教科書問題」
日  程:2011年11月18日(金曜日)  
時  間:午後6時30分開始(6時開場)
場  所:中原市民館2F第1会議室(JR南武線・横須賀線
        または東急東横線武蔵小杉駅より徒歩約5分)
所 在 地:川崎市中原区新丸子東3―1100―12パークシティ武蔵小杉
        ミッドスカイタワー1・2階(電話044−433−7773)
地  図=>http://www.city.kawasaki.jp/88/88nakasi/home/access.html
参 加 費:500円(懇親会費別) / カンパ歓迎
主  催:政治の変革をめざす市民連帯・神奈川
連 絡 先:070−6641−7850(佐藤)
報  告:「八重山の教科書問題」谷田部光昭さん(西表島在住・市民
        自主学級企画委員)
特別報告:「川崎の教科書運動」元公立高校教員(川崎の教科書問題を
         考える会)
司  会:佐藤和之(佼成学園教職員組合執行委員)

◆2011年夏、各地で「つくる会」系教科書採択の策動が強まりました。
  特に注目されるのが、沖縄県八重山地区(竹富町・与那国町・石垣市)
  における、育鵬社版中学「公民」教科書採択をめぐる攻防です。この
  教科書は、憲法を否定的に扱い改憲を促し、国防の義務を叫び、原発
  を「増大するエネルギー需要をまかなうものとして期待されています」と
  記述する、問題の多いものです。また、事態の背景には尖閣諸島を
  めぐる領土問題や、先島諸島への自衛隊配備問題が存在します。
  そこで今回の懇話会では、谷田部光昭さんに現地からの報告をして
  頂きます。さらに特別報告として、川崎における「つくる会」系教科書
  採択阻止運動も紹介して頂きます。是非、お気軽にご参加ください☆

【参考サイト】http://teyata.blog.ocn.ne.jp/
  

 
  なおCS神奈川懇話会では、この第16回CS神奈川懇話会の前に、
  今週末10月9日(日)に第15回CS神奈川懇話会を開催します。
   
      <第15回CS神奈川懇話会>
   
  テーマ:「震災後の非正規労働」
問題提起:阿久津真一さん(キャノン非正規労働者組合 宇都宮支部 
         書記長)
日  程:10月9日(日曜日)  
時  間:午後1時30分開始(1時開場)
場  所:中原市民館2F第1会議室(JR南武線・横須賀線
        または東急東横線武蔵小杉駅より徒歩約5分)
所 在 地:川崎市中原区新丸子東3―1100―12パークシティ武蔵小杉
        ミッドスカイタワー1・2階(電話044−433−7773)
地図:http://www.city.kawasaki.jp/88/88nakasi/home/access.html
  参 加 費:500円(懇親会費別) / カンパ歓迎
主  催:政治の変革をめざす市民連帯・神奈川 
  後  援:佼成学園教職員組合
連 絡 先:070−6641−7850(佐藤)

◆3月11日の原発震災以降、非正規労働者の労働は過酷を極めて
  います。福島第一原発では今も、請負労働者が被曝労働を余儀なく
  されています。震災「不況」を口実にした、雇い止めや派遣切りも、
  全国的に後を絶ちません。そして、北関東を拠点とするキャノン非正規
  労働者組合のメンバーも、原発震災による被害を受けました。そこで
  今回の懇話会では、「計画停電」でお招きできなかった阿久津真一
  書記長に来ていただき、偽装請負や違法派遣の実態、キャノン争議の
  闘争経過、また各地の非正規労働運動の情況を報告してもらいます。
  是非、お気軽にご参加ください☆
   
  http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi/63077164.html


   
   
   
    <第17回CS神奈川懇話会>
『青春70歳ACT』出版を記念して

話題提供:斎藤亘弘さん(東京大空襲訴訟原告・東京大空襲犠牲者遺族会)
話題提供:佐久間忠夫さん(元鉄建公団訴訟原告・国鉄労働組合OB)
日  程:2011年12月9日(金曜日)  
時  間:午後6時30分開始(6時開場)
場  所:中原市民館2F第1会議室(JR南武線・横須賀線
        または東急東横線武蔵小杉駅より徒歩約7分)
所 在 地:川崎市中原区新丸子東3―1100―12パークシティ武蔵小杉
      ミッドスカイタワー1・2階(電話044−433−7773)
参 加 費:500円(懇親会費別) / カンパ歓迎
主  催:政治の変革をめざす市民連帯・神奈川
連 絡 先:070−6641−7850(佐藤)

◆CS神奈川懇話会で以前お話して頂いた斎藤亘弘さん・佐久間忠夫
  さんが、『青春70歳ACT――若者へのメッセージ』(ロゴス)を出版し
  ました。敗戦からフクシマまで、平和運動や労働運動の中で生き抜いて
  きたお二人は、何を私たちに訴えかけているのでしょうか。あるいは、
  現在も闘い続けるお二人の活動は、何を私たちに示唆しているので
  しょうか。そこで今回の懇話会では、斎藤さんと佐久間さんを再度
  お招きし、この著書について紹介して頂きます。是非、お気軽にご参加
  ください☆


   
   
  また政治の変革をめざす市民連帯では、10月23日(日)には
  下記の講演会を開催いたします。
     
    <10・23講演会「政局を日本の特質から視る」>
   
  講師:西川伸一さん(明治大学教授)
  日時:10月23日(日)午後2時30分
場所:文京区民センター(地下鉄春日駅、後楽園駅下車)
      地図http://www.b-academy.jp/faculty/c04_01_j.html?area=mainColumn
  参加費:700円
主催:政治の変革をめざす市民連帯
      URL:http://www.siminrentai.com/ 
   
   ※西川伸一さんは、市民連帯の会員でもあり、今年4月から
    『週刊金曜日』の政治コラムを月に1回執筆しています。
   



  
 

   
 


CML メーリングリストの案内