[CML 012341] 被曝労働者を撮り続けてきた写真家・樋口健二さんの講演会

合同出版株式会社 ueno at godo-shuppan.co.jp
2011年 10月 3日 (月) 18:35:09 JST


 合同出版よりご案内 【2011/10/3】

 *転送・転載歓迎
(同様メールを重複して受信された方、ご容赦ください)

 写真家の樋口健二さん関連のイベントをご案内いたします。
 樋口さんは、報道写真家として、1960年代から四日市などでの公害問題や原発におけ
る被ばく労働の問題を追い続けてきました。原子炉内を撮影したことは、世界的スクー
プとして、海外でも高い評価を受けている原発取材の第一人者として知られています。
 2011年8月に合同出版から、『原発崩壊』を出版しました。ぜひお運びください!

 
●イベント  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 原発とエネルギーを学ぶ朝の教室  ――Morning study of Silent Spring
 【第10回 原発労働を知っていますか?】
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
- - - -
 ○日時:10月10日(月・祝)9:00〜10:30
 ○会場:クレヨンハウス東京店B1 レストラン「広場」
 ○講師:樋口健二さん(写真家)
 ○司会:落合恵子さん(クレヨンハウス主宰)
 ○参加費:1,000円(税込)
 ○申込:お電話またはメールでご予約ください。
 ○電話:03-3406-6465(ミズ・クレヨンハウス 11:00〜19:00)
 ○メール:josei at crayonhouse.co.jp

 長く、原発労働の実態をわたしたちに伝え、原発に警鐘を鳴らし続けてきた樋口健二
さん。写真を見せてもらいながら、背景にある差別問題と「フクシマ50」の真実を知り
ましょう。

 詳細HP → http://www.crayonhouse.co.jp/home/Morningstudy.html

【関連書籍】
『原発崩壊――樋口健二写真集』(2011年8月、合同出版刊)
 報道写真家が命をかけて、原発の危険を告発し続けてきた38年の軌跡。原発写真集
 の最高傑作。
 「単なるニュース写真ではない。真摯なドキュメンタリーとして著者の足跡は他の
 人を圧倒し、原発の問題性を鋭く問うている。」(桑原史成/報道写真家)
 ○樋口健二[著]
 ○A4判上製/184ページ/2940円(税込み)
 http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=329

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 合同出版株式会社
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-28
 TEL: 03-3294-3506
 FAX: 03-3294-3509
 e-mail:info at godo-shuppan.co.jp
 ※合同出版メールニュースの配信申し込みは、上記アドレスまでご連絡ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



CML メーリングリストの案内