[CML 012310] [NPJ] 首脳会談に疑義 大統領発言の「捏造」だ   琉球新報

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2011年 10月 1日 (土) 23:36:47 JST


大畑豊です。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-182266-storytopic-11.html
> 社説 
> 首脳会談に疑義 大統領発言の「捏造」だ  
> 2011年10月1日

> オバマ大統領が「結果を求める時期に近づいている」と述べたと報じられました。
>  会談直後、記者団に会談の模様を説明したキャンベル米国務次官補が次のよ
> うに述べたからです。「私が思うに、結果を求める時期に近づいていることを
> 日米双方とも理解しており、そのことは大統領によって非常に明確にされた」
>  ところが、実際にはそのような発言はなかったことを、野田佳彦首相が国会
> 答弁で示しました。首相は説明者の「個人的な思い」だろうと述べています。

> 日本の外務省も、記者団の誤訳のせいにして、キャンベル氏をかばう気のようです。


参考:
http://peacephilosophy.blogspot.com/
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/10/blog-post.html
> 野田オバマ会談報道はおかしい 「琉球新報」10月1日の2記事
>  オバマ発言のねつ造と

> これらの記事の紹介と共にもう一度この件についての投稿を紹介する。
> 
> 9月23日 野田オバマ会談報道はおかしい (10月1日現在2万3千以上のアクセス)
> 
> 9月24日 日米会談 オバマ発言とされたものを野田が否定
> 
> 9月27日「野田オバマ会談報道はおかしい」その後
> 
> また、英語誌「アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス」にガバン・マ
> コーマック氏と共著の記事でこの件について書いた。こちらもぜひ見てくださ
> い。




CML メーリングリストの案内