[CML 013405] 【イベントのご案内】なぜ、無実の人が『自白』をしてしまうのか〜取調べの全過程の録画が必要なワケ〜

Ryosuke MATSUURA cpr at dolphin.ocn.ne.jp
2011年 11月 29日 (火) 10:45:02 JST


みなさま

 いつもお世話になっております。監獄人権センターの松浦です。
取調べの可視化に関するイベントのご案内をお送りいたします。

よろしくお願いいたします。

***

【転送転載・歓迎】
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
			12月7日(水)
		取調べの可視化を求める市民集会

       なぜ、無実の人が『自白』をしてしまうのか
             〜取調べの全過程の録画が必要なワケ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□

相次ぐ冤罪事件の無罪判決により、捜査機関の密室での無理な取調べが明らか
になっています。取調べの可視化を導入すべきという声は高まっていますが、
依然として、取調べの全過程の録画によって取調べの機能が低下し、供述を得
にくくなるといった主張が捜査機関を中心に根強くあります。

また、「罪を犯していないのに自白するわけがない」という意見も、いまだに
よく聞かれます。

今回は、自白の心理を研究し、『証言の心理学』(中公新書)の著者である高木
広太郎さん、布川事件の冤罪被害者であるの桜井昌司さんなどをお招きし、
無実の人が自白する過程や背景を考えながら議論していきます。

ふるってご参加ください。

■日時: 12月7日(水) 19:00〜20:30 (開場 18:30)
■会場: 弁護士会館2階講堂クレオ
     http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html
    東京都千代田区霞が関1-1-3
    地下鉄丸の内/日比谷/千代田線「霞が関」駅 B1-b 徒歩1分
    地下鉄有楽町線 「桜田門」駅(5番) 徒歩8分
■参加費:無料(事前申し込み不要)

□■□ プログラム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1) 基調講演「自白の心理学−なぜ無実の人が『自白』をしてしまうのか」
  講師:高木光太郎さん(青山学院大学教授、法心理学)

(2) パネルディスカッション「取調べの可視化(全過程の録画)が必要なワケ」
  パネリスト
   高木光太郎さん
   桜井昌司さん(布川事件 冤罪被害者)
   青木和子さん(弁護士/布川事件弁護団/
          法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会委員)
   小坂井 久さん(弁護士/法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会幹事)
  コーディネーター
   若林 秀樹 氏(アムネスティ・インターナショナル日本事務局長)

主催:取調べの可視化を求める市民団体連絡会
【呼びかけ団体】アムネスティ・インターナショナル日本/監獄人権センター
	    日本国民救援会/ヒューマンライツ・ナウ
【構成団体】国際人権活動日本委員会/社団法人自由人権協会/人権と報道・連絡会
	菅家さんを支える会・栃木/富山(氷見)冤罪国賠を支える会
	フォーラム平和・人権・環境/名張毒ぶどう酒事件全国ネットワーク
	袴田巖さんの再審を求める会/袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会
	布川事件・桜井さん、杉山さんを守る会/無実のゴビンダさんを支える会
	無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会

共催:日本弁護士連合会
共催予定:東京弁護士会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会
……………………………………………………………………………………………………
【お問合せ】
アムネスティ・インターナショナル日本	tel: 03-3518-6777
監獄人権センター			tel: 03-5379-5055
日本国民救援会			tel: 03-5842-5842














-- 
***********************************
特定非営利活動法人 監獄人権センター
事務局 松浦亮輔

Email : cpr at dolphin.ocn.ne.jp
Tel&Fax: 03-5379-5055

☆ホームページをリニューアルしました!
URL:http://www.cpr.jca.apc.org
***********************************



CML メーリングリストの案内