[CML 013346] 明日 11/27 (日)シンポジウム「ふくしまの循環型農業の再生のために〜有機農業と原発は共存できない〜」(@郡山市)(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 11月 26日 (土) 01:27:21 JST


                        紅林進です。
   
  明日11月27日(日)に福島県農業総合センターで開催されますシンポジウム
  「ふくしまの循環型農業の再生のために〜有機農業と原発は共存できない〜」
  (ふくしま有機ネット)のご案内を転載させていただきます。
   
   
  (以下転載)
  シンポジウム「ふくしまの循環型農業の再生のために〜有機農業と原発は共存できない〜」(ふくしま有機ネット)             
 3.11東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の大事故は、豊かなふくしまの自然をことごとく汚染して、わたしたちのくらしと環境が著しく脅かされました。なによりも未来を担うこどもたちの健康のためにとりくんできた有機農業であるのにそのこどもたちの健康を不安におとしいれています。 
 ふくしまの循環型農業の再生のために、こどもたちの健康のためにとりくんできた有機農業者、消費者、大学、研究者のこれまでの実践をもちより、復興への道とネットワークのためのシンポジウムを呼びかけます。  そして人間と自然を大事にする社会のために脱原発のくらしのあり方を共に考えていきます。  
日時:2011年11月27日(日)13時〜17時(12時開場)  会場:福島県農業総合センター(福島県郡山市日和田町)  アクセス地図:http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/top_access.html  
  プログラム:<復興への取り組み報告>  ○「チェルノブイリに学ぶ、ベラルーシ視察報告」 長谷川浩(ふくしま有機ネット)  ○「消費者とつなぐ測定検証と復興への取り組み」 伊藤俊彦(螢献Дぅ薀奪彗緝宗須賀川市)  ○「復興マルシェの取り組み」 畠槙也(福大まちづくり蝓紡省‖臉 
 ○「それでも希望の種をまく」 新規就農者  ○「応援します!ふくしまの農業」 阿部直実(東京・ボランティア)  
  記念講演:「反原発から自然との共生そして農本の地平へ」 中島紀一(茨城大学農学部教授・日本有機農業学会)  同時開催! ふくしまオーガニック市 有機農業者の農産物販売と放射能測定実演  主催:福島県有機農業ネットワーク(ふくしま有機ネット)   後援:全国有機農業推進協議会  問い合わせ先:0243-24-1795
 (FAX:0243-24-1796)  福島有機農業ネットワーク事務局(福島県二本松市中町376‐1)  Email:yuki(at)farm-n.jp  ※(at)を「@」に変換してください








 


CML メーリングリストの案内