[CML 013286] 【ご案内】南北コリアと日本のともだち展大阪展

hwangbum03 at ybb.ne.jp hwangbum03 at ybb.ne.jp
2011年 11月 22日 (火) 19:30:41 JST


直前の案内となって恐縮ですが、今週末に下記の取り組みがございます。
お時間が許されましたら是非ご来場ください。


【転送歓迎】
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  ◆南北コリアと日本のともだち展・大阪展◆
   ○絵画展
   ○こどもワークショップ
   ○トークセッション

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

○日 時:2011年11月27日(日)10:00〜18:00
○会 場:大阪国際交流センター
     http://www.ih-osaka.or.jp/access/
     ※地下鉄谷町線谷町九丁目駅5番出口より600m
      近鉄大阪上本町駅14番出口より400m
 
 ▽絵画展)1Fギャラリー(10:00〜18:00)
 ▽子どもワークショップ)3F会議室3・4(14:00〜16:30)
 ▽トークセッション)2F会議室A・B


※絵画展は12/1〜6の期間でとよなか国際交流協会でも開催します

○参加費:トークセッションのみ
     1,000円(※小〜高校生は無料/大学生は500円)
○主 催:南北コリアと日本のともだち展・大阪展実行委員会
○後 援:大阪市教育委員会、財団法人大阪国際交流センター、
     公益社団法人日本ユネスコ協会連盟、
     (特活)関西国際交流団体協議会

○トークセッションテーマ
 『子どもたちの絵がつなぐ平和の世界』

 出演者
 ・黄允玉(ふぁん・ゆのく)
  社団法人・オリニオッケドンム事務総長。児童教育に深い
  関心を持ち、オルタナティブ・スクールの設立などに関わり
  ながら、NGOでも活動。2001年8月より2003年までオルタナティ
  ブスクール・山の子どもたち学校校長、2001年10月より2008年
  3月まで、社団法人・共同育児と共同体教育事務総長を歴任。
  現在、子ども雑誌の編集委員も務めている。

 ・浜田桂子(はまだ・けいこ)
  桑沢デザイン研究所を卒業後、田中一光デザイン室勤務を経て
  絵本作家に。作品に「あやちゃんのうまれたひ」、「あそぼう
  あそぼうおとうさん」、「ぼくのかわいくないいもうと」など。
  日・中・韓の絵本作家12名が取り組む平和絵本のプロジェクト
  に参加し、シリーズ第1作として「へいわってどんなこと」を
  上梓。

 ・金光敏(きむ・くぁんみん)
  在日コリアン3世。(特活)コリアNGOセンター事務局長、教育
  コーディネーター。外国人児童生徒の教育支援や在日コリアン
  問題に一貫して取り組んできた。主な著書に「日本にやって
  きた移住者が幸せに暮らすための30の方法」(共著共同出版)
  「在日コリアン辞典」(共著明石書店)ほか。
  今回のセッションでは、コーディネーターを務める。

○開催趣旨
「21世紀を平和の世紀にしたい」との願いから2001年に始まった「ともだち展」は
この激動の10年間、日本と朝鮮、韓国、在日コリアンの子どもたちの出会いと交流の
場を作り続けてきました。11年目となる今年、大阪で実行委員会を立ち上げました。
関西圏で多くの団体とネットワークをつくりながら「ともだち展」の輪をさらに
広げていきます。今年の共同制作は、各地から集まった「列車」が、どんどん増えて
いく「つなぐ*つながる*ともだち列車」です。参加した子どもたちがひとつになって
東アジア各地をめぐっていきます。各地で展示された「ともだち列車」は、他の国の
子どもたちのメッセージを乗せて各自のもとに戻ります。この地域にたくさんの「と
もだち」がいることを子どもたちに実感してもらう企画です。北東アジアに住む子ども
たちの出会いの場をつくることは、未来に平和の花を咲かせるための土台づくりと
私たちは考えています。「未来のともだちづくり」にひとりでも多くの子どもたちが
参加できるよう、皆様に関心を寄せて頂きますことを願っております。

下記もあわせてご覧下さい。
http://homepage2.nifty.com/2002/friends/



【お問い合わせ先】
南北コリアと日本のともだち展・大阪展事務局
大阪市中央区玉造1-13-1-3F 在日コリアン青年連合(KEY)内
 TEL:06-6762-7261 FAX:06-6762-7262 担当:カン


CML メーリングリストの案内