[CML 013268] 【共同声明】:政府は原発輸出に関する説明責任を果たすべき(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 11月 22日 (火) 02:46:36 JST


紅林進です。
   
  昨日11月21日(月)に衆議院第二議員会館において、「緊急討論!:原発輸出」
  が開催され、私も参加しましたが、これは日本政府が推し進めようとしている
  原発輸出に関して懸念を有する、FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター
  (JACSES)、メコン・ウォッチのNGO3団体が日本政府(外務省・経産省・財務省)
  に質問書を提出し、その質問書に基づき市民との議論を行う場をもつことを申し
  入れたのに対し、政府側は、ネット中継/メディア取材が入らないことを条件とし
  てきたため、それを受け入れることは悪しき前例をつくることになってしまうので、
  上記3団体は今回は政府交渉を見送り、「緊急討論!」として開催したものです。
   
  日本政府のこの姿勢は、これだけの深刻な原発重大事故を起こしながら、
  その原因解明や終息の見通しすら立たない中で、日本政府はその危険な
  原発を他国に輸出しようというとんでもないことを、メディア取材を一切させず、
  国民・市民に知らせず、秘密裏にこの原発輸出をあくまで進めようとしている
  としか思えません。昨日の院内集会でも明らかになりましたが、日本政府は
  国際協力銀行(JBIC)や日本貿易保険(NEXI)などの巨額な公的資金(国民
  の税金)を使って、この原発輸出を推進しようとしています。
   
  上記3団体の共同声明を、「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」
  (eシフト)のメーリングリストより転載ささていただきます。
   
    

  (以下転載)
   
  みなさま

FoE Japan/メコン・ウォッチの満田です。
FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、メコン・ウォッチ
  は、本日、下記のような声明を発出しましたので、お知らせいたします。

----------------(転送・転載歓迎)-------------------------
2011年11月21日

【共同声明】:政府は原発輸出に関する説明責任を果たすべき
−原発輸出をすべきではない、これだけの理由−
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-c1ba.html
----------------------------------------------------------

私たち、原発輸出に関して懸念を有するNGO3団体は、ベトナム、
  ヨルダンの現地の情勢を踏まえ、日本政府(外務省・経産省・財務省)
  に対し、11月14日付で原発輸出に関する質問書を提出し、本質問書
  に基づき市民との議論を行う場をもつことを申し入れてきました。

しかし、政府側は、ネット中継/メディア取材が入らないことを条件
  としてきました。

私たちは、多くの国民が原発輸出に懸念を持っていること、国民の
  「知る権利」が保証されなければならないことを理由に、完全公開の
  場での議論を主張しましたが、結局、政府側がこれを拒否した形と
  なりました。

私たちは、国民に対して説明責任を果たそうとしない政府の姿勢に
  強く抗議します。また、質問書に対する回答を求めていきます。

東京電力福島第一原発事故で多くの人達が被害を受け、苦しみ
  続けている状況、国土や海洋に広がる深刻な放射能汚染、今後
  さらに被害の範囲が広くなっていくであろうことを踏まえれば、原発
  輸出は到底是認できるものではありません。

さらに私たちは、ベトナム・ヨルダンの実情をみても、原発輸出は
  事故リスクのみならず、財務的、環境的、社会的リスクがきわめて
  高く、相手国の持続可能なエネルギー政策構築を損なうこと、さらに
  一部の日本企業の利益にしかならないことから、税金や公的融資を
  使って国として原発輸出を促進していくことに、強く反対します。

別紙:原発輸出に関する公開質問書
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111114_export_nuc.pdf

※11月21日開催の院内セミナー「原発輸出を推進すべきではない、
  これだけの理由」の発表資料(パワーポイント資料PDF版)より
添付資料1:ベトナムへの原発輸出へのこれだけの疑問−現地調査を
  踏まえて
http://dl.dropbox.com/u/23151586/1_nuc_ex_111123.pdf
添付資料2:ベトナムへの原発輸出をめぐる周辺国の状況
http://dl.dropbox.com/u/23151586/2_nuc_ex_111123.pdf
添付資料3:ヨルダンへの原発輸出の問題点
http://dl.dropbox.com/u/23151586/3_nuc_ex_111123.pdf
添付資料4:公的資金と原発輸出
http://dl.dropbox.com/u/23151586/4_nuc_ex_111123.pdf

国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ

※連絡先
国際環境NGO FoE Japan
TEL:03-6907-7217
E-mail: finance at foejapan.org



 


CML メーリングリストの案内