[CML 013250] 【報告】第215日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 11月 21日 (月) 07:04:49 JST


青柳行信です。11月21日。

本日、ひろば・テントにこの夏、訪問した私の孫・美空(みそら)4歳が
<モモ母さんに託したマスコット>のプレゼントのお礼に再訪問します。
10月8日弟の朝光(あさひ)が誕生してお姉さんになりましので、
一人で神戸から来福しました。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第215日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから11月20日現在総数1897名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html 
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

《さよなら原発!福岡一万人集会》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れさまでした。
今日は 日中文化センターの記念行事に行ってきました。
太極拳の発表や、詩吟、歌、二胡と洋琴の演奏もありました。
幕間の時間に 宇野朗子さんの訴えがありました。

あんくるトム工房  
日中文化センターでの催し  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1593

kaze(むなかたの風)さんんから:
黄色い風車
21日月曜午前中ひろば・テントにお持ちしようと思ってます。
幾つぐらい持って行きましょうか?
今、原発の数を越えて100個ぐらいあります。(^_^;)
一応全部持って行って飾り付けてみますか?
生徒会で作ったカラフル風車も100個ぐらい残ってます。

楢崎 さんから:
川内原発が事故を起こした時の予測?
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sizenmirai/sizentomirai-img/sendai01-kagoshima.pdf
皆様、原発、止めましょう。

屋久島の木下 さんから:
青柳さま
九電株主総会の時、そして先日の1万人集会の時、オレンジ色の服を着て救助
犬を連れていた者です。

 青柳さまにはいつもメールの配信をしていただき、ありがとうございます。ま 
た、座り込みのほう
もお疲れ様です。
 さて、この度は、ダライ・ラマ法王の原発を容認するような発言に対し、法王 
宛に手紙を出しまし
たのでお知らせします。よろしければ皆様にこの内容をお知らせいただき、多く 
の皆様がダライ・ラ
マ法王日本代表部事務所宛にメール、FAX、手紙等を送られることをお奨めします。

 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
 http://www.tibethouse.jp/home.html
 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-30 第五葉山ビル5階
 TEL 03-3353-4094 / FAX 03-3225-8013
 E-mail = lohhdl at tibethouse.jp

 私が送った手紙の内容は以下の通りです。

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
担当者様

 日頃はチベットと日本の親交を深めるため、そして世界平和のためにご尽力い 
ただき、ありがとう
ございます。

 この度は、大変ご面倒なお願いをすることになりますが、これはチベットと日 
本のみならず、世界
平和のために極めて重要な内容です。つきましては、以下の文面を翻訳していた 
だき、ダライ・ラマ
法王様にお送りいただきたく、お願い申し上げます。なお、同時に以下の文面を 
印刷した書類も別途
送らせていただきますので、よろしくお取り計らいいただきたく、お願い申し上 
げます。

敬愛なるダライ・ラマ法王様
西暦2011年11月19日

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2627-133
TEL 0997-46-3714 / FAX 0997-46-3738
Mobile 090-9580-7862
E-mail = waken at bronze.ocn.ne.jp
木下 大然(きのした だいぜん)

法王様による原子力エネルギーに関するご発言について

 法王様が常日頃、平和のため、自然保護のため、人を含む地球上の個々の命を 
守るためにご尽力さ
れていることに対して、深く敬意を表します。

 私は法王様の書かれた著書やチベットに関する様々な書物を読み、また映像を 
観て、チベット仏教
は人を含む全ての生態系の調和を目指す、素晴しい教えだと認識しております。 
私自身、法王様の
ファン(盲目的ではありません)であり、仏壇にも法王様の写真を祀らせていた 
だいております。そ
れだけに、つい先日の法王様の以下のご発言につきましては、大変失望させられ 
ました。

 ダライ・ラマ法王による原子力エネルギーに関するご発言について
 http://www.tibethouse.jp/news_release/2011/111115_nuclear.html

 法王様のご発言の中の大きな問題点は、原発の危険性が1%だと受け取られる 
ようなご発言をな
さっていることです。法王様もおっしゃるように、平和のためには核兵器の使用 
はあってはならない
ことですが、核兵器は原発の副産物によってつくられているものです。例えば、 
元々イギリス王立軍
需工場としてTNT爆弾などを製造していたセラフィールドでは、原発の使用済み 
核燃料から核兵器の
材料となるプルトニウムの生産を行っています。また、原発の燃料をつくるため 
にウラン鉱石からウ
ラン235を精錬した残りは劣化ウランと呼ばれ、イラク戦争ではこれを砲弾とし 
て使用したため、イ
ラクの大地を穢し、その大地から芽生えたマッシュルームを食べたイラクの子ど 
もたちは白血病、癌
になって苦しんでいます。そればかりではありません。法王様がお住まいのイン 
ドの東部ビハール州
ジャドゴダでは、西暦1962年からウランの採掘を続け、その周辺では数万人もの 
人々が奇形や癌で苦
しんでいます。

 湾岸戦争後のイラク‥‥‥子どもたちが死んでゆく
 http://www.morizumi-pj.com/iraq/iraq1/iraq.html

 インド東部ジャドゴダ・ウラン鉱山の村
 http://www.morizumi-pj.com/jadogoda/jadogoda.html

 このように、燃料のウラン鉱石を掘り出して精錬するだけで多くの命を奪う原 
発の危険性は、十分
予期できるものであり、車の運転や日常の出来事とは比較にならないほど危険性 
が高いものです。

 また、法王様は「水力発電に必要なダム建設は大きな環境破壊につながる」と 
おっしゃっています
が、水力発電には必ずしも大きなダムは必要ではありません。チベット仏教を国 
教とするブータンで
は、日本のような大型の多目的ダムは1つもなく、小水力発電所の整備が進めら 
れ、発電された
1600MWの電力のうち75%はインドに売電しています。日本でも高知県の梼原町で 
は、小水力、太陽
光、風力など自然エネルギーで電気の27%を賄っています。また、梼原町森林組 
合では木材生産のた
めに単一の人工林にするのではなく、様々な樹種や下層植生(林床に生える下 
草)を生かし、森に住
むあらゆる生き物を大切にして森林を持続可能な形で活用しているため、国際的 
な自然と調和した林
業を奨める組織であるFSCの森林認証を受けています。

 自然との共存を掲げるブータンの水力発電
 http://www.dailymotion.com/video/xmeos5_yyyyyyyyyyyyyyyyyyy_travel

 エネルギーは地産地消 高知・梼原町
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-11/2011041113_01_0.html

 FSC森林認証 梼原町森林組合
 http://www.yusuhara.or.jp/jigyo/index.html

 最後に、原発が平時においてどれほどの命を奪っているのか、私の住まいに近 
い鹿児島県薩摩川内
市の川内原発を中心に説明させていただきます。原発は非常に効率が悪い発電機 
であり、エネルギー
の3分の2は温廃水として海に捨てています。日本の平均的な規模である100万 
kWの原発で、1秒間
に70トンもの海水を引き込み、7℃上げながら海に戻しています。川内には89万 
kWの原発が2基あり
ますが、この2基で九州第2の大河川、川内川と同じ流量が放水されています。 
日本の原発54基が稼
動した場合、日本の全ての河川流量の4分の1に当たる、年間1000億tもの海水 
を7℃上げることに
なります。私たちが気持ち良いと感じる風呂の温度を7℃あげてから入ることが 
できるでしょうか?
これだけでも多くの生き物たちの命を奪うことになります。温暖化を防止するど 
ころか加速している
訳です。原発は、核分裂反応によって発生する熱で水を水蒸気に変え、その水蒸 
気でタービンを回し
て発電しています。水蒸気は復水器で冷却して水にしてから蒸気発生器に戻しま 
すが、その冷却に日
本では海水が使われています。復水器では効率的に冷やすために、海水は細いパ 
イプの中を通します
が、その時にパイプが詰まるのを防ぐために高濃度の塩素を添加します。更に薄 
めて捨てれば良いと
言う事でトリチウム、コバルト60、マンガン54といった放射性物質が大量の温廃 
水とともに海に捨て
られています。海水の中には多種多様のプランクトン、魚の卵、小さな生き物た 
ちが無数にいます
が、冷却水として取り込まれたが最後、みんな死んでしまいます。温廃水が出て 
いるところを見ると
非常に泡立っているのが分かります。恐らくそういった子どもたちの死骸や化学 
薬品などが泡になっ
ているのでしょう。川内原発の温廃水の放水口脇にある寄田海岸では、膨大な数 
の生き物が死亡漂着
しています。海岸に漂着した大型のクジラ、サメ、エイ、ウミガメなどの死骸は 
目立ちますが、小さ
な生き物の死骸はすぐに形がなくなってしまいますし、海の中にはその何百倍、 
何千倍もの生き物の
死骸が沈んでいることでしょう。海がこんなに死んだ生き物で溢れているという 
ことは、地上の生き
物にも同様に影響が出ているはずです。川内原発周辺では、遺伝的に安定してい 
るクローンであるソ
メイヨシノにまで花びらの異常が見られます。また、薩摩川内市では、35歳から 
44歳までの医療費
が、全国平均の2.5倍にもなっています。アメリカでの調査によれば、全米での 
乳癌患者の3分の2
が原発から100マイル(約160km)以内に住んでいたことがわかっています。逆に 
7箇所の原子炉を閉
鎖したところ、それらを中心とした半径80km圏内の生後1歳までの乳児死亡率が 
激減したという報告
もあります。調査は原子炉閉鎖前の死亡率と閉鎖2年後の死亡率を比較していま 
すが、7箇所全てで
減少し、ミシガン州ビッグロックポイント発電所周辺では54.1%も減少しまし 
た。つまり、事故が起
きなくても原発は危険だということです。
 以上、法王様におかれましては、これらの問題について再考していただきた 
く、よろしくお願い申
し上げます。
 末筆ながら、法王様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

ゆういち(&マリエ)です。
青柳さんに皆様、いつもお疲れ様です。
放射能の汚染拡散について
とてもイライラしますね
汚染は出した元に戻すべきと僕は思います。
それが立地を受け入れた土地の最後の責任だ。と言うことを、他もこれからの土 
地もよく理解するためにもそうしていただきたいです。
そして、田舎にばかり押し付けて、、、、と言うのなら、ロシアの発売した原子 
力発電船でも東京湾や年の近くにおけば良い。そう思います。
勿論!本当は何処にも原子力は要りませんけど。
僕が子供の頃、埼玉も千葉も東京も神奈川も日本の田舎を含む発展のために汚染 
されてとても汚かったです。
皆忘れちゃったかな???
都会が田舎が、
誰が彼が、
ではなく、
皆が脱原発や
それだけでない、環境などの対策に関心を持ち
行動することが大事なんだと思います。
僕が、福岡に来てとても残念だったのは、ゴミの分別です。
行政がそうだから、楽だし、皆、諦めるというか、乗っかってるように思いました。
そして、自分もそうなって行きました。
しかし、最近、臨海のゴミステーション(福岡エコネットが入っています)とその 
近くの紙屋という業者を見つけ、個人的に又分別を始めました。コンポストも再 
開です。
そしてそして、僕がいつも最後に書いている、
優しい食事は優しい未来を創る★
ですが、
菜食はエネルギーも節約できて、CO2の排出もメタンガスもリンなどの河川や海 
洋汚染も減らせるし、飢餓の救済や森林伐採にも有効と、世界ではミートフリー 
デイが広がっています。
勿論!健康や美容にも優れています!
イギリスでは学者が国会に提案もしているほどだそうです。
畜産に影響を与えても、新しい雇用は生まれ、雇用は肉食がたの社会よりも増え 
ると言われているそうです。
脱原発やさまざまな日本の抱える問題にも繋がっていると思います。
ソイミートって大豆の美味しい肉擬きも九州産も発売されています。
そういう方面を増やせば
放射能対策にも、自給率向上にも、省エネにも繋がって行くはずです。
僕達が集会で出させていただいた、中東のベジタリアンフードのファラフェルも 
お豆ですけど、ぼりゅーむもあってとてもヘルシーで美味しく評判でした。
又、機会を見て菜食の素晴らしさを皆さんに味わって頂きたいと思っています。
戻りますが、、、
分別の問題で紙屋という会社は個人からも色々なゴミ(資源)を持ち込めます。
エコポイントカードも貰えるそうです!
脱原発や環境問題などに意識の向いている方々には是非!おすすめです★
事業者の方々なら経費の削減にも繋がると思います!
僕の提案でそうなった会社も東京にはありました。
まあ、そのあとほかの問題で首にされて戦った会社ですが、、、w

とにかく、前を向いて、上を向いて、足元も見て、頑張って行きましょう♪
どうもありがとうございます。
愛しています。
優しい食事は優しい未来を創る★ミートフリー☆野菜食べよう♪
Love Peace Eco Free

前田 朗 さんから:
転送です。
<経産省前テント日誌 11/19(土)>
    雨の中、沈み込んだ霞ヶ関
―― 経産省前テントひろば 70日目 ――
19日は一日中雨でした。ありきたりの印象で言えばまるで地球
が日本の不幸を嘆き、人間の愚かさを哀れんでいるような、陰々滅々とした雨に 
人も街も沈み込
んだ一日で あったような日でした。

 先日、新右翼と称する人物がテントへ来て、「経産省に申し入れをしてきた。
申し入れの内容は『平時であれば許可なく国の土地にテント設置をすれば違法で 
あるかも知れない
が、非常時においては云々。彼らのテントの物理的撤去は謹んで貰いた 
い……』……」「う~ん……」

 それからは他の右翼諸君がテントに参上することもなくなった。まだ、さして 
日も経ってい ないし、
雨降りのこともあり恒常的な事であるかどうかは断言できないが……。

 雨がきついさなかソーラーシステムもお休み。蓄電池に蓄えはない。雨で
ショートの恐れも あり発電機もお休み。テントの中は懐中電灯の光だけで薄闇 
のなか。それでも昼夜を
分かたず座り込みは続く。
ご苦労様。明日は晴れるそうですよ。(文責 テント住人R)

木村(雅)です。
[ 経産省前テントひろば ]
<テント日誌 11/18(金)>

               世界史の現在が脈動するテントの一日
                 ―― 経産省前テントひろば 69日目 ――

   昨17日、テント広場全体会議の波紋は、激しく、静かに、拡がりつつある。 
会議で
あきらかになるのは、同一性より、個性的(主体的)闘争姿勢の独自性のよう 
だった。

 10時過ぎて、霞が関経産省前テントを訪ねた、小生には、坐る椅子とてない。全体
会議は闘争勢力の拡大が目的であってみれば、好調な結果だ。たんぽぽ舎のH氏は、
右翼や公安警察を圧倒するには、全然、テント防衛の人間が足りないといきりたって
いたようだったが。

 誰にも挨拶せず第3テントで寝る。右翼は、神風が放射能被ばくしていることとテ
ントの主人公が70代を超える人々が少なくないことに圧倒されていたというのが、
小生の子守唄だった。 

 午前10時、イラクからIFCサミール・アディル議長がテントを訪れる。新聞記者
の前で、会見がもたれるのだった。テントで待機していた渕上氏と固い握手。渕上氏
は、「日本とおんなじですね」と唇をかみしめる。広島・長崎・第五福竜丸・福島第
一原発工場事故とアメリカの覇権主義と武器商人に翻弄される日本とイラクがCIA
などの工作によって多大な犠牲を払わされていることの同一性のことだろうか?

 記者会見でアディル氏は「福島第一事故もイラクへの米軍攻撃も、政府が人民・民
衆に真実をつたえられぬところは、まったく、かわりありません」と明言した。「日
本国憲法9条をイラクが獲得するためには、大変な努力を要することは分かっていま
すが、非暴力・反宗派主義・人民・市民主義をもって闘ってゆきます。イラクの主要
都市の工場での闘争は衰えることなくつづいています」と語り、経産省への要請書を
提出するぎりぎりの時間まで冷静に、インタビューに応じてくださった。夜には第2
テントで歓迎なべパーティ! 

 テントには、辺野古のテント村から安次冨浩さんも訪ねてこられた。歴史的邂 
逅は、
魂の質の次元にもある。貧しいテントではあるが、ここには、世界史の現在が脈動し
ている。この次元は、官憲も札束も極右も冒せはしない!沖縄の人達は年明けには訪
米団を派遣する予定でいるという。800万円の経費のためのカンパ運動が始まって
いる。

 安次冨浩さんのところへ、『伊達判決を生かす会共同代表』土屋源太郎さんが 
来訪。
土屋さんは80近い年齢にもかかわらず、すでに何回かテントでの泊まり込みをされ
ている。泊まり込みの最長老。

 辺野古の基地建設反対院w^動テントは7年目を迎え、2770日目をむかえたそう
である。原発再稼働を断固許さない経産省前テント広場は、辺野古の環境評価表提出
拒否闘争と連帯の絆を強めた。グローバルな福島第一原発の放射能漏洩の世界規模の
破壊性は、辺野古周辺の自然環境調査の名目による、サンゴ礁破壊、ジュゴンの来れ
る生態系破壊と共犯関係にある。戦争とは最高の自然破壊であるとの宇井純博士の警
告は、権力の耳にはとどかないようである。しかし、世界の良心は、鉛の箱の中にい
るわけではないだろう!                 
(文責 QUEMA記)

T. kazu さんから:
今日東京新聞記事{反原発の記事 中傷 エネ庁への報告 詳細判明}をお知らせ 
します。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2515312/

原発につきもの
  その1…放射能 その2…御用学者  その3…嘘とデマ  その4…情報隠し
  その5…言論統制 ついに出ました、「その5」。

戦争と同じだから 当然? てか??
東京新聞11月20日1面トップ
反原発の記事 中傷 エネ庁への報告 詳細判明

原発立地の「地元の声」は、こうした言論統制によってつくられていた。
言論統制を支えたのは、停年後の御用学者たち。そんな小遣い貰って、孫は喜ぶ 
かいな?
(追記)
さっそくご意見をいただきました。もうひとつの憑き物はとっくに出ているそう 
です。

その6…公安警察
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2515431/

28面
エネ庁のメディア監視事業で「不正確」とされた主な事例

29面
あきれた報道監視 エネ庁の事業
美味しんぼ原作者「税金使って愚行」

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
            場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★


************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
   青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


CML メーリングリストの案内