[CML 013213] 政府が交渉拒否> 11/21 (月)【緊急院内セミナー】徹底討論:「原発輸出」

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 11月 19日 (土) 04:32:48 JST


紅林進です。
   
  「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)の
  メーリングリストより転載させていただきます。
   
  これだけの深刻な原発重大事故を起こしながら、それを他国に
  輸出することなど許されませんが、野田政権はそれをあくまで
  推進しようとし、「ネット中継+メディアへのオープンをするならば
  政府交渉への出席をしない」などと開き直るのは、これまで他の
  問題については、「ネット中継+メディアへのオープン」を認めて
  来たはずなのに、この問題については、国民、市民に秘密にしよう
  とするのは、野田政権が、いかにこの問題を秘密裏に進めようと
  しているかを物語っていると思います。それを許してはいけないと
  思います。
                               紅林進
  

  (以下転載)
   
  みなさま

11月21日に開催を予定している「緊急討論!:原発輸出」ですが、
  政府側(外務省・経産省・財務省)が「ネット中継+メディアへの
  オープンをするならば政府交渉への出席をしない」と言ってきました。
  これをのめば、悪しき前例をつくることとなってしまうので、今回は
  政府交渉を見送ることにいたしました。

よって、セミナーと論点整理、参加者による議論の時間をしっかり
  とるような構成としました。政府の本セミナーへの出席を引き続き
  交渉中です。

改めて、修正版をお流しします。
ぜひご参加のほどよろしくお願いいたします。

------------------(転送・転載歓迎です!)--------------------
【緊急院内セミナー】徹底討論:「原発輸出」
11月21日(月)14:00〜17:00@衆議院第二議員会館第一会議室
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-5ae9.html
----------------------------------------------------------

原発輸出について、ベトナム/ヨルダンの事例を踏まえ、徹底討論
  します。
政府がネット中継・メディア取材を拒否したため、政府交渉はなくなり
  ましたが、引き続き公開セミナーへの出席は交渉中です。

◆日時:2011年11月21日(月)14:00〜17:00
○公開セミナー(予定) 14:00〜16:00
「原発輸出すべきでない、これだけの理由」
−ベトナムの事例(現地調査報告)
−周辺国の状況〜タイ・ラオスの現状から
−ヨルダンの事例と原子力協定
−公的資金と原発輸出
−政府側コメント(交渉中)
−質疑 +議論

○今後に向けて:論点整理+参加者による戦略会合 16:00〜17:00

◆場所:衆議院第二議員会館第一会議室(定員120名)
(東京都千代田区永田町1-7-1)
最寄駅:東京メトロ・国会議事堂前、永田町駅 徒歩5分
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

◆主催:国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
           「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
            メコン・ウォッチ

◆要申込:下記よりお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/7f19434f23905

◆資料代:500円(主催団体会員は無料)

◆連絡先:国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
TEL:03-6907-7217
E-mail:finance at foejapan.org

※【締め切り迫る! 11月19日午前11:00まで】
緊急国際署名:日本政府は原発輸出推進政策を即刻止め、
  世界の脱原発をリードしてください 
http://www.foejapan.org/energy/news/110831.html


 


CML メーリングリストの案内