[CML 013186] 八重山教科書:11月17日琉球新報

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 11月 17日 (木) 12:10:26 JST


前田 朗です。

11月17日

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-181748-storytopic-238.html

県教育庁、3教委に一本化指導 八重山教科書

八重山地区 における公民教科書採択をめぐる問題で県教育庁の大城浩教育長は
16日、県庁で会見し、15日の文部科学省の通知を受けて同日、石垣市、 竹
富町、与那国町の教育委員会に対して同一教科書を採択するよう指導したことを
明らかにした。大城県教育長は「3市町で協議して採択され るよう引き続き助
言していく」と述べ、再協議の可能性を示唆した。大城県教育長は、8日の八重
山3市町の教育委員による全員協議について 「協議の場としては成立してい
る」との認識もあらためて示した。


 県教育庁 義務教育課は、今回の指導の意図について「8日の協議が有効かど
うかを3市町の教育委員会で検証してほしい」と説明し、当該3教委での解 決
を求めている。しかし、3教委の教育長は「何をしていいのか分からない」と困
惑しており、一本化への道筋は不透明なままだ。


 8日の全 員協議の有効性について県教育庁義務教育課の狩俣智課長は「当事
者の3教委が判断すべきであるという認識を持っている」と強調。石垣市の 玉
津博克教育長と与那国町の崎原用能教育長が同協議を無効だと訴えた文書につい
て「教科書に関することは教育委員会事項。不適切と理解し ている」との認識
を示した。


 文科省への教科書必要冊数の報告期限である16日を前に県教育庁は15日、
八重山地区の 公民教科書を除いた全県の必要冊数を文科省に報告した。



CML メーリングリストの案内