[CML 013160] 第210日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 11月 16日 (水) 07:27:22 JST


青柳行信。11月16日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第209日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから11月14日現在総数1876名)
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】11月15日3名。
    森田義文 匿名2名

  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れさまでした。
夕方はさすがに 風が冷たくなりましたね。

今日の新聞 あれこれ見てみました。
どこも好意的に書いてくれているようでした。

それにしても 九電の鼻をくくった態度。
腹立たしいこと この上なしです。

あんくるトム工房
げんぱつ げんぱつ いらーんばい   
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1586
さよなら原発 新聞報道          
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1587
                       上を クリックしてください。
ひろば M さんから:
<昨日、台湾へ日本語教師として行きました。>
無事に下宿先の人と会うことができました。今、車で移動中です。
ただし、携帯の料金は高いままなので、現状ではメールもあまり送れません。す 
みません。
近いうちにどこかで絵はがきを買って送ります。

ひろば 上條さん から:
テント報告
<今日も>一万人集会の賛同人登録用紙が郵送で<ひろば・テントの本部に>届 
きました。
<集会は終わりましたが関心の強さを感じます。>
清掃員の男性が放射性廃棄物が残ってどうしようもないという理由で署名されま 
した。
とにかく原発に反対だからという女性も署名されました。
糸島の江藤さん達数名が九電に申し入れ。
最近よくテントにきている若いAさんが友人をテントに連れてきました。
その友人は13日の一万人集会のデモでのシュプレヒコールで電気は足りていると 
聴いたので、
それについて詳しく聞きたいとのことで寄られました。
Aさんと友人との会話を聴いていると、漫才をしているようでした。
今日は一日中冷たい強い風が吹いて凍えてました。温かくなるものを用意しなけ 
れば。

小原伸一 さんから:
青柳さん、いつもサムライ風の格好をしている大分県の小原伸一です。
福岡1万人集会は、感動感激の一日でした!
日頃のテント村の皆さんの地道なご苦労が実を結んだことが、ただただ嬉しくて 
なりませんでした。
急に冷え込んでまいりました。
テント村の皆さんのお体のこと、遠い大分の空の下、いつも案じております。
拙い私のブログで集会のことを取り上げました。
お時間の許す時に御笑覧下さい。
「サムライ菊の助 畑日記」http://amba.to/tpYgxs

N さんから:
青柳様
13日の集会の大成功、おめでとうございます!
当日、ずっとUstream中継を見させていただき、
私のツイッターアカウント(フォロワー9260人)でも拡散させて頂きました。
東京でも何度も脱原発のイベントやデモはありましたが、それらと比較しても、
大きな存在感があり、とりわけ、運営の見事さはお見事でした。
本当にたいへんであったであろうと、ご苦労が偲ばれました。

片山文博(片山スタジオ)さんから:
青柳様
おはようございます。
昨日は残念ながら新聞の休刊日とも重なり一万に集会の報道があま
りにも少なすぎました。
もっと世間に知らせなければと思い昨日掲載した私のブログの写真
を追加しました。
無作為に選んだ写真が130点も有りますので画像をスクロールす
るだけで大変ですが
よろしくお願い致します。
(掲載した写真は、私の許可を得る事無くご自由にお使いいただき
多くの方々に拡散願います。)
ブログの中の集会全景画像の下にある一万人集会ハイライトシーン
の文字をクリックして下さい。
http://whosanf.exblog./

ハンナ&マイケル さんから:
青柳様
予想以上の圧倒的に大成功の集会、お疲れ様でした。
お預かりしたマスコットの売上金、お届けします。
ネズミとネコとウサギのかわいいキャラクターが好評で、
完売して13.500円の収益でした。
心をこめて制作した浮花さんのご苦労を思うと、
もう少し高い値をつけたかったのですが、
両隣のブースでも手作りのマスコットが販売されており、
わずか3時間ぐらいの間に売り切らねば、というプレッシャーの中で、
一個150円以上のカンパということで売らせていただきました。

今ごろは、首に「NO  NUKES」のタグをさげた動物たちが、
みんなのバッグや車や携帯などにぶらさがって、
脱原発をアピールしてくれていると思うと、嬉しくなります。
私の「福岡の貝」のブースも、おかげ様で5万円の寄付金を集めることができま 
した。
目下、西山監督の「クレイジー・エナジー」の映画製作のための賛同金など、
脱原発組織に振り込んでいる最中です。

長住(宮崎民医連事務局長)さんから:
昨日はほんとうにお疲れさまでした。
宮崎県内からもほぼ100人の参加があり、片道4時間のバスの中で、原発の学 
習や一人ひとりの思いの交流をたっぷり行いました。
福岡民医連の皆さんも裏方として日夜奮闘されたことに深く感謝致します。九 
州・沖縄一体となったこうした規模の集会は佐世保のエンプラ寄港阻止闘争以来 
の感じがします。今回は集会の運営が包容的で参加者の層の広さからも市民レベ 
ルが立ち上がった歴史的な出来事ではないでしょうか。
これからも引き続き原発をなくしていくために職員全体で取り組んでいきたいと 
思います。

山口(長崎民医連事務局長)さんから:
本当に大成功でした。
帰りのバスの中で、感想を出し合い交流しました。
その中で、
「集会参加者がまわりの参加者を励ました集会だった」という声が印象に残りま 
した。
お疲れさまでした。

西坂昌美(東京小豆沢病院事務長)さんから: 
福岡の集会のご報告ありがとうございました。1万5千人の集会はすごいですね。 
今回は、ネット上の宣伝もツイッターやフェースブックと連動しており、賛同者 
もすぐエントリーできるなどたいへん工夫されていますね。新しい運動には、新 
しい媒体が必要だと思っていましたので、とても刺激を受け参考になりました。 
それにしても原発に群がる利権集団は「粘り強い」ですね。佐賀県知事も白を 
切ったままだし、九電も再稼動に向けて動いています。うちらは正攻法でいくし 
かないですね。

井島専務(医療法人親仁会)さんから:
参加した親仁会の職員からも「こんなに人の集まる集会は福岡あたりじゃ初めて 
じゃなかろうか」からはじまり、脱原発にむけての運動の確信になったとか、親 
仁会の手作りの帽子やプラカードは群を抜いていたなど自画自賛の声まで色々と 
聞かれました。
福田紀彦先生(元県連会長)がら、「親仁会は頑張ったね。色々と工夫していてよ 
うガンバっとった。それに九州あげて参加してくる民医連のその姿を見ているだ 
けで感動した。これからも民医連がこの手の運動で大きな役割をはたしていかん 
といかんなぁ。本当に圧巻の集会だった。」とのコメント。
本当にご苦労様でした

松元 さんから:
みなさまへ  
小出先生の「たね蒔きジャーナル」11月14日分の転送です。

ホールボディーカウンターにも、機種によって大きなバラつきがあることがわか 
りました。小出先生、せめて「子どもたちには、出来る限り精密な測定を」と呼 
びかけています。

また文科省が発表した「汚染地図」は、かなり政略的な単位の切り下げで曖昧に 
されているようです。米国科学アカデミーによれば、北海道をふくめて日本のか 
なり広範な地域の汚染が確認されています。文科省の地図と比較してみてください。

●米国科学アカデミーの調査報告
http://www.pnas.org/content/early/2011/11/11/1112058108.full.pdf+html

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。

http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====以下転送=====

 永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司 
会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。今日は 
この生中継の後、大阪府知事選の候補を招いて討論し、明日、明後日放送するそ 
うです。また、市長選は来週の22日に討論をするそうです。

 原発のニュース、福島県が子供の甲状腺検査、医師の回診が川俣町で開始で 
す。福島県立医科大だけでなく、2014年3月まで36万人の18歳未満の子供の検査 
を終える予定です。

 停止中の伊方3号機について、地震に耐えるかのストレステストの結果を出し 
て、安全と結論付けました。大飯3号機について2番目です。ストレステストに、 
保安院が専門家から意見を聞き、原発の安全審査の欠陥で、事業者の論理を入れ 
てきたと批判し、しかし、保安院は地元説明は別途すると言うのです。

 もんじゅの開発に1兆810億円も支出されていたのです。人件費、固定資産税等 
を入れたらこの始末で、380億円かけた関連施設は全く利用されていません。会 
計検査院、公表を経費までまとめています。

 そして、小出先生のお話、福島の子供たちのこと、内部被曝の検査で、ホール 
ボディーカウンターを3台使ったら、機種により数値が違う(南相馬市がアメリ 
カのを入れたら、6件→274件に増えた)ことについて、「そのように機種により 
違うのです」。保護者の方、不安であり、放射能の測定は難しく、機械で簡単に 
分かるものではない、ホールボディーカウンター、大掛かりで、ピンキリがあ 
り、検出限界、ある程度の汚染が分かるものから、精密なものもある、日本製、 
アメリカ製は関係なく、「測定器の性能には大きなばらつきがあるのです」

 子供のデータ、過小評価されたら、事故との因果関係が重要になり、今真実が 
必要で、小出先生、子供たちに原子力の責任はない、子供たちに精密な測定をし 
て発病に備えないといけない、微量の測定も出来るもので測ってほしい、高価な 
装置、検出効率を高め、周辺の放射線も遮蔽しないといけないのです。

 検出限界、文科省が、日本の各地が放射能汚染地図を発表し、東日本の結果が 
出た(HP公開)、文科省は、西は群馬~長野の県境で止まっていると言ってお 
り、地図の色も変わっている、事故の影響の範囲をどれだけのものかとして、 
10000ベクレルを超えたところとして、1平方メートル10000ベクレルのところを 
文科省が超えてとしており、4万ベクレルを超えたら管理区域から持ち出しては 
いけない(どんなものでも)、1万を超えているところに色を付けているので 
す。平野さん、群馬より西のことを遅らせており、「信じられない汚染が生じて 
いる」、4万ベクレルを超えたら人がすんだらいけないのに、それを無視して、1 
万以下ならOKと国がしているのです。

 国の地図は、4万ベクレルで切っておらず、どこまでを管理区域にすべきか分 
からないようにしているのです。小出先生のおられる管理区域でも、1万ベクレ 
ルを超えているところはほとんどない!1万ベクレルとは、そこまですさまじい 
汚染なのです。しかし、その1万を超えているところが結構あり、しかも、秋の 
収穫期なのに、注意はしていない、普通の人は、日本の国が情報を出さず、収束 
していると言うので、終わったと思うと危惧されるのです。日本の国は忘れさせ 
る方に向いているのです。

 ストレステスト、保安院に住民、批判的な人を入れるべきとされていたのに無 
視しており、小出先生笑われて、保安院は安全をチェックする、推進の組織では 
ないのに、保安院が推進のアリバイ工作をする始末で(やらせメール)、未だ 
に、保安院は原発を安全と言いたがっているのです。

 文科省の出した地図自体が途方もない汚染を証明しているのです。このお話を 
お伝えいたしました。

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(日曜・休日も全日開設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
           場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★


************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
   青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


CML メーリングリストの案内