[CML 013129] 【11/19・20】イラク民主化革命の展望を語る〜サミールアディルIFC議長来日〜

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 11月 14日 (月) 12:01:18 JST


こんにちは、イラク平和テレビ局inJapan川島です。

イラク戦争加害・被害国の市民がつながって”we are the 99% ”
、戦争と貧困を終わらせるメッセージを発信しましょう
ぜひお誘い合わせのうえ ご参加ください。

*****転送歓迎*************

「イラク民主主義革命に連帯し
 イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会」

◆東京集会
 日時:11月19日(土)13:30開始
 会場:機械振興会館
    東京メトロ日比谷線神谷町駅下車 徒歩8分


◆大阪集会
 日時:11月20日(日)13:30開始
 会場:都島区民センター
    地下鉄長堀鶴見緑地線、JR環状線「京橋」下車 徒歩10分

◆ゲスト
 ・IFCイラク自由会議
  サミールアディル議長
 「イラクの民主主義革命と世界の変革」
 
 ・服部良一衆議院議員(大阪会場のみ)
 「イラク戦争検証委員会設置にむけて」

★参考映像
サミールアディルインタビュー http://youtu.be/cfaNZXChfyc
9/9 バグダッド5000人デモ   http://youtu.be/XgO_D6onjKs

■アラブの春に勇気を得たイラクの人たちは、占領軍とマリキ政府の弾圧に
負けずに、2月25日の10万人民衆蜂起を皮切りに、「自由とパンと安全」をも
とめ連日デモをしています。

2003年のイラク戦争以降、200万人もの犠牲、700万の難民、60%の失業率、
孤児の増大、ウラン弾による放射能被害・・そしていまだに電気も水も通っ
ていないという、グローバル資本の徹底した破壊と石油をはじめとする富の
略奪が行われました。
けれど、若者、市民は「自分たちにも社会を変えられる」と立ち上がりまし
た。

IFCイラク自由会議は、その民衆蜂起の先頭に立ち、宗教によらない、民
主的なイラク政府をつくるために、徹底した非暴力でデモを行っています。

マリキ政府は逮捕・拷問・虐殺・・・など激しい弾圧を加えていますが、11
月18日にはイラクで「貧困と失業を撲滅する日」の大行動が呼びかけられて
います。

占領軍が撤退する中、非暴力で民主化政権を今こそかちとろうとしているイ
ラクの人たちに連帯していくためにぜひ国際集会にご参加ください。

IFCイラク自由会議についてはhttp://peacetv.jp/onegai.html をご覧くだ
さい
 
◆チケット
 【前売り】
  学生・失業者・障がい者 800円 
  一般 1000円
 【当日】
  学生・失業者・障がい者 1000円
  一般 1200円

■前売り券予約受付中!

■当日スタッフ大募集中です。
お手伝いいただける方ご連絡お待ちしております。


◆連絡先 
 (電話番号): 
  東京  090-5646-4273(土屋)
  大阪 090-8162-3004(川島)
 (E-mail)info at peacetv.jp

詳しくはブログ:http://blog.livedoor.jp/sanatv_youth/

HP:http://peacetv.jp/11kokusaishyukai_1015.html

<主催>11/19・20国際集会実行委員会





CML メーリングリストの案内