[CML 013123] 11/17 (木)「ドイツの脱原発事情 2011 」― 何故ドイツで脱原発? ―(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 11月 14日 (月) 02:10:11 JST


紅林進です。    
  私も参加しています「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現
  する会」のMLより、下記のご案内を転載させていただきます。
   
  要申込とのことです。
   
   
  (以下、転載)
   
  ◆「ドイツの脱原発事情2011」― 何故ドイツで脱原発? ―
福島第一原発事故を契機に、ドイツの脱原発は決定的なものと
  なりました。ドイツの原子力発電をめぐる最新の状況を、ドイツ
  在住の望月浩二さんをお招きしてじっくり伺います。
  私たちの課題は何か、考えましょう!

日時:2011年11月17日(木)18:30〜20:30

場所:渋谷区消費者センター第1会議室(渋谷区渋谷1-12-5)
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/shoko.html

資料代:1000円

【e-mail、FAXにて参加の申し込みお願いします。(下記参照)】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お話:
望月浩二さん 「ドイツ(欧州)環境規制調査」主宰
Website: http://www.mochizuki.de/

お話の主なテーマ:
ドイツの脱原発運動の経過
チェルノブイリ原発事故のドイツへの影響
ドイツでの福島原発事故への反応
ジャーマン・アングストは根拠のないヒステリー現象か
脱原発を可能にするオプション(脱原発プロジェクト)
3・11福島原発事故の欧州へのインパクト、ほか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


主催:「再処理工場を知る会」+「ふぇみん婦人民主クラブ」
後援:原子力資料情報室

【参加申し込み先】
e-mail: shirukai77●gmail.com →●を@に変えて送信してください
FAX:03-3357-3801
件名を「11/17ドイツ勉強会申込」として、お名前をお知らせください。


問い合わせ先:
「再処理工場を知る会」(担当:澤井・永井)
〒162-0065
東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801


 


CML メーリングリストの案内