[CML 013119] <テント日誌 11/12>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2011年 11月 13日 (日) 23:54:19 JST


木村(雅)です。
経産省前テントひろばから発信された情報を転送します。
重複をお許し願います。
また、自由に転送・転載してください。


<テント日誌 11/12>
            波乱と緊迫の一日/経産省・警察・右翼との対峙
                  ―― 経産省前テントひろば 63日目 ――
   11/11キャンドル包囲「人間の鎖」から一夜明けた12日は、経産省・警察・右翼が
「テントに襲いかかる」とでもいう程の波乱と緊迫の一日だった。
 午前11時、経産省役人9名が、制服警官30名・私服20名同行でテントに来て、宣言後、 

敷地と道路の境界のポストを上げチェーンバリカーで囲う。「人間の鎖」で包囲された経
産省が、テントを鉄の鎖で封じ込めようとしてるかのように。設置理由の説明要求にも 

一切応じず、チェーンに「居座り座り込み禁止」の紙をベタベタをつり下げる。その間全部
で30分弱。このときの様子を、街カフェTVのFさんが放映。
  午後からはこの報を聞いた人々が続々とテントを訪れる。平日にもかかわらず50名に
達する。鎖には「原発いらない」のポスターが貼り巡らされている。

 午後5時半頃、真言密教のお坊さん(女性)が呼びかけてできたグループ、「混沌の首」の 

8人が訪れ、記帳・カンパの後、原発・放射能から人々を守るという趣旨の祈り(踊り?)を
捧げる。その後石橋上人がこのお坊さんと話し込み、共鳴し合うところが多かったそうな。
「宗教共闘」の成立か?!

  午後8時過ぎに、右翼と警察がテントに襲来。右翼は大宮と川崎の2団体、30名程。 

警察は制服・公安合わせて50名程。右翼と公安数名がテント内に侵入。テント前は右翼と
警察が固めて外から近づけないような状態に。この緊迫した状態は2時間近く続く。午後
10時頃漸く退散。その頃には急遽駆けつけた仲間の人々も40名程に。
  いつものことながら、右翼は原発についての知識も考えもなく、ただただテントは要らない、
撤去しろの一点張りで、議論にならない。情報によれば、右翼の「テントは迷惑だ」焚きつける
ように言ったのは経産省消費経済政策課長補佐の山村直弘なる人物だとのこと。

 これからも繰り返されるであろうことを思い、明日からの態勢を考えよう。 



CML メーリングリストの案内