[CML 013052] 第203日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 11月 9日 (水) 07:00:42 JST


青柳行信(木曜まで代理)です。11月9日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第203日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから11月8日現在総数1827名)
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】11月8日 4名
da_ruck、匿名2名、未確認1名

       《さよなら原発!福岡一万人集会》 
  呼びかけ・賛同者を募集しています。★
 ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com で登録。
<ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れさまです。

夕方には 風が冷たくなりました。
今日は久しぶりに カナちゃんが 来てくれました。
車椅子で 元気よくビラを配布してくれました。

裏打ちしたポスターも準備ができました。
天神界隈に張り出します。

夕刻から 11・13の実行委員会がありました。
後、4日を残すだけとなりました。

あんくるトム工房 
カナちゃん 久しぶり http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1574 

ひろば 上條さん から:
朝から天神界隈で一万人集会のポスター貼りをやってもらいました。
雨でポスターの裏のダンボールが弱る恐れがあるため、ポスターの周りをセロ 
テープで補強する提案が出されました。
明日、お時間がある方はセロテープで補強することと街頭にポスターを貼ること 
のご協力をお願いします。
橋本さんが体調が良くないということで帰られました。毎日朝からテントに来ら 
れていたので、疲れが溜まっていたのでしょう。

100万人署名を既にされた若い男性二人組に一万人集会のチラシを渡しました。 
以前署名されても一万人集会のことは伝わってない可能性がありそうです。
おやきや社長がわらび餅、大福の差し入れをしてくれました。

F親子がチラシ配りをしてくれてました。お子さんは車椅子でしたが、頑張って 
配ってくれました。
山口から女性が2名が来ました。

午後になると冷たい強い風が吹いて寒かったです。

田口さん から:
11月9日(水)午後1時 集合(交渉開始 1時30分)
九州電力 本店前(福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号)
都合のつくかた、おいで下さい。
【Kさんからの訴え】
全国の皆様 重複ご容赦ください。
今回も前回に引き続いて多くの方の参加をお願いします。
提出文書が間に合わなくても構いません。
皆様の切実な声を届けてください。
お仕事が忙しいでしょうが有休を一日なんとか出来ませんか?
デモは土曜日曜ですが、直接行動は平日しか出来ません。
デモと直接行動が結集すれば何かが変ると感じています。
12月初め?の定期検査で玄海1号機が止まる時が超危険だと言われています。
佐賀へ鳥栖へそして福岡周辺に被災地から避難されてる皆さんも
ここまで避難してきたのに玄海が危ない!爆発するとは?
世界一危険な玄海原発を即刻止めなければなりません。
思いの丈を訴えてください!
わたし達善良な市民は数の勝負でしか太刀打ちできません。
全国の皆さんも力を結集して抗議してください。
また、地元でも抗議に参加できない方はどうぞ電話で抗議してください。
★九州電力本店 代表電話:092-761-3031

韓国から報告:
韓国へ向かう
(二日目の報告)
11月7日(くもり)

8時にパクチョル氏の車に私たち4名、青柳行信、通訳者・木村英人(長崎在 
住)、記録者・鍬野保雄(下関在住)、岡田卓巳(韓国大邱在住)乗り、釜山環 
境環境運動連合のチョンさんの車の先導で2台でコリ(古里)原発へ向かう。
途中で見る釜山の景色はソウルでも見たような驚くほどの高層ビルディングや大 
規模開発であった。
巨大な上下2段の橋が釜山市内から東海(日本海)の海の上にかかっている。巨 
大な開発が猛烈な勢いで進められている。
そのような景色を見終えて、やがて小一時間で不景気そうな街に入る、そこに場 
違いに景気の良さそうな会社が「韓国水力原子力(株)」という企業により運営 
されるコリ原発(4基)のあるところだ。
そこには'79年に韓国で最初に建てられたコリ原発が4基稼動している。30年以上 
も経った原発は福島と同じ状況にあると、チョンさんが説明してくれた。
そこで構内の写真を撮ろうとしたら禁じられた。会社に掲げられた「顧客のため 
に」というスローガンとは裏腹に、ここでは原発の写真を撮ることは許されない 
のだ。
仕方がないので原発建設のために消された村を記念する石碑の前で記念撮影をし 
た。それを見ても分かるのだが原発のすぐ隣に集落があるのだ。
普通の発電所と変わらない状況に驚く。
そこでパン牧師が「コリ原発の廃止と日本の原発の廃止」のために祈りを捧げ 
た。パン牧師たちは時々この原発の門前でデモをやっているのだ。
青柳さんがその祈りに応えるように、日本人として韓国との過去の歴史をふまえ 
て祈りを捧げた。日韓の脱原発の心が海を越えて通い合った。

コリにはさらに新しい新コリ原発が4基建造中であり、さらに4基、つまり8基の 
原発建設計画が進行中である。
そこで建造中の原発の写真を撮ろうとしたら、またも警備員に禁じられた。
巨大な原発基地が建設されていることに福島原発事故を思うと目のくらむような 
思いがした。

そこを後に釜山市内にもどり、韓進重工業(釜山一の重工業会社)で高いクレー 
ンの上に今日で306日間篭城中の女性キム・ジンスクさんを応援に向かった。
彼女は200人の整理解雇の撤回を求めて抗議の篭城を続けている。遠めに仰ぎ見 
ると干された寝具類の脇を時々動いている彼女の姿が見えた。
彼女を支援して韓国全土から「希望バス」がここにかけつけ1万人を超える集会 
が何度も開かれ、会社への抗議と彼女への支援を続けているのだ。
そこで木村さんが携帯電話で彼女に連絡して、日本から来たこと。日本では202 
日間のテント座り込みを九州電力本社前で続けていることを紹介して、どうぞ身 
体に気をつけてがんばってと声をかけた。彼女はありがとうと返事をして、私た 
ちの方に向かって手を振ってくれた。
韓国でも正規、非正規労働者の差別が進行して格差社会が拡大しているのだ。

そこから車で「釜山環境運動連合」に向かう。そこは大通りに面したビルの3階 
の大きな事務所だ。
市民運動がこのような所に事務所を持ち専従職員を何名も擁していることにあら 
ためて驚く。
そこで青柳氏が集まった十数名の市民運動の代表の人々に、11・13集会の意義と 
参加を訴えた。
時間の制約があって十分な質疑応答にはならなかったけれど、福岡で脱原発の1 
万人集会が行われること、原発を止めるために九電本社前で抗議のテント行動を 
続けていることは大いに関心を呼ぶことになった。農楽隊の要請ももう少し時間 
の余裕があれば十分可能だと思われた。

この日はそれから光州へと向かうために、そこを辞して、午後3時10分の釜山発 
光州行きの高速バスに乗った。
3時間かけて光州のバスターミナルに到着。韓国基督教長老會の環境運動連帯の 
ヤン・ジェスクさんと二人の若い牧師さんが出迎えてくれた。
夕食は全州ビビンパでおいしかった。そこより、霊光(ヨンガン)原発のある霊 
光へと向かった。
午後8時頃到着した所は円(ウォン)仏教の聖地といわれる所で夜空に少しだけ 
の星の光だったが、空気がとても爽やかに感じた。
聖地といわれるほどに本当にきれいな場所だった。そこに宿泊施設があった。そ 
こでは円仏教のオ・カンソンさんが受け入れをしてくれた。
彼はここで教務の仕事する一方で霊光原発反対のための対策委員長もされる僧侶だ。
またそこに霊光核発電所安全性を確立する対策委員会委員長の金龍国(キム・ヨ 
ンググさんも参加された。

青柳さんがここでも韓国に来た目的を話した。さすがに金さんから鋭い質問が沢 
山出た。彼は30年前から霊光原発と闘って来た闘士だ。
霊光原発について正確な話を聞くことができた。
それによれば、霊光原発は80年に工事が始まり、86年、7年に1,2号基、3,4号基 
が93年、5,6号基が2001年稼動。これまでに100以上の大小事故があったが、たと 
えば2号基では核燃料棒の破損でヨウ素が放出され、5号基は3500トンの放射性物 
質が放出された。
2009年には冷却ポンプにドライバーが入ったまま10年以上たって発見されたりと 
ずさんな実態が報告された。90年には高木仁三郎氏も来てくれたという。
これまでに1200回以上にデモや集会をして、断食闘争、5千人、1万人の集会をし 
て来たという。
2002、3年は郡庁で100日間以上のテント篭城で核廃棄場反対闘争で阻止勝利もし 
ている。
霊光では新規建設を阻止している。
脆性破壊の温度が玄海が97℃で霊光は91℃であるそうだ。玄海の方が危険だ。
ここでもIAEAの安全宣言は信用されていない。IAEAは推進機関であると。
福島事故以後、韓国のものは安全と言うがこれも信用されてない。
日本での国と電力会社と県のやらせメール事件も、韓国でも全く同じような状況 
だということだ。
さらに国と電力会社のお金漬の推進のやり方も日本から入って来たやり方で同じ 
だという。
彼はさらに言う。来年の3月にソウル、釜山・ウルサン、キョンジュ、ウルチ 
ン、ヨンガンの5箇所で5万人集会をする計画だと。
3月にやる意味は“核・安保頂上会談”に合わせて反核アジアフォーラムを実行す 
るという。また来年4月の国政選挙、12月の大統領選挙に向けてみどりの党を準 
備しているという。

13日の福岡での1万人集会についてはもう少し時間の余裕があればとのこと。そ 
れでも集会に向けてメッセージを送りたいと言って帰って行かれた。

しまだ まさみさん から:
青柳さんへ
毎日メールをありがとうございます。いよいよ13日も近づいてきましたネ。
大分支社前行動もきょう(11/7)で117日目になりました。
九電の4号機再稼動に怒った人たちが、支社前行動に加わってくれるようになり 
ました。

一人の日もありますが、私も元気で「原発いらない!今すぐ止めて!」と眞鍋社 
長や道行く人たちに訴えかけています。
遅くなりましたが、呼びかけ人に入れて下さい。  <コメント:3名の名前あり>
カンパは明日、郵便振替で送ります。13日は大分から駈けつけるつもりです。
準備が大変でしょうが、くれぐれもよろしくお願いいたします。
当日お会いできるのを楽しみにしています。
横田さんや「ひろば」の皆さんによろしくお伝えください。

楢崎さん から:
今日から、《さよなら原発!福岡一万人集会》の素敵なポスターを車に貼り付けて 
走ります。
成功しますように。お天気は助けてくれるようですね。         

Kさん から:
青柳様
お疲れさまです。
先日、テントでお話しをさせて頂きました。

13日に在特会によるカウンター・デモが高宮と天神で行われるようです。
私は夏に在特会と天神で議論していますから、
彼らの論法も知っています。
それ以前に九電前にも出没するかもしれませんが、
どんな事があっても彼らの挑発に乗らないように、
関係各位の方々にお伝え下さい。

私は12日は長崎の市民講座に出席する予定です。
場合によっては1泊する事も視野に入れています。
因って舞鶴の集会には遅れる事もあると思います。
以上、宜しくお願い申し上げます。

手嶋さん から:
青柳様。未だ韓国ですか?お疲れ様です。東京から昨日帰ってきました。
日比谷夜音は、満杯でした。1万人集会のアピールをしてきました。
福岡も、九電本社玄関前で連日テントを張り、今日で201日目の原発廃炉を訴 
えて座り込みが続けられています。
と訴えたところ、共に闘おうと、轟音の拍手、喝采を浴びました。そして、昨日 
は、経済産業省の前で、テントを張って座り込みが、行われている現地を激励訪 
問してきました。
江田忠雄さんと名乗られる方から、青柳さんによろしくお伝えくださいとのこと 
でした。

宗像のMさん から:
旅立つ前から、せっかく送り出して下さった皆さんにこんな報告をすることに 
なってしまい、申し訳なくありません。
学校側の事情もあって就労ビザを取れず2月13日に帰ってくるかもしれなくな 
りました。
しかしこれも何かの縁と思って、前向きにとらえたいです。その次にいつ行くか 
は未定ですが、また反原発の活動のお手伝いができると思います。
その際にはよろしくお願いします。

幸田晋さん から:
『原発の新設用に積み立てられた周辺地域整備資金について、新設の見込みもな 
く約9割にあたる657億円が過大と指摘した。』
身内の「検査院」が発表して、これだけです。
民間の鋭いところで調べれば、どれだけになるのか????
公金の分捕り合戦!!!
それを、真剣に暴露・宣伝出来ない、国会議員。(じゃないでしょうか?)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<会計検査院>無駄遣いなど4283億円指摘
毎日新聞 11月8日(火)2時31分配信
会計検査院は7日、10年度決算検査報告を公表した。
税金の無駄遣いや有効活用されていない基金などの指摘は568件で総額 
4283億8758万円。
東日本大震災による検査の中断もあり、
指摘額は過去最高だった前年(986件、1兆7904億8354万円)より 
減ったが、過去2番目となった。
検査院の重松博之院長は同日、検査報告を野田佳彦首相に提出した。
今年も国や公益法人の基金を調査し、
原発の新設用に積み立てられた周辺地域整備資金について、新設の見込みもなく 
約9割にあたる657億円が過大と指摘した。
都道府県も調べ、
緊急経済対策として08、09年度補正予算で設置された基金が10年度末で約 
2兆円積み残されていることが判明。
過大な利用見込みなどが原因で、大半は不適切とまで指摘しなかったが、事業を 
見直し余剰金を国に戻すよう改善を求めた。
国民生活の安全性の観点からも検査。
土砂災害防止法に基づく警戒区域や特別警戒区域の指定を前提として現地調査を 
行いながら、
19道府県で延べ約6万カ所も指定されていないと指摘した。
 
検査院は震災の影響を考慮し3月11日から同月末まで全ての検査を中断。
4月以降も被災地の検査を控えたため、調査対象や実地検査日数は前年を1割ほ 
ど下回った。
検査院は「検査結果に大きな影響はなかった」とするが、今年の報告に間に合わ 
ず継続調査となった案件も少なくない。
【桐野耕一】

小林さん から:
皆様  重複ご容赦ください。
他団体MLから転送します。
都内の保育園でのことですが荒川区行政の酷いやり方です。

***** *****
都内荒川区でもやっと7日(月曜日)から放射能測定が始まりました。しかし、 
行政が自らやるのではなく首都大学東京に機材も含めて委任して行ういうとい 
う、区民の要望とはかけ離れたやり方です。

10月27日の区民通報で高い放射能数値がでた区立西尾久みどり保育園の汚染され 
た土は、28日に区側が袋に入れて庁舎内保管していましが、11月4日に、保育園 
敷地内に1メートルの穴を掘って埋めた。これがはっきりわかりました。
担当の環境課長、職員も昨日段階でも「物質名はわかりません。」と答えていま 
すが、子ども達が長い時間過ごす保育園敷地に又1メートルの穴を掘ったとはい 
え戻してしまったのです。(東京新聞11月5日朝刊にも掲載)

窓口になっている部署が基礎知識もないままこのようなひどい処理をした事 
は、”区民の命”に関わるといい認識は全くないまま行っている事に会として話し 
合っていこうと思います。
放射能物質にはいろいろありますので処理を間違っては子どもだけでなく大人や 
生き物、地球にまで影響があります。
この保育園は、私の家からも近いので出来るだけ早く現地に行こうと思います。
上の階は、都営住宅です。回りは密集した下町の住宅地。
区は、国のガイドラインに沿って行っていますが、環境省は、夏ごろに0・23 
マイクロシーベルト/毎時と決めました。
荒川区は、10月21日国の高いガイドラインを基準としています。川崎市は、0・ 
19、北区は0・25です。(毎時)

私達もまだまだ勉強不足ですが、給食の食材検査も子どもたちが毎日食べている 
ことであり、横浜市では、親たちの粘り強い運動を大きく広げていき、給食まで 
自治体に検査させていることを土曜日の北区の学習会で聞きました。
次回特別委員会は未定ですが、1週間前にはわかるそうですので何とかやりくり 
して会から複数参加しようと思います。
追加署名もいろいろな方が集めてくれたりしていますので、陳情と要望書です 
が、委員会前に追加提出します。
お知り合いで荒川区内に住んでいる方がいましたらこのメールを転送して下さい。
宜しくお願いします。

松島さん から:
他MLからの転載です。
関電の再稼働をやめさせるため、11/11(金)は関電前へ
(転送転載歓迎)

以下 転載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関電の再稼動をとめるため、11日すべての仲間は関電前にあつまろう。
●ストレステストをを免罪符に「稼動」を狙う原発村
 関電は、大飯原発のストレステスト結果を10月28日に政府に報告しました。全
国で初めての報告です。福島原発事故の真相究明もされていないのに、政府や地
元自治体、電気事業者は原発の稼動を強行しようとしています。
 わたしたちは関西電力包囲行動を取り組みます。「大飯原発の再稼動は許さな
い」の声を突きつけましょう。
●11月11日の行動予定
13時 自治体への要請行動
原発廃止決議を上げよ。食材の放射能測定を行なえ瓦礫受け入れるな
14時半 梅田陸橋 署名宣伝行動
16時 関西電力への要請行動
17時 関西電力前キャンドル行動

プラカード、光りものを持ってご参加ください。東京ではかすみがせきオキュパ
イが闘われています。11日には経産省たそがれ包囲があります。
世界の「we are the 99%」行動と結んで原発を廃止をかちとって 
いきましょう。
MLホームページ: http://www.freeml.com/icti-ml



松元さん から:
みなさまへ   
小出先生の「たね蒔きジャーナル」11月7日分の転送です。
「冷温停止」や「臨界」の定義を変えようとしている国や東電の姿勢を笑われ、 
愚かなことだと語っています。
また、農地など除染できないという現実を、「国は国民にちゃんと説明すべき 
だ」といいます。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/
======以下転送======
 永岡です、毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司 
会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。
 原発のニュース、税金の無駄遣い(4800億円)で、原発立地地域の積立金が最 
も多かったのです。新たな増設原発は14基、3基は着工した、この3基の70億が使 
われます。
 そして、小出先生のお話、福島2号機の再臨界ではなかったのですが、リス 
ナーより、キセノン検出により、臨界の判定基準の検討を行うとしており、これ 
を変える(小出先生ご存じない)というのですが、東電が判定基準を変えると経 
産省に報告したと言うのですが、東電に権限はなく、基準もなかったのです。
では、臨界の定義は何かなのであり、国は冷温停止の基準も変えており、これに 
ついて、臨界は物理学的に核分裂の連鎖反応のことを言い、そうではない自発核 
分裂かの可能性しかなく、キセノンの量を正確に測定して、測定場所の体積、格 
納容器の一部にキセノンがある可能性もあり、それで臨界か、自発核分裂か判定 
できるのです。

 では、キセノンの濃度で基準を変えると言う意味らしいのですが、キセノンを 
検出した場所、濃度により判定は変わる、物理的なプロセスをどう評価できるか 
なのです。今、融けた炉心がどこにあるか分からず判断は難しいが、臨界と自発 
核分裂ではキセノンの量は相当違うので、判断は容易なはずなのです。
 では、キセノンが出ても、一定の量を変えたら、これまで発表されたことも公 
表されないことも想定され、データは公表してもらわないといけない、臨界か、 
自発核分裂か判断しないといけないのです。

 細野氏、冷温停止は変えないと言っており、「愚かなことだ」、福島では調査 
団を組んでチェルノブイリを調査し、除染がいかに難しいか知らされてショック 
を受けているのです。農地の表土を剥ぐ除染はダメと、小出先生のお話通りであ 
り、福島の調査団には、初めてチェルノブイリで知ったことも多く、福島の苦し 
んでいる人が事実を知らないのです。これについて、日本では原発事故は起こら 
ないと国が言って国民が信じてきた、農地の汚染は思いもよらなかったが、チェ 
ルノブイリで農地回復の大変さは分かっていた、「農地の回復は出来ない、それ 
を国がちゃんと説明しないといけない」のに、除染したら戻れると、国が言って 
いるのが実情です。チェルノブイリではすぐ近くに田園があるのではないので 
す。野田総理が現地へ行ってパフォーマンスしたのが犯罪的なのです。
 真実を国が告げないといけないのです。福島の方がチェルノブイリより、生活 
圏に近いところに原発があり、生活を取り戻すのは難しいのです。これが現実です。
 
今日も、小出先生のお話をお知らせいたしました。
 なお、私が3月21日以来やっているこの番組での小出先生のお話、すでに各地 
でブログ等に載せていただいておりますが、本家本元?の私も、小出先生のお話 
をまとめたブログを開設しました。
http://plaza.rakuten.co.jp/tanukiwanwan

 
●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○ 
下記の集いに 皆様 ご参加 是非 よろしくお願いします。
     <Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。>
     ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

    九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる
      『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』
      11月13日(日)午前10時から 福岡市舞鶴公園

         九州 沖縄 韓国
       いのち、むすぶ、さよなら原発
     私たちの声と行動で ゆるぎない平和を築こう 

        みんなつながっている  
         信頼 絆 希望
       大地 水 空 生きとし生けるもの 
     ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

       ★呼びかけ・賛同者を募集しています。 
        目標の5万名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、
  『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』を実現し、
 ★原発とめよう!の輪をひろげていきまょう。
         http://www.goodbye-nukes.com 

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(日曜・休日も全日開設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************




CML メーリングリストの案内