[CML 013030] 12 月マレーシア・ペナン州を訪ねるスタディツアーのご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 11月 8日 (火) 03:11:23 JST


  紅林進です。
   
  私も会員になっていますNPOのパルシック(PARCの姉妹団体)
  では、今年も12月に、マレーシア・ペナン州を訪ねるスタディツアー
  を企画いたしました。漁民団体を訪ねマングローブ植林をともに
体験すると同時に、沿岸水産資源の保全、開発と向き合い
ながら生きる現地の人々の生活についても考える旅です。

そのご案内を、以下、パルシックの会員MLより転載させて
  いただきます。
   
   
  □□□□□□以下、ご案内です。転送歓迎□□□□□□

☆マレーシア・ペナン州を訪ねる旅
☆〜小さな漁村から世界の海と暮らしを考える〜 
☆2011年12月18日(日)〜23日(金・祝)5日間

 マレーシア・ペナン州にある小さな漁村の村人がつくる漁民団体PIFWA
  (Penang Inshore Fishermen’s Association)は、太平洋沿岸を襲った大津波
  の頃からペナンの海岸の各地で、マングローブの植林を続けています。村で
  はマングローブの苗を育て、川に放つためのエビの稚魚の養殖も行っています。
  PIFWAの活動により、マングローブの林が復活し、再び貝が採れるようになって
  漁民の収入が増えました。
 ペナンの街並は世界遺産として登録され、植民地時代からの人びとの食文化
  や生活様式を継承する試みが続けられる一方で、大型開発も進められ、住民
  の生活は大きく変化しています。拡大する環境汚染を心配するペナンの多くの
  人びとがこの活動に参加しています。小さな漁村にホームステイしながら
  マングローブの植林を体験し、人びとの生活と環境の問題を考えるツアーです。

☆ツアーのポイント
1)マングローブ植林体験
2)地元の暮らしが分かるホームステイ
3)多様な文化が織りなす豊かな食事

■旅行期間:2011年12月18日(日)〜23日(金・祝)5日間
■旅行代金:168,000円(予定)
(往復航空運賃、燃油等付加運賃、宿泊費、食費、移動費含む
※燃油代金の変動により、価格が変更になる場合があります。)
■申込締切:2011年11月21日(月)
(航空便の空席状況により、期日前でもお申込みを締め切らせて
いただく場合があります。
■ツアースケジュール
http://www.parcic.org/news/boshu/20111005_tour_malaysia2011.html

■最少催行人数:5名
■出発空港:成田空港

◆ お申込み・お問い合わせはメール・電話・FAXにてご連絡ください。 ◆
特定非営利活動法人 パルシック(PARCIC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-3253-8990 Fax:03-5209-3453 メール:office at parcic.org

◇╋◇╋◇╋◇╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋◆
╋◆╋◆╋  特定非営利活動法人 パルシック
◇╋◇╋     伊藤 文  <office at parcic.org>
╋◆╋        〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
◇╋          電話 03-3253-8990 FAX 03-5209-3453
          http://www.parcic.org
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋◇



 


CML メーリングリストの案内