[CML 012998] 第200日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 11月 6日 (日) 07:05:04 JST


青柳行信です。11月6日。

昨日、サーバーの不調のため11月5日と本日の6日分を連続【報告】いたします。

私は、本日11月6日(日)から10日(木)まで韓国(釜山からソウル)に行き、 
   九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる
 『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』への呼びかけ・交流をしてきます。
明日から、毎日の【報告】は私の代理として原田さんがしてくださいます。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第200日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから11月5日現在総数1813名)
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】11月5日3名   
          平川さくら   匿名2名 

     《さよなら原発!福岡一万人集会》 
  呼びかけ・賛同者を募集しています。★
 ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com で登録。

   <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れさまです。
5日の配信は 装置の具合がよくないのか まだ、届いておりません。
もう一度、配信してください。

5日 雨の日は 訪問客も少なかったですね。
テント内では 九電に抗議に行きたいという方が多いという話し。

フクシマは 収束には程遠い状況です。

あんくるトム工房
騎虎 難下(虎に乗ったら下りられない)  
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1568

   トラ退治を しなければ。

S さんから:
お疲れさまでした。
ひろば・テント片づけの直前におじゃました。

どこの地でも「原子力発電所」は無くしたいですね。
この大地を空を海を未来永劫に残したい。
放射能のゴミを未来へ残さないために・・・
今の世で解決できない問題を未来へ託してはいけない。
そういう思いで反原発。

熊本や宮崎の方達も13日は参加します。
facebookで自由報道というテーマでグループがあります。
岩上安見さんのトークカフェで昨年の9月から
自発的に集まり、政党やイデオロギーは全くなく
反原発、反TPP、メディアの問題、放射能瓦礫の受け入れ反対。
少しでもいい世の中にしたいと情報を共有
し拡散していこうというグループです。

今後ともよろしくお願いします・・・・
一緒に戦いましょう\(^o^)/

手嶋 さんから:
1万人集会の成功に向け、毎日ご苦労様です。
明日6日、東京日比谷野外音楽堂で、国鉄全国運動の集会(5千人規模)に参加 
してきます。
福島の被災者の皆さんや韓国、アメリカなど数カ国の反原発の皆さんも参加します。
私の発言の機会がありますので、福岡の1万人集会の、宣伝も行ってきま 
す。・・・手嶋

sakura さんから:
九州電力へ抗議と
玄海原発1号基の廃止・4号基の運転中止を申し入れ。

井原 東洋一さん、のブログ「ここでトヨさん出番です!」
   2011-11-05 07:54 より転載
  長崎県被爆者手帳友の会(会長・井原東洋一長崎市議・元九州電力社員)
など長崎県下の被爆者5団体代表と
九州電力OBなど9名は、
11月4日(金)に九州電力本社に出向き、
13時30分から、15時05分までの1時間35分間に亘り、
一連の「ヤラセ事件」に抗議し、
最も危険な原発とされている玄海原発1号基の即時停止と、
事故で停止していた4号基の再稼働は、
住民の理解が得られたものではなく、
九州電力の勝手な理屈によるもので、認められない。
直ちに停止すべきである。
とする文書を提出し、激しく抗議した。
会社側は、
エネルギー広報グループの藤本グループ長、井上課長、矢野副長、柿塚副長の4 
人が対応し、
6月26日の経済産業省主催の検討会における「ヤラセメール」や、
それに関わる10月14日の最終報告書の再提出問題など、
なお社内で検討中のものもあるが、
改めてお詫びし、信頼回復に努めたい。

玄海4号基は、4日に通常運転に復帰するが、
国から概ね妥当の判断を得て運転再開したもので、安全性には精一杯努めたい。

皆様のご意見は、確実に経営層に伝え、全社員一丸となって安定供給に努めたい。
と反省のかけらもなく原則論を述べた。

この抗議と申し入れには、
元全九電労組の有志5名(長崎2、大村、熊本、人吉)が加わり、
一連の九州電力の経営姿勢を批判し、
責任者の交代以外に信頼回復の道はない。

九州電力の将来のためにも、脱原発の先駆性を発揮すべきだ。と、こもごもに訴 
えた。
抗議は予定の45分間を上回り1時間35分間に及んだ。

文書による回答を巡っては、
対応した広報グループの返答が会社の正式表明だとムダな主張を繰り返し、
九州電力の住民無視、傲慢な体質を浮き彫りにした。

吉田典子 さんから:
『これで、もしも本当に玄海原発が吹っ飛んだら…九電のお偉いさんは何て言う 
つもりなんだろう?』
いくら考えてみても分からないのです。
自分に都合が悪い事は見えもしなけりゃ聞こえもしない人間は珍しくないけど…
彼らの家族も同様なんだろうか?と思うのです。
原発が吹っ飛んだら、死ぬ人も長い目で見れば、病に苦しむ人も、大勢でるのです。
会長や社長は明日、急死して、あの世に逃走しても、おかしくない年齢です。
だけど、彼らの子供は、残る筈。
放射能汚染が続く限り『あの男の子供』『あの男の孫』と言われ続け、恨まれ憎 
まれ続けても、
彼らは平気なんでしょうか?
原発擁護者の家族は、末代まで無念の人々の呪詛を引き受ける覚悟が、あるんで 
しょうか?
福島原発の擁護者は既にそういう立場になってしまってます。
誰も何も言わなかった訳ではなく、何十年も停めようとし続けた人の存在がある 
以上、
『知らなかった』だの『想定外だった』だので、済まされる筈はないのです。
彼らの家族は、これから、何世代にも渡って、どう生きていくつもりなんでしょう?
生きている人間は何も出来なくとも死者はどうだか分かりません。
無念の思いを抱いて死んだ人間の呪いの系譜は日本にはいくらもあるのです。
果たして、原発擁護者の子孫は、七代も続くでしょうか?
原発関係のお偉いさん、原発を擁護する政治家の考えを、改めさせる事が出来る 
のは、彼らの家族だけかもしれません。
泣き喚く他人の妻子は無視できても、自分の家族の哀願は無視できないでしょう。
原発擁護者の家族は、死者の呪い以前に、恨みに凝り固まった生きている人間 
に、何をされるか分からない立場なのです。
少しでも、罪を滅する為に、我が夫、我が父、我が祖父、我が子に、原発を廃炉 
にするよう、働きかけて欲しいです。
このままでは、明日にもメチャクチャになりかねない未来を、守るために。

ハモニカ(お休み!玄海原発2号機3号機の会) さんから:
みなさま             
佐賀県と九電佐賀支店に玄海4号機の再稼動の中止を別紙のように申し入れました。
 <九州電力の技術力の問題>
今回の4号機の自動停止の事故は、九電の発表によると作業手順書に他機器やプ 
ラント出力への影響評価を行わないというミスを犯し、このミスをチェックでき 
なかったというミスが重なり、現場でも手順書の誤りに気付かず(技術力が高け 
れば普通は現場で誤りに気付くものです)、誤った手順書のまま作業を行うとい 
うミスがさらに重なったので自動停止する事故になったということのようです。
二重にも三重にもミスが重なっていますし、作業手順書作成から現場の作業まで 
担当している技術者たちが、自分がしている作業の意味がわからずに作業をして 
いるようです。昨年1月、定期点検中に川内原発で死亡事故が起こったこと等考 
えると九州電力の技術力は非常に低いようにも思われます。大事故が起こったら 
福島の二の舞になりかねません。

この意味でも九州電力に原発を運転し続ける資格はないように思われます。
また、県も九電の技術力の低下を問題にしないのであれば、県民の安全を守れそ 
うにはありません。

                                                  2011年11月4日
佐賀県知事 古川 康 様
               お休み!玄海原発2号機3号機の会

知事は県民の安全を第一に考えてください。従って玄海原発4号機の再稼動を至 
急中止させてください。
 国が安全性は確保されるとした福島第一原発で放射能をまきちらす大事故が起 
こりました。玄海原発で事故があれば最初に被害を受ける佐賀県としては、国が 
安全だとしても事故は起こりうることをはっきり認識しなければなりません。
知事の役割は重大です。

 九州電力が公表した4号機の自動停止の原因と対策の概要によると『作業手順 
書は・・他機器やプラント出力への影響評価を行っていなかった』とあります 
が、これは、
 当然行うべきこと(影響評価)が考えられていなかったうえに、そのチェックも 
できていないことを示しています。
     そして誤った手順書のまま現場で作業されて原子炉は自動停止しています 
が、これは

 現場は手順書の誤りに気付く知識や経験、技術力を持っていないことを示して 
います。
 大事故は過信とミスが誘発されるように積み重なって起こります。

 万が一、玄海原発で福島のような全電源が喪失するような事故が起こった場 
合、九州電力の現在の技術力では(そして人間の現在の技術力をもってしても) 
事故が無事に収束するとは考えられません。また九州電力は4号機の再稼動につ 
いて地元の事前の了解も佐賀県議会の意見も求めていません。この九電の姿勢は 
玄海原発で事故が起こるのではないかと心配する県民の気持ちを無視するものです。

 本当に九州電力に原発を運転する資格があるのでしょうか。
 県民の安全を第一に考えるなら、少なくとも福島の事故原因が究明され、九州 
電力と玄海原発の安全評価が終了するまで原発は停止するべきだと考えます。
至急佐賀県知事は4号機の再稼動を中止させてください。

○ 質問事項
福島第一原発の事故のように全電源喪失事故が起こった場合どう対応するかを決 
めた手順書を九州電力が用意しているかどうか、またこの訓練が行われているの 
かを佐賀県は把握していますか。 (11月11日までに文書で回答してください)

                                       2011年11月4日
九州電力株式会社 取締役社長 眞部利應 様
                    お休み!玄海原発2号機3号機の会

安全全が第一です。安全が確認されていない玄海原発4号機を、原発停止による 
コスト増を理由にして再稼動するのは止めてください。
4号機は手順書に誤りがあり、誤った手順書に沿って作業した結果自動停止した 
と報道されています。これに関して質問します。(11月11日までに文書で回 
答してください)

    すべての手順書を再チェックされたと思いますが、ほかに誤りはなかった 
のかどうか。
    手順書に誤りがあった場合、放射能が外部に漏れる可能性があると考えら 
れているかどうか。
    フクシマのように全電源を喪失した場合どう対応するかを決めた手順書は 
用意されているかどうか、またこの訓練が行われているかどうか。
    玄海原子力発電所で大事故が起こる可能性をどう考えられているのか。そ 
の根拠も示してください。

チェルノブィリやスリーマイルの原発事故もミスが重なって放射能を放出する大 
事故になりました。フクシマの事故では地震で配管が破損したことが大事故の引 
き金になったと疑われています。
言うまでもないことですが今回の福島の事故では、放射能汚染のために何万人と 
いう人たちが避難をしていますし、子供たちだけでなく後の世代の健康まで心配 
され、将来に絶望して自殺する人まででています。そして未だに事故は収束して 
いません。
福島の事故で日本の原発も安全ではないことがわかったため事故原因の究明や安 
全評価をやり直す(ストレステスト等)ことが必要となっています。つまり、現在 
動いている原発も含めてすべての原発の安全が証明されているわけではないとい 
うことです。
事故が心配される状況で4号機で安易にミスが起こったことは九州電力に原発を 
運転する資格があるのかを疑わせるものです。また、地元の事前の了解や県議会 
の意見もないままコスト増を理由に再稼動することは、事故の悲惨さを目にして 
安全に暮らしたいという県民の気持ちに反しています。
至急4号機の再稼動を中止してください。

前田 朗<@女たちの座り込みに六本木アマンドのケーキ差入れ係> さんから:
転送です。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
経産省前・テントひろば・八木です。

11/4分の日誌報告を送ります。

デモ・集会に、今日も盛り上がって・・・「全国の女たちの座り込み」6日目

      ――11/4 経産省 前テントひろば 座り込み55日目――

 11/4は平日にもかかわらず、「全国の女たちの座り込み」とその支援連帯
行動に、 300名をこえる人達が結集した。

 朝9時半には、浪江町の吉沢さんがハム工場の宣伝車で幟旗をいっぱい持参し
て駆けつけ、 10時半には水俣の患者さん2名を含む10数名の方が全国から
駆けつけた。吉沢さんの話は参加者に大きな衝撃を与えた。警戒区域内は2度
と米作りのできない、そして戻れない「死の町、絶望の町」と化していること、
350頭の牛をまもるべく自らも被曝したこと、国は避難区域 に入れず、知ら
せもせず、さらには牛の殺処分を通して被曝の証拠隠滅をも図ろうとしたこと。
これからは被曝の生き証人として生き、福島の 犠牲・差別を東京で訴え、死ん
でもいいから原発を止めると訴えた。

 11時には福島(郡山)からバスで10名参加。11時半からは日比谷公園霞
門からスター トして官庁街を1時間近くデモ。デモには150名くらいが参加
した。

 オーストリアやイランのTV局のテントひろば取材もあり、桃色ゲリラの増山
さんの路上 アートありとあった後、午後3時からテント~経産省正門前で、座
り込み集会があり200~300名が参加した。これには武藤類子さん、佐 藤
幸子さんはじめ福島の人々の発言が相次いだ。なかでも武藤さんは、87歳のお
母さんのたっての要望ということでご一緒での参加であっ た。

 明日11/5はいよいよ最終日。11時から日比谷公園のかもめ広場で12時
まで交流会を やり、午後2時からは文京区民センターで避難の権利を求める集
会にも参加、座り込みは午後3時までの予定となっています。明日は土曜日、
是非たくさんの方の参加を。テントの前は思いを込めたメッセージで溢れかえっ
ています。そしてテントの内外は人々の交流の広場となってい ます。     
                      

■韓洪九(ハン・ホング)特別講演会

「韓国から見たフクシマ」

日時: 2011年11月8日 (火曜日)5限(16時20分~17時50分)
場所:東京経済大学 K101教室
〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34 TEL.042-328-7711(代 表)

*公開講演会ですので、どなたでも参加できます。
 (入場無料)
趣旨:韓洪九(ハン・ホング)先生は韓国の高名な現代史研究者であり、NGO
「平和博物館」創設や長年にわたる在韓被爆者支援運動などで知られる平和運動
家でも あります。
 
この度、韓先生と平和博物館の一行が、原発依存率がフランスについて世界第二
位という韓国 において原発事故への認識をさらに深めるため福島原発事故の被
災地の調査に来日されることになりました。

この貴重な機会をとらえて、核問題、原発問題に関する先生のご高見を聴くとと
もに、東アジ アの平和と安定実現のため何をなすべきかをともに考えたいと思 
います。

韓洪九先生略歴:1959年ソウ ル生まれ。ソウル大学国史学科大学院卒業。米国
ワシントン州立大学で博士号取得。現在、聖公会大学教授。2004年から2007年ま
で、韓国政府の委嘱により「国家情報院過去事件真実究明による発展委員会」の 
委員を務めた。

著書は数多いが、日本で翻訳刊行されているものは次のとおり。『韓洪九の韓国
現代史機ヾ攅颪箸呂匹Δい国か』『韓洪九の韓国現代史供 負の歴史から何を
学ぶのか』(いずれも平凡社)、『倒れゆく韓国 韓洪九の韓国「現在史」講座』
                 (朝日新聞出版)
主催: 東京経済大学21世紀教養プログラム
この件についてのお問い合わせは下記までメールでお願いします。
徐京植(ソ・キョンシク)kysuh at tku.ac.jp

小川みさ子♪草の根 さんから:
中田さんからの転送です。
★【西ドイツ放送】TV「死の地域に生きる」原発事故後の日常
   
▼南相馬市での今起きている状況。除染と実態。そして人々の苦悩。胸に迫る動画。
西ドイツ放送(TV)のまさにジャーナリズムに徹した、ドキメンタリーのご紹 
介です。

▼【放射能メモ】ツイッター・ブログから下記西ドイツ放送を知りました。
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-date-

***********************************************************
  ●【西ドイツ放送】「死の地域に生きる」原発事故後の日常
  youtube.動画 http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
***********************************************************

▼南相馬市議 大山弘さんの重要なメッセージも、ご視聴お薦めです!
(*メール最下部に掲載、おしどりマコさんの記事に投稿のyoutube.動画です。)

福島原発周辺の汚染地域に行きたいと思う人はいない。
それでも行かなければならない場合…このような防護が必要だ。
彼らが汚染地域に行くのは、そこにまだ人が住んでいるから。
年寄り、若者、赤ん坊、みんな援助を必要としている。
緊急にお米、麺類、食用油、飲み水
三浦万尚さんは避難区域の世話を続けている。
私達は南相馬の彼の事務所を訪ねた。
ここで三浦さんは避難区域での救援計画を立てる。
老人や一人暮らしの人々に食料を届けるため。

この日台風が接近して空は陰鬱だ。
原発事故以来、雨は危険である。
「雨の日には被曝する危険が高まります。
雨水の中には放射性物質が溜まっていますので、
肌が雨に濡れるとガンマ線を吸収します。
ですから雨に当たらないようにしなければなりません。」

HCR =“ハート・ケア・レスキュー“
”心の救護者“と三浦万尚さんはこの組織を名付けた。
我々は一週間三浦僧侶と行動を共にし、
南相馬市での人々の日常を追った。

福島原発からは20キロしか離れていない南相馬市は、
原発事故のどん底にある。
羽田マサハルさんを訪ねる。
原発に最も近い家に住んでいる人だ。
三浦さんはまず家を一周して、線量を確認する。
雨水が溜まる場所は明らかに線量が高い。

「ものすごく高い線量ではありませんが、ここに住み続けるには高すぎます。
羽田さんは一刻も早く避難して賠償金をもらうべきです。」
羽田さんは絶望している。

繰り返し家の除染を試みてきた。
屋根も洗ったし、庭の土も取り除いた。
木の幹まで洗って、線量は数週間下がっていたが、
再び上がり始めたのだ。(略)

【京都新聞 社説】「もんじゅ  きっぱり廃止の宣告を」
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20111105/1320482641

【琉球新報 社説】「もんじゅ 無用の長物、廃炉を望む」
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20111105/1320482442

【12月3日(土)】 2011もんじゅを廃炉に!全国集会@敦賀
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20111104/1320398913 		 	   		

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○ 
下記の集いに 皆様 ご参加 是非 よろしくお願いします。
   <Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。>
   ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

    九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる
      『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』
      11月13日(日)午前10時から 福岡市舞鶴公園

         九州 沖縄 韓国
       いのち、むすぶ、さよなら原発
     私たちの声と行動で ゆるぎない平和を築こう 

        みんなつながっている  
         信頼 絆 希望
       大地 水 空 生きとし生けるもの 
   ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

     ★呼びかけ・賛同者を募集しています。 
      目標の5万名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、
  『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』を実現し、
 ★原発とめよう!の輪をひろげていきまょう。
       http://www.goodbye-nukes.com 

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(日曜・休日も全日開設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★


************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
   青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


CML メーリングリストの案内